logo

solidThinking Click2Cast® 4.0をリリース。スピード、操作性、精度に優れた、鋳造シミュレーションソフトウェアをお求めやすい価格で提供開始

パワフルで便利な新機能が満載の最新バージョンを提供開始

solidThinkingは、パワフルな鋳造シミュレーションテクノロジー、Click2Castの最新バージョンをリリースしたことを発表しました。Click2Castは、初級者と上級者の両方ににとって使いやすいユーザーインターフェースを備えたソフトウェアで、製品の初期設計段階で製造時の問題を検討することにより、下流工程での設計変更回数やツーリングやり直しのコストを最小限に抑えることができます。

solidThinkingのVice President of Manufacturing Solutionsを務めるRavi Kunjuは、次のように述べています。「最新バージョンで特筆すべきは、隅々まで考え抜かれたユーザーインターフェースのシンプルさを損なわずに、高度なシミュレーション機能を追加できたことでしょう。性能向上と鋳物軽量化を目指すメーカー各社にとって、それに必要となる思い切った設計案に対する製造性検討を素早く実行し、初期設計段階で変更を加えることによって製造リスクを低減できるClick2Castは、理想的なソリューションです」

Sandhar Technologies Barcelona社のManaging Directorを務めるJuan VILAR氏は、次のように述べています。「安全な製品の製造を信条とする当社が最も重視するのは、鋳物の品質です。Click2Castは、初期見積もりから、製品やツーリングの仮想試作に至るまでの全工程で役に立っています。Click2Castは非常に使いやすく、このツールなしには、迅速な意思決定と運用コストの抑制は実現できません」

Click2Cast 4.0の主な特長:
インベストメント鋳造(別名: ロストワックス鋳造または精密鋳造)用のシンプルなプロセステンプレート
中子、冷し金、スリーブ、複数の金型材料を簡単にモデリング
ポロシティ可視化機能の改善(断面など)
新たに統合されたFEAメッシングにより、形状捕捉機能を強化
Product Manager of Click2Castを務めるMartin Solinaは、次のように述べています。「Click2Cast 4.0には、高品質の鋳物を製造するために必要なすべての機能が搭載されており、5つのステップに従うだけでシミュレーションを完了できます。われわれは、“手頃な価格でありながら、高速かつ簡単に高精度の結果を求められるソリューション”をモットーに開発を行っています。われわれが懸命に開発した鋳造可能性シミュレーション機能を利用すれば、製品設計者と製造エンジニアは、同じ目的意識、同じ開発枠組みを共有しながら、欠陥のない高品質の鋳物を製造できるようになるでしょう」

solidThinkingは製造ソリューション製品群として、Click2Castの他にも、金属およびポリマーの押出成形ソリューションであるClick2Extrudeと、プレス成形ソリューションであるClick2Formを提供しています。Kunjuは「品質と収益性を高めることが、顧客の高い要求に応えることと同様に重視される産業においては、概念設計や詳細設計でのプロセスシミュレーションに適したツールが欠かせません」とも語っています。

Click2Cast 4.0の詳細と、2016年10月6日に開催されるClick2Castのウェビナーへのご登録については、www.solidthinking.com/click2castをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。