logo

「ダメージレメディー シリーズ スプリット エンド リペア」 2016年10月5日(水)に新登場

ELGC株式会社 2016年10月11日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月11日

ELGC

アヴェダの大人気シリーズに毛先用洗い流さないトリートメント
「ダメージレメディー シリーズ スプリット エンド リペア」
2016年10月5日(水)に新登場
毛先のダメージ、枝毛に、もう悩まない!

「ピュアな花と植物エッセンスから生まれた美と科学」を実践するアヴェダは、2016年10月5日(水)より傷んだ髪用ヘアケア システム「ダメージレメディー シリーズ」から、新しい毛先用洗い流さないトリートメント「ダメージレメディー シリーズ スプリット エンド リペア」を発売いたします。

【新製品内容】
「ダメージレメディー シリーズ  スプリット エンド リペア」  29g /3,800円(税抜価格)

ダメージレメディー シリーズは2003年のアヴェダ日本進出の際にアヴェダが日本人女性の傷んだ髪のために開発。植物由来成分をベースとした独自のテクノロジーを駆使し、カラーリングやパーマなど、化学的な処理によりダメージを受けた髪内部を補修し、潤いを与えるという、自然界の力に着目したこのシリーズは、製品発売以来、アヴェダで絶大な人気を誇っています。世界的にも「髪のダメージ」は5人に3人が抱えるというNo.1の悩みで*1、10人に3人が髪で一番悩んでいることに「枝毛」と答えています*2。日本でも市場が「潤い」ケアに注目している中でも、以前として「ダメージ」ケアはNo.1カテゴリーをキープしています。また、2012年からアウトバストリートメント市場は+17%も伸長しています*3。
この度、このシリーズに、毛先、枝毛に注目をした新アウトバストリートメントが登場します。毛は1日平均約0.4mm伸びる*4と言われ、1ヶ月1.2cm、1年では14.4cmです。髪の長さを見ると、どのくらいの期間ダメージを受けてきたか想像ができます。また、多くのダメージにさらされる分、根元に比べ毛先はキューティクルの枚数が少なく、何もしない素の状態でシャンプーをしたり、生活の中での摩擦を受ければダメージはどんどん進行。毛先こそ、しっかりとコートすることが必要です。今回の新製品を使用することで、今の枝毛をケアするだけなく、未来の枝毛にまで備えます。
また、新製品の登場によって、同シリーズはシャンプー、コンディショナー、トリートメントのインバスケアからドライヤーの前と後に使用する2種類のアウトバスまで揃い、ダメージの原因に適した製品を組み合わせながら、さらに的確なダメージヘアケアをすることができるようになります。

*1ELC Prestige Hair Care International Study, April 2011; and Aveda Guest Survey, Japan October 2009
*2Aveda Hair Care Brand Health Global Tracking Study. Issued: October 29, 2013
*3:富士経済  
*4出展「新ヘア・サイエンス」日本毛髪科学協会


【新製品 スプリット エンド リペアの特長】
1. ここが画期的!枝毛がくっついて、ツヤが出てしっとりまとまる!

鍵となる植物成分は、オーガニック ナンガイオイル(カナリウムインジクム種子油)。
毛羽だった枝毛の毛髪繊維同士を磁石のように引き合わせ、接着するようにコーティングをして枝毛をくっつけます。オイルでコートするので手触りもしっとり、ツヤある美しい毛先へと導きます。

2. 毛先をケアして未来の枝毛もできにくくする!
キノアプロテインがダメージを受けたキューティクルの隙間を埋めて補修。毛先を強化して未来の枝毛にまで備えます。

3.  シリーズ共通の華やかなオーガニックアロマブレンド
オーガニックのベルガモット、マンダリン、イランイランなどダメージレメディーシリーズに共通のピュアな花と植物エッセンスのフレッシュで華やかなアロマブレンド。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。