logo

MobileIron Bridgeがモバイルとデスクトップの管理を統一

MobileIron 2016年10月11日 16時17分
From 共同通信PRワイヤー

MobileIron Bridgeがモバイルとデスクトップの管理を統一

AsiaNet 66007

総所有コストを80%削減

カリフォルニア州マウンテンビュー、, 2016年10月11日 /PRNewswire/ --スタンドアロンEMMのリーダーであるMobileIron, Inc.(本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、CEO:Barry Mainz、以下MobileIron)は、MobileIron Bridgeを発表しました。MobileIron Bridgeは、シングルコンソールと通信チャネルで、Windows 10対応のモバイル/デスクトップ管理業務を統一する初めてのソリューションです。企業はMobileIron Bridgeにより、従来のクライアント管理ツールの機能や高度なセキュリティポリシーを失うことなくエンタープライズモビリティ管理(EMM)を導入し、最新のWindows管理業務を行うことができます。

ロゴ - リンク

MobileIronは、デスクトップの総所有コスト(TCO)を80%削減する方法を最高情報責任者(CIO)に解説するリソースセンターも設置しました。リソースセンターは、以下を提供します。

・TCOツールキット(リンク ):EMMによるWindows 10のTCO削減を計算

・ソリューション概要(リンク ):MobileIron Bridgeの製品情報

・ウェビナー(リンク ):PC管理にEMMの機能を活用(11月2日10:00 AM PDT)

・ライブプレゼンテーション(リンク ):Gartner Symposium/ITxpo Orlando:2016年10月19日、ドルフィンホテル、アジア2ルーム、1:15~1:45 PM ET

・ブログ(リンク ):EMMでWindows管理業務を現代化するベストプラクティス

MobileIronの社長兼最高経営責任者(CEO)であるBarry Mainzは次のように述べています。「EMMへの移行は、Windowsのセキュリティと管理において過去20年で最も根本的な転換です。しかし現在のEMMは、IT部門がデスクトップ管理に必要とするすべての機能を提供できません。当社はこのギャップを認識し、お客様に速やかにWindows 10をEMMで管理していただけるよう、MobileIron Bridgeを開発しました。」

EMMがPC管理コストを最大80%削減
MobileIronは、EMMを使ったときと、MicrosoftのSystem Center Configuration Manager(SCCM)、LANDESK、Symantec IT Management Suite(旧Altiris)などの従来のソフトウェアを使ったときのWindows 10のTCOを比較するTCOツールキットを発表しました。

現在のデスクトップ管理は複雑で多くの手作業を必要とします。各PCにはIT部門によってロックダウンシステムイメージがインストールされています。エンタープライズモビリティ管理(EMM)は機敏でそれほど手作業を必要としません。各PCはコンテキストに依存したポリシーを持ち、ユーザー体験やプライバシーを犠牲にすることなく、ビジネスデータのセキュリティを確保しています。

TCOツールキットは、以下を提供します。

・ハードウェア、ソフトウェア、管理業務、サービスデスク費用を含めたコストモデル

・レガシーモデルと現代モデルにおけるソフトウェアと作業の差異分析

・展開タイプ別のTCOを計算するカスタマイズ可能なワークシート

MobileIron Bridgeがモバイルとデスクトップを統一
MobileIron Bridgeにより、IT部門は、重要な機能を失うことなく、EMM上でWindows管理業務の簡素化と現代化が可能となります。また、システムイメージ、ドメイン参加、デバイスへの複数の通信チャネルなしに、既存のポリシーとスクリプトを適用することも可能です。MobileIron Bridgeにより、IT部門は以下を実行できます。

・既存のPowershellスクリプトで操作を実行

・レジストリの編集と管理

・企業向けアプリストアを通じた非MSIアプリケーションの展開

・ファイルシステムの閲覧と管理

MobileIronについて
MobileIronは、世界中の企業に対し、モバイルファースト組織への変革を助けるセキュアな基盤を提供しています。詳細は、www.mobileiron.com/ja をご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。