logo

Spin Masterが卵の中身を明らかに

Spin Master 2016年10月11日 10時25分
From 共同通信PRワイヤー

Spin Masterが卵の中身を明らかに

AsiaNet 66062(1278)

【トロント2016年10月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*休日のタイミングに合わせ、Hatchimalsが孵化(ふか)

子供向けエンターテインメントを提供する大手企業のSpin Master Corp(TSX:TOY)は、Hatchimalsの不思議と発見の世界を明らかにした。今年の年明けから世界各地の一部玩具見本市で発表されて以来、Hatchimalsは2016年で最も高く期待された玩具になった。7日発表のこのわくわくする新しい玩具はすでにTargetやウォルマート、トイザらス、Kohl’sなどで玩具のトップリストに載っている。

Photo: リンク

明るく小さな斑点のある卵の中のHatchimalは、子供たちの好奇心や世話、養育に依存している。Hatchimalは人のタッチの力に反応して孵化を開始し、たたいたり、つついたり、光や音で反応する。内側にいるHatchimalの姿が明らかになるのは孵化したときだけである。

孵化は短時間で行われ、やり直しはない。しかしこれは経験のはじまりにすぎない。この玩具のマジックを解放する鍵は子供だ。彼らは世話をすることで、自分たちのHatchimalを、赤ちゃんの状態から幼児そして完全に成長した姿まで、3段階にわたって育てることができ、歩き方、トーク、ゲームなどを教えることができる。

Spin Master Ltd.のチーフ・クリエーティブ・オフィサー(COO)のベン・バラディ氏は、「私たちは、常に新しいプレー・パターンを考え、進化させている。子供たちの想像力は無限であり、私たちも同じ気持ちで新しい玩具を開発している。その結果、Hatchimalsは養育プレーの最高の要素がロボット工学の双方向性に、真に革新的で娯楽性に富んだかたちで結合したものだ。これはSpin Masterがこれまで発表した商品で最もユニークなもののひとつであり、消費者から力強い反応が得られる自信がある」と述べた。

HatchimalにはPengulasとDragglesの2種類がある。子供たちは卵の色と種類を選ぶが、Hatchimalも彼らを選ぶ。Pengulaの卵は2色でピンクティール色とピンク色、Draggleの卵は紫色あるいは青色と緑色である。

Hatchimalsは世界中の主要小売店、そしてSpin Masterのオンラインショップ(リンク )で購入できる。希望小売価格:59.99米ドル、対象年齢は5歳以上。

▽Spin Masterについて
Spin Masterはさまざまな斬新なおもちゃやゲーム、各種製品、エンターテインメント施設を開発、設計、製造、販売するグローバルな子供向けエンターテインメント大手企業。Zoomer(TM) Dino、Bakugan Battle Brawlers(TM)、Air Hogs(R)、そして2016年トイ・オブ・ザ・イヤー(Toys of The Year、TOTY)賞を受賞したBunchems およびMeccanoid G15など、受賞ブランドの製品で有名だ。2005年以来さまざまな製品分野で米国玩具協会(TIY)TOTY賞の候補に64回挙げられ、同賞を18回受賞した。革新的TOTYでTOTY賞の候補になったのは12回で、どのライバル企業より多い。Spin Masterはグローバルなエンターテインメント製品やキャラクター、コンテンツを開発、生産するだけでなく、そうした製品開発や販売、ライセンス事業を通してコンテンツを収益化する数少ない企業である。2007年にヒットしたBakugan Battle Brawlersや、世界160カ国・地域で放映されている現在人気のPAW Patrolなど、これまで6つのテレビ番組を制作した。Spin Masterの世界の従業員は1000人を超え、カナダ、米国、メキシコ、フランス、イタリア、英国、スロバキア、チェコ共和国、ドイツ、スウェーデン、オランダ、中国、香港、日本、オーストラリアにオフィスがある。

▽詳細問い合わせ先
Tara Tucker
Vice President
Global Marketing Communications
Spin Master Ltd.
tarat@spinmaster.com

ソース:Spin Master

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事