logo

2人に1人がアイデアを生みだすためにしていることは?ひらめきの瞬間

調査インフォグラフィック『2人に1人がアイデアを生み出すためにしていることは?~ひらめきの瞬間~』を公開!

デジアナ文具「Bamboo(R)スマートパッド」を展開する株式会社ワコムは、日常生活の中で浮かぶアイデアに注目し、その実態調査結果をまとめたインフォグラフィック『2人に1人がアイデアを生み出すためにしていることは?~ひらめきの瞬間~』を公開いたしました。



最も多かったのは「眠る前 ベッドやふとんの中」という意見でした。人は心身がリラックス状態になると脳からα波が放出され、思考が活性化すると言われています。「お風呂やシャワーの中」という意見も25.3%に昇っており、やはりリラックス状態とひらめきの関係は深いようです。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


続いて、ひらめきの時間帯について調査いたしました。アイデアがひらめくのは寝る前やお風呂中と答えた方が多かったこともあり、時間帯としてはやはり「夜」に票が集まりました。なお世界中に展開する名門ホテル・クラウンプラザホテルの調査によれば、1日の中で最もアイデアが浮かびやすいのは、22時4分になるそうです。

[画像3: リンク ]


また、年代別にアイデアが浮かばなかったときの対処法をお伺いいたしました。20代と50代の方々に多かったのが「全く別のことをする」という意見でした。一方30代では、「思いついたことをたくさん書く」という方々が多数派となりました。

そしてこの「書く」というのは、やはりアイデアを産み出すために有効な手段のようです。手を動かして書くことでアイデアがひらめいたことがあるという方は、51.7%に昇りました。

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


苦心の末、ようやく産み出したアイデアは「ノートや手近な紙にメモする」63.0%、「スマホやケータイにメモする」28.3%と何かしらの形で記録しておくという方が多いようです。しかし、これだけスマートフォンが発達しても、メモ書き派が圧倒的多数というのは興味深いところです。パッと書ける、パッと見られるという手軽さは、何事にも代え難いようです。

[画像6: リンク ]


せっかくのアイデアも、忘れてしまっては水の泡となります。そんな苦い経験があると6割以上もの方が回答しています。アイデアがひらめいた時に何かしらの形で記録しておくという方々が多くいらっしゃったのも、こういった失敗談があってのことなのかも知れません。この結果から見ると、思いついたらすぐにメモをする、というのは必須と言えるのではないでしょうか。

[画像7: リンク ]


スマートパッドは手書きのメモや図をボタン1つ押すだけで簡単にデータ化することができます。また、変換したデータは検索することも可能です。クラウドで管理すれば、タグ付けやフォルダ分けも簡単です。また、ひらめいたアイデアを仕事仲間に共有することもできます。せっかくのアイデアを忘れてしまった、アイデアを書いたメモをなくしてしまったということも、スマートパッドがあれば、そんな心配もなくなります。

[画像8: リンク ]


※インフォグラフィックはこちらから:リンク

Bamboo スマートパッドとは?
Bamboo スマートパッドとは紙の上に書いたアイデアを素早くデジタルインクで保存し、簡単に編集をすることができる「デジタル文具」です。「Bamboo Slate」「Bamboo Folio」の2タイプあります。手書きの気軽さと自由さに、デジタルインクとクラウドの利便性を融合し、理想的な次世代のデジタル文具ソリューションを提供します。Bamboo スマートパッドを使えば、会議中のメモやアイデアなど、ノートに書きとめた内容は、ボタンを押すだけで、クラウドに保存され、友人や同僚とデータ共有したり、デジタルインクやデジタルノートとして編集することが可能です。紙の上のアイデアがクラウドから世界へと広がります。

※「Bamboo Slate」や「Bamboo Folio」ならびに「Inkspace」の詳細はこちらをご覧下さい。

Bamboo Slate:リンク

Bamboo Folio:リンク

Bamboo Blog:リンク

#makingideas
Bambooはアイデアをカタチにするブランドです。この度発表したスタイラス製品やBambooスマートパッド、ノートアプリ「Bamboo Paper」、クラウドサービス「Inkspace」など、デジタルノートテイキングやスケッチに最適なツールや環境を提供していきます。

ワコムのソーシャルチャンネルでは、「#makingideas」のハッシュタグをつけて様々なアイデアをご紹介していきます。

【ワコムについて】
株式会社ワコム(東証一部:6727)は、1983年の創業以来、日本を含めた全世界150 カ国以上で製品を販売しています。これまで、よりクリエイティビティに富んだ世界を実現するための製品をお届けする中で、世界中のデザイナーやクリエイターの方々のご愛顧を頂いて成長してきました。 現在、当社のペン&タッチタブレット、液晶ペンタブレット、モバイルクリエイティブタブレット、スタイラス製品、そして各種デジタルインターフェース機器は、デジタルアート、映画、特殊効果、ファッション、商品デザインなどの分野で幅広く利用されています。また、当社は、若手のデザイナーやクリエイター育成をサポートする多くの活動にも参画しています。さらに、当社の培ってきた技術をモバイル端末用途に最適化したWacom(R) feel IT technologiesは、各社が展開するスマートフォン、タブレット端末、電子書籍端末など様々な製品群にコンポーネントとして採用されています。さらに、ECADシリーズによって、国内製造業向けなどに電気設計用CADソフトの提供も行っています。このように、当社が提供する技術は、ビジネスからホームユースまでのさまざまなシーンで、デジタルコンテンツクリエーション、医療・教育・金融などの分野で利用されています。

※ワコム、Bamboo、Wacom feel IT technologies、ECADは株式会社ワコムの商標または登録商標です。

※その他、本書に記載されている会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

※本書に記載されている内容は発表時点のものです。やむをえない事情で当日の内容に変更が生じる場合があります。

<お客様からのお問い合わせ先>
ワコムインフォメーションセンター
電話:0120-056-814 (受付時間: 9:00~12:00 / 13:00~18:00、土日祝日を除く)
Eメール:tablet_info(at)wacom.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事