logo

チャットbotを使ったスケジュール調整用パーソナルアシスタントサービス「bot for cal」を10月11日より一般販売

株式会社INJUS 2016年10月11日 10時52分
From PR TIMES

誰でもノンプログラミングで、しかも即実用可能な自分専用のチャットボットサービスを持つことが出来ます!

メッセンジャーアプリ「LINE」と「Googleカレンダー」を連携し、スケジュール調整の応対と登録までをチャットbotが自動化するサービス「bot for cal」の一般リリースを開始しました。また、通常、月額980円の有料利用を30日間無料で使用可能な「お試し会員」の募集も同時に開始。先日、LINE DEVELOPER DAYにて発表された新仕様「Messaging API」にも対応しており、社内外問わず、今後一層、この分野の開発を強化していく考えです。



◆「ヒマ・アポスイッチ」◆
最大の特徴は「ヒマ・アポスイッチ」と呼ばれる弊社独自のユーザーインターフェイスです。
LINEのタイムライン上で「ヒマ」と送って頂くと、直近3候補の空き日時を返してくれます。
根拠となるデータベースは利用者個人のGoogleカレンダーとなっており、裏側でBOTがカレンダー上の隙間の空いている日時を見つけ出します。これにより、アポ調整時にありがちな「空き日時」の確認で数ラリーを費やすといったフローが改善され、時間の有効活用を可能にします。


[画像: リンク ]

また、予定を入れる場合は「アポ」と送ります。BOTが場所や名前、会社名、連絡先などをヒアリングし(この内容をkintone上にデータベース化することも可能です)、必要事項を全てご回答頂いた段階でカレンダーへ反映させるので、やり取りした内容を転載する必要はありません。
双方のアドレスに確認のメールも送るので、行き違うこともないかと思います。

人間が対応するわけではないので人件費がかからず、入会金やシステム構築代など不要、月額980円のサーバー代のみが利用料金となります。お申し込みは一ヶ月単位で可能です。

↓下記サービスサイトより詳細やデモを試用出来ます。
リンク


◆お試し会員◆
今回、サービス提供から30日間無料で使える「お試し会員」という利用枠を作りました。
スケジュール調整という、公私問わず誰しもが必要とするユーザー体験を通して、チャットベースのコミュニケーションやBOTによる自動化が実生活をどう便利に変えていくのか、一人でも多くの方に動くものを触って確かめて頂きたいと考えております。


◆Messaging API◆
9月29日の「LINE DEVELOPER DAY」にて発表された新しいアカウントタイプ・APIに対応しており、それまでのTrialではなく、本番環境でご利用頂くことが可能です。
チャットUIやMessaging APIが持っている機能、可能性を更に引き出すアップデートも随時導入していく予定でして、本サービスから得た知見を他企業様にもご提供する受託開発も強化していく所存です。
チャットをコアにしたサービスや新規事業、LINEやSNSを使ったエンドユーザーとの接点作りなどにご興味がございましたら、こちらのお問い合わせも承っておりますので、お気軽にお申し付け下さい。


【会社概要】
株式会社INJUS
東京都港区赤坂4-2-3 ディライトビル2F
代表取締役 鹿山 瞬
電話:03-6435-5061
FAX:03-6435-5062
メール:webmaster@injus.co.jp
会社HP:リンク

◇本件に関するお問い合わせ先◇
鹿山 瞬
電話:080-3177-1942
メール:kayamashun@injus.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事