logo

Vector Vitaleの同位体選択医療は難しい病変の治療、診断に新たな展望を開く

Victor Vitale Inc. 2016年10月12日 10時25分
From 共同通信PRワイヤー

Vector Vitaleの同位体選択医療は難しい病変の治療、診断に新たな展望を開く

AsiaNet 66098(1293)

【マイアミ2016年10月11日PR Newswire=共同通信JBN】米フロリダ州に本社を置くVector Vitale Incの研究者は、人間の体質量の1%以下を代表する必須化学元素の正しい同位体比率を維持することが生死の問題であることを発見した。重要な発見は病変がなぜ、どのように生まれたかを理解することを可能にする。

Logo - リンク

内分泌系、免疫系の両システムの未知だがきわめて重要な同位体分離機能の重要な発見がなされた。内分泌腺、関連器官、組織、細胞によって生成されるたんぱく質の質と効率性は同位体比率によって規定される。ホルモン、精子、母乳などは光線で高度に豊かにされ、同じ科学元素の最も重い同位体は激減する。同じことは赤色骨髄によってつくり出される細胞、つまりリンパ球、赤血球、血小板にも当てはまる。

同位体選択性の否定的な副産物は赤色骨髄、骨、視床下部、脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、松果体、生殖器官(卵巣と精巣)、すい臓、乳腺、前立腺や(胃、小腸、皮膚の)ホルモンをつくる他の細胞内などの免疫系、内分泌系の内部の重い同位体の局所蓄積である。最も重い同位体が優位になる同位体比率の劇的な変化は、血液がん細胞と悪性硬腫瘍の兆候である。

前記の重い同位体の蓄積と標準的な自然な過剰からかけ離れた同位体比率の変化は、マクロモレキュール内の同じ化学元素の最も軽い同位体が最も重い同位体に入れ替わることから始まる。この事象は発病の最初期を示すものであり、さまざまな病気の原因を理解するために欠けている決定的な要素である。

専門学術機関と協力して行われた前臨床研究は白血病、肺がん、腎臓がん、乳がんを含む最も危険な病変の治療、バクテリアやウイルス感染の除去(黄色ブドウ球菌、大腸菌、緑膿菌、ヘルペス1と2、エプスタイン・バール病、C型肝炎)で同位体選択治療の高い効果を確認した。

Victor Vitaleの新しい同位体選択医療は治療の成功、退行性疾患と感染症の予防の新たな標準に相当する。

Victor Vitaleの科学者たちは同位体選択治療の独自性を強調しており、これが免疫系、内分泌系を同時に再生させ、人間の器官をがん、糖尿病、アルツハイマー病、パーキンソン病やさまざまな感染症などの退行性病変に対する耐久性のある普遍的な防護により健康な病気以前の若い時期の状態に変える唯一の真に効果的な方法だと考えている。これは老化防止療法の新たな展望を開く。

ソース:Victor Vitale Inc.

▽問い合わせ先
Kristina Maslo
+1-786-777-8835
kristina@vectorvitale.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事