logo

「ディープインサイトとデータテクノロジーが販売代理店契約を締結」 国産初エンベデッドディープラーニングフレームワーク「KAIBE(カイバー)」を拡販

ディープインサイト株式会社 2016年10月11日 13時00分
From PR TIMES

ディープインサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:久保田良則、リンク 以下、ディープインサイト)、IoTソリューション「SenSu(センス)」や組込みミドルウエア「Cente(セント)」シリー ズで豊富な実績を有する組込みシステム業界の専門企業であるデータテクノロジー株式会社(本社:東京都 立川市、代表取締役 渡邊 和彦、以下、データテクノロジー)と国産初IoTとEdge Computing向けエンベデ ッドディープラーニンフレームワーク「KAIBE」拡販に向けて代理店及びコンサルティングパートナー契約 を締結致しました。



 
[画像1: リンク ]

                  
テ゛ータテクノロシ゛ー社は長年にわたり組込みソリューションヒ゛シ゛ネスを展開し、数々の国内優良顧客と取引を行い、また、近年はIoTソリューション「SenSu(センス)」を開発し、事業領域を広け゛ているリーティンク゛カンハ゜ニ ーて゛す。

現在、爆発的な成長か゛見込まれているテ゛ィーフ゜ラーニンク゛を応用したヒ゛シ゛ネスは、いくつかの課題も指摘されています。それはIoTテ゛ハ゛イスなと゛組込み分野へのテ゛ィーフ゜ラーニンク゛技術の導入環境か゛未整備て゛あることて゛ す。テ゛ィーフ゜ラーニンク゛技術をIoTテ゛ハ゛イスに組み込んて゛リアルタイム性か゛要求される商用サーヒ゛スを展開したい場合、今主流のオーフ゜ンソースのテ゛ィーフ゜ラーニンク゛フレームワークて゛は実現か゛困難て゛す。小型テ゛ハ゛イスへの組込みを考慮していないアーキテクチャて゛、商用サホ゜ートも殆と゛提供されていません。

今後、販売展開されるエンヘ゛テ゛ット゛テ゛ィーフ゜ラーニンク゛フレームワーク「KAIBE(カイハ゛ー)」は、Edge Computingと呼ばれるリアルタイム性の高いIoTシステムを実現て゛きる組込み分野に特化した国産初の製品て゛す。テ゛ータテクノロシ゛ー社は、組込み分野て゛の豊富な実績と経験をもとに、「KAIBE(カイハ゛ー)」の販売・コン サルティンク゛サーヒ゛スを中心とした商用サホ゜ート体制を構築し、テ゛ィーフ゜インサイトは共同て゛、IoTを含む組込 み分野へのテ゛ィーフ゜ラーニンク゛技術の普及を加速する為、今回、販売代理店契約を締結致しました。[page1image5624]「KAIBERの用途」

「KAIBE」はDNN(Deep Neural Network)の学習・開発環境として機能し、また作成した推論実行モシ゛ュール は多様な小型テ゛ハ゛イスやエッシ゛サーハ゛ー、そしてスマートフォンなと゛

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。