logo

電通アイソバー、プライベートセミナー開催決定

電通アイソバー株式会社 2016年10月11日 13時30分
From PR TIMES

~デジタル戦略の課題を解決する、効果的なプラットフォーム導入のファーストステップ~

電通アイソバー株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:得丸 英俊)は、 アドビ システムズ 株式会社 シニアソリューションコンサルタント 横山 順也氏を招き、変化の激しいデジタルビジネス市場において、企業はいかに市場をリードし発展していくべきか、そのファーストステップをお伝えするセミナー「デジタル戦略の課題を解決する、効果的なプラットフォーム導入のファーストステップ」を10月28日(金)に開催します。



多様化するデジタルマーケティングの基幹となるプラットフォーム選定は、その予算規模や工程の長さから慎重に取り組むべき課題です。単なる選定を行うのではなく、基準となるデジタルマーケティング推進方針の検討が必要となります。

本セミナーでは、アドビ システムズ 株式会社 シニアソリューションコンサルタント 横山 順也氏をゲストにお招きし、第三者機関でも常に高い評価を得ているWebコンテンツ管理ソリューション, Adobe Experience Managerのご紹介をはじめ、高速に多様化するデジタルマーケティングの現状について理解を深めながら、企業が自社顧客のニーズの半歩先を見据えてコミュニケーションしていくためのデジタル戦略について講演を行います。

また、電通アイソバーでは、デジタルマーケティング推進のファーストステップを確実に踏み出すために、新たなサービス「Quick Win for digital experience」をリリースいたしました。厳選された実用度の高いコンポーネントをセットしたAdobe Experience Managerの導入パッケージであるこのサービスについてもご紹介をさせていただきます。

【セミナープログラム】
■第1部
ご挨拶: デジタルプラットフォーム導入成功のための課題
登壇者:電通アイソバー株式会社 プラットフォームデベロップメント部 部長 岡田 宗久

セミナー来場の皆さまにご挨拶を行うと同時に、プラットフォーム導入のためのステップや考え方のサマリーをご説明。今回のAEM「Quick Win for digital experience」リリースの最大の特長として、 日本では馴染みが薄い「POC(Proof of Concept)」と呼ばれる、試用期間を導入のプロセスに組み込み、顧客が製品の特長や自社での具体的な運用を理解してから、実際の導入が行われることをご紹介します。

■第2部
Adobe Experience Managerはデジタルビジネスの駆動部
~スピード×ターゲティングで顧客のデジタル体験を創造する~
登壇者:アドビ システムズ 株式会社 シニアソリューションコンサルタント 横山 順也氏

ご挨拶に続いて、電通アイソバー 岡田が聞き手を務めながら、アドビ システムズ 株式会社 横山氏と共にエンタープライズCMSの先駆的な製品であるAdobe Experience Managerの特長や、導入企業のデジタルビジネスの発展や向上にいかに寄与できるか?を事例を紹介しながら解き明かします。

本セッションは製品紹介に留まることなく、高速に多様化する、デジタルビジネス市場と顧客ニーズの今後を見据えながら、顧客要望の半歩先を見据えるスピード感やターゲティング・パーソナライズが重視されるデジタルマーケティングの現状についてお話していきます。

■第3部
AEM導入のためのエントリーパック 「Quick Win for digital experience」ご紹介
登壇者:電通アイソバー株式会社 プラットフォームデベロップメント部 平 博介

今回のサービス開発を担った プラットフォームデベロップメント部 平より、導入プロセスをステップに沿って具体的に紹介いたします。

※プログラムの内容、スケジュール、講演者はやむをえない事情で予告なく変更する場合がございます。

【登壇者紹介】
アドビ システムズ 株式会社 シニアソリューションコンサルタント 横山 順也氏

[画像1: リンク ]


1973年生まれ。データベースエンジニアからプロジェクトマネージャー、大手出版社サイトへのAdobe Analytics導入プロジェクト責任者を経て、2010年リードテクニカルコンサルタントとしてアドビシステムズに入社。デジタルマーケティングサービスの拡充に伴いサービス設計/開発、提案活動を行う。2015年9月から現職。


電通アイソバー株式会社 プラットフォームデベロップメント部 部長 岡田 宗久

[画像2: リンク ]

Web系制作会社、システム開発会社を経て、2007年3月に電通アイソバー(旧電通レイザーフィッシュ)に参画。現在はマーケティングプラットフォーム専門部署にて、Adobe Marketing Cloudなどグローバルで活用可能なプラットフォームの導入/活用/運営に関するコンサルティング、プロジェクトマネジメント支援、海外企業やソリューションベンダーとのアライアンスを推進。


電通アイソバー株式会社 プラットフォームデベロップメント部 平 博介

[画像3: リンク ]

ベトナム・ホーチミンでのラボ型オフショア開発の立ち上げメンバーに加わり、CMS関連のプロジェクトを中心にオフショア側のディレクション、およびマネジメント業務を担当。2016年10月現在、AEM関連プロジェクトの導入時コンサルティングから構築、運用まで全面的なサポート、およびオフショア側の窓口を担当している。


【セミナー概要】
「デジタル戦略の課題を解決する、効果的なプラットフォーム導入のファーストステップ」
・日時:2016年10月28日(金)16:00~18:00(15:30開場)
・会場:築地松竹ビル5階 大会議室 A・B(東京都中央区築地1-13-1)

・URL:リンク
・交通手段:
東京メトロ日比谷線「東銀座」駅 徒歩3分
東京メトロ日比谷線「築地」駅 徒歩4分
東京メトロ有楽町線「新富町」駅 徒歩5分
都営地下鉄浅草線「東銀座」駅 徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「築地市場」駅 徒歩6分
・参加費:無料(事前登録制)
・定員:50名
・主催:電通アイソバー株式会社
・対象:デジタルマーケティング部門のマネジメントをされている担当者様、責任者様
デジタルマーケティング部門・チームへの展開をご検討中の責任者様

・お申し込み方法:
期間中に下記お問い合わせページより必要事項を記入の上お申し込み。
リンク
・応募期間:10月21日(金)まで

・注意事項:応募者多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。
・お問い合わせ:
電通アイソバー株式会社セミナー事務局
seminar@dentsuisobar.com  TEL 03-5551-9943

【電通アイソバーについて】
電通アイソバーは、電通イージスネットワークメンバーグループのグローバルネットワーク・ブランドの一つであるIsobarの一員として、グループにとっての中核市場「日本」においてデジタル領域の強化・拡充を推進し、国内外の顧客企業に対し国内市場・海外市場を問わず、フルサービスのエクスペリエンス・デザインやブランド・コマースなど、付加価値の高いデジタルソリューションを提供しています。

・社名:電通アイソバー株式会社
・本社所在地:東京都中央区築地1-13-1築地松竹ビル
・設立:2016年1月1日
前身の株式会社デジタルパレットの設立は2001年4月
・資本金:4億円
・従業員数:332名
・事業内容:デジタルソリューションサービス
・代表者:代表取締役社長CEO:得丸 英俊

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。