logo

総合ネットセキュリティ企業イー・ガーディアン チームVRガーディアン、新たにVRデバッグサービス提供開始!

~VR専門部隊を活かしたVR関連サービスの領域拡大、強化を図る~

 イー・ガーディアン株式会社(リンク 東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、「イー・ガーディアン」)が発足したVR(バーチャルリアリティ)専門部隊「チームVRガーディアン」は、2016年10月11日(火)より、VRデバッグサービスの提供を開始いたします。



[画像1: リンク ]

 イー・ガーディアンは、アプリ・ゲーム業界のカスタマーサポートやデバッグサービスなど、総合ネットセキュリティ企業としてインターネットを安心・安全にご利用いただくための様々なサービス提供を行っております。
 現在、ゲーム業界を中心に、VRヘッドマウントディスプレイが製品化されるなど、VR関連の開発が活発に行われており、その市場規模は2020年には8兆円規模に到達すると予測※されております。一方、「VR酔い」など、その品質次第ではユーザーに不快感を与える危険性が顕在化しており、高品質なコンテンツの開発が求められています。
※引用元:TrendForce リンク
 
 先般、イー・ガーディアンは、これらの課題やニーズに対応するため、VR専門部隊である「チームVRガーディアン」を発足し、その取り組み第一弾としてVR酔い対策サービスの提供を開始しておりました。
また、大手エンターテイメント業界のVRカスタマーサポートサービスの提供も実績として有するなど、VR関連サービスの提供領域を拡大しております。
[画像2: リンク ]


 今回、イー・ガーディアンがこれまで培ってきたアプリ・ゲームに関するノウハウを応用し、新たに、VRコンテンツの欠陥を探し出し取り除くVRデバッグサービスの提供を開始することで、VRコンテンツの品質向上に貢献して参ります。
[画像3: リンク ]


 今後は、益々注目が高まるVR市場を支えるサービスの提供を目的に、ゲーム関連会社との提携も予定しており、イー・ガーディアンのミッションである「Build Happy Internet Life」の実現に向け、人々の生活をより便利に、豊かにするサービスの開発に尽力して参ります。

【VR(バーチャルリアリティ)とは】
VRとは「仮想現実」のことで、コンピュータなどによって作り出されたサイバースペースをあたかも現実のように体験する技術のことです。昨今、VR技術は実用化が加速しており、ゲームやアニメなどの娯楽分野にとどまらず、医療や不動産などの幅広い分野での展開が期待されております。また、その市場規模は2020年には8兆円を超えるとも予測されており、その盛り上がりを受け、2016年は「VR元年」とも言われています。

■イー・ガーディアン株式会社について
1998年設立。2016年に東証一部上場。投稿監視、風評調査、ソーシャルリスニングのリーディングカンパニーとして、導入実績700社以上の基盤を誇る総合ネットセキュリティ企業。事業領域は年々拡大しており、ゲームサポートやアド・プロセス、そして子会社化したHASHコンサルティング株式会社との連携によるサイバーセキュリティ分野まで幅広く提案が可能。センターはグループで5都市9拠点を保有しており、業界でも最大級の体制を有する。

代表者  :代表取締役社長 高谷 康久
所在地 :東京都港区麻布十番1-2-3 プラスアストルビル4F
設立 :1998年5月
資本金 :35,893万円(2016年9月末日現在)
業務内容 :ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/
        ユーザーサポート業務/オンラインゲームカスタマーサポート業務/
        コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/
        コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。