logo

Hortonworks DataFlow 2.0、エンタープライズ対応とストリーミングアナリティクスストリーミングアナリティクスを提供

ホートンワークスジャパン株式会社 2016年10月11日 09時00分
From PR TIMES

様々な流れているデータを管理するエンタープライズ向けプラットフォーム

Hortonworks, Inc.(R)(NASDAQ:HDP、以下Hortonworks)は、エンタープライズの生産性とストリーミングアナリティクスを提供するHortonworks DataFlow(HDF(TM))の次世代バージョン2.0を発表しました。HDFは、データフロー管理とストリーミングアナリティクスのための統合システムであり、オンプレミスまたはクラウドでデータの収集、キュレーション、分析を迅速に行い、インサイトをリアルタイムに提供します。HDFを導入することで、お客様は場所や環境を問わずに「流れているデータ(data-in-motion)」を管理するための使いやすいエンタープライズ向けプラットフォームを利用できます。


Hortonworks DataFlow 2.0、エンタープライズ対応とストリーミングアナリティクスを提供
本プレスリリースは、8月10日に米国で発表されたプリスリリースの抄訳です。

米国リリース原文: リンク

2016年8月10日、カリフォルニア州サンタクララ — オープンなコネクテッドデータプラットフォームのノベーターであるHortonworks, Inc.(R)(NASDAQ:HDP、以下Hortonworks)は本日、エンタープライズの生産性とストリーミングアナリティクスを提供するHortonworks DataFlow(HDF™)の次世代バージョン2.0を発表しました。HDFは、データフロー管理とストリーミングアナリティクスのための統合システムであり、オンプレミスまたはクラウドでデータの収集、キュレーション、分析を迅速に行い、インサイトをリアルタイムに提供します。HDFを導入することで、お客様は場所や環境を問わずに「流れているデータ(data-in-motion)」を管理するための使いやすいエンタープライズ向けプラットフォームを利用できます。

HDF 2.0の主な新機能は次のとおりです。
• 次世代のユーザーエクスペリエンス:新しいグラフィカルユーザーエクスペリエンスとApache AmbariへのApache NiFi、Apache Kafka、Apache Stormの統合により、導入を迅速化し、リアルタイムオペレーションを実現します。
• エンタープライズ対応:エンタープライズ内のグループ間におけるストリーミングデータフローの一元的かつ総合的なセキュリティポリシー管理を可能にするApache Rangerが統合されています。
• IoT向けエッジ対応:Apache NiFiの新たな軽量エディションであるApache MiNiFiは、エンタープライズグレードのセキュリティと規模に応じた管理によってエッジでのデータ収集を可能にします。

HDF 2.0の詳細については、こちらをご覧ください。
Hortonworksのプロダクトマネージメント担当バイスプレジデントであるジェイミー・エンゲッサー(Jamie Engesser)は、次のように述べています。「当社のカスタマーベース全体でHDF採用の動きが広がっています。お客様がストリーミングデータ向けの統合型リアルタイムソリューションを望んでいることは明らかです。HDF 2.0の新機能は、お客様の流れているデータ(data-in-motion)からビジネス価値を迅速に抽出します。」

Prescient社のチーフシステムアーキテクトであるマイク・ビショップ(Mike Bishop)氏は、次のように述べています。「当社のビジネスは、保存されたデータ(data-at-rest)と流れているデータ(data-in-motion)を大規模に組み合わせることで得られる実践的インサイトに依存しています。Prescient社は、ビジネスの継続性と特定の旅行者の個人的安全に最も関係する物理的、医学的、環境的な脅威の要因を特定するために、49,000を超えるソースから情報を抽出しています。Connected Data Platformsを利用することで、お客様の価値を創造し、旅行者の安全保持という当社のリアルタイムビジネスを強化することができます。」

新しいHDF Product Integration認定プログラム
HDFのエコシステムは拡大し続けており、大規模データフローに対応する異なるシステムへのコネクターの数は150を超えました。HDFのエコシステムをさらに拡大するために、HortonworksのPartnerworksプログラムに新たにHDF Product Integration認定プログラムが加えられました。このプログラムは、企業のITアーキテクチャへのHDFの統合をシンプル化できるように設計されており、先進のエンタープライズテクノロジーとHDFの事前構築型の統合を検証します。また、パートナーソフトウェアとHDFの統合を確実にするためにテストと認定のプロセスも提供し、エンドカスタマーの時間を節約すると同時に確実な相互運用性を提供します。

Hortonworksは先進テクノロジーのパートナー企業と連携することでジョイントソリューションを認定し、エンドツーエンドの価値をお客様に提供しています。HDFテクノロジーの統合で連携している主要パートナー企業には、Attunity、HPE Security – Data Security、Impetus Technologies StreamAnalytix、SAS、Syncsortなどがあります。Product Integration認定プログラムの詳細については、こちらをご覧ください。

Connected Data Platforms
お客様は、HDF(Hortonworks DataFlow)による流れているデータ(data-in-motion)の管理と、HDP (R)(Hortonworks Data Platform)による蓄積されたデータ(data-at-rest)の管理という総合的なアプローチからメリットを得ることができます。あらゆる環境、あらゆるソースからの様々なデータタイプを安全に管理するオープンなアプローチを通じて、データの価値をビジネスに生かすことができます。Hortonworksが提唱する
Connected Data Platformsは、オンプレミスとクラウドで利用することができ、全データを管理の対象化に置くHDPとHDFで構成されます。

Hadoop Summit日本初開催!
~ 最先端グローバル事例から学ぶ!データ活用最新動向を一挙紹介 ~
10月26日、27日、日本で初めてApache Hadoopとそのエコシステムの最新動向の紹介を行うグローバルイベント「Hadoop Summit」が、ヒルトン東京(新宿)で開催されます。。Apache Hadoop / Spark、機械学習、IoT、クラウド、データサイエンス、先進的な企業でのデータ活用ユースケースに関連するセッションや展示を行われます。お得なディスカウントコードを利用し、お早めに登録ください。
【開催日】 10月26日(水)、27日(木)
【申込締切】10月21日(金)
【詳細・申込】hadoopsummit.org/tokyo
【20%OFFコード】APAC20

Hortonworksについて
Hortonworksは、エンタープライズ向けにオープンなデータプラットフォームを開発、販売、サポートする業界をリードするイノベーターです。お客様は流れているデータ(data-in-motion)や蓄積されたデータ(data-at-rest)などのあらゆるデータから、判断・行動のための情報を活用する次世代のデータアプリケーションを開発できます。HortonworksはApache Hadoop、Spark、NiFiのようなオープンソースコミュニティで、イノベーションをもたらしています。1800以上のパートナーと共に、Hortonworksは経験と、トレーニングやサービスを提供し、あらゆる業界のお客様に対してビジネスの変革を支援します。

Hortonworks、Powering the Future of Data、HDP、HDFはHortonworks, Inc.と米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。詳細はwww.hortonworks.comにアクセスしてください。その他の社名、商品名はぞれぞれの所有者の登録商標または商標です。

Hortonworksに関する詳細はこちらをご覧ください。
リンク

ホートンワークスジャパン株式会社は、Hortonworksの日本法人です。詳細はこちらをご覧ください。
リンク

本件に関するお問い合わせ先:
info-jp@hortonworks.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。