logo

独自形状!機能美あふれる「ウェーブオイルヒーター」がアイリスオーヤマから新発売

株式会社アイリスプラザ 2016年10月10日 10時00分
From PR TIMES

お部屋全体をムラなく暖める「10枚フィン」と「温度調節機能」で冬でもあったか快適

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)のグループ企業である株式会社アイリスプラザ(宮城県仙台市青葉区中央2丁目1-7 アイリス青葉ビル TEL:0120-323-410)では、独自ウェーブ形状の放熱フィンを採用した「ウェーブオイルヒーター IWH-1210K-W」を2016年9月1日(木)に新発売しました。



[画像1: リンク ]
アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 健太郎)のグループ企業である株式会社アイリスプラザ(宮城県仙台市青葉区中央2丁目1-7 アイリス青葉ビル TEL:0120-323-410)では、独自ウェーブ形状の放熱フィンを採用した「ウェーブオイルヒーター IWH-1210K-W」を2016年9月1日(木)に新発売しました。[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


ポイント


美しい独自形状のウェーブフィン
お部屋全体をムラなく暖める!10枚フィン
温度調節機能付き


オイルヒーターとは?
オイルヒーターは、密閉したオイルを暖め、その熱を放散してお部屋全体を暖めます。風も火も使わないので、空気を汚さず、安全で人にやさしい暖房器具です。

オイルヒーターの暖まり方


電気内のオイルを暖めます。
オイルが回ってパネルを暖めます。
パネルからの放熱でお部屋全体を暖めます。


[画像5: リンク ]



オイルヒーターのやさしい暖かさの秘密は「ふく射熱」にあり!
冬でも日なたはポカポカ暖かく感じます。それは太陽の熱(ふく射熱)が肌やモノに直接届いているからです。
オイルヒーターも「ふく射熱」で離れた場所にある床や壁、天井や人に直接熱を伝えて暖めます。だから、お部屋全体がムラなく優しく暖まり、温度計で見るより暖かく感じます。
[画像6: リンク ]


【アイリスオーヤマのオイルヒーターはここがちがう!】
独自形状の美しいウェーブフィンがやさしく暖めます♪
デザイン性のあるウェーブ状のフィンにすることで、直線状の放熱フィンと比較して表面積を約10%拡張しました。独自形状の美しいフィンがお部屋を優しく暖めてくれます。
[画像7: リンク ]


【独自形状のウェーブフィン】と【10枚フィンで】で【オイルヒーターから離れていても部屋中ムラなく暖かい!】

[画像8: リンク ]



適温を保てる!温度調節機能
オイルヒーターはじわじわとお部屋全体を暖めるので、急激な温度変化がなく、体に優しいのが特徴です。オイルヒーターのふく射熱によって体感温度もアップするので、お部屋全体が暖まったら、温度を下げても十分暖かく感じます。
ヒーターの強さは3段階切替


【強】1200W
【中】700W
【弱】500W

温度調節
高温から低温まで温度を微調整可能
[画像9: リンク ]



オイルヒーターのいいところ


【安全】オイルヒーターは火を使わないので、安全!ヒーター表面の温度も75℃程度です。
【安心】つけっぱなしでも適温を保ってくれます。就寝時の使用にもおすすめです。温風や炎が出ないので子ども部屋でも安心して使えます。
【クリーン】空気が乾燥した環境でもホコリを巻き上げず、燃焼による一酸化炭素や二酸化炭素も発生しないため、空気を汚しません。
【手間なし】給油はもちろん、オイルの補充も必要ありません。給油で、寒い中、部屋を出る手間がありません。
【静音】オイルを暖めるシンプルな仕組みで、とても静かです。


[画像10: リンク ]


\こんなところにオススメ!/


ホコリを巻き上げないから家族が集まるリビングに
温風や火が出ないので子ども部屋でも安心
とても静かなので寝室にオススメ


[画像11: リンク ]

[画像12: リンク ]

[画像13: リンク ]




商品サイズ(cm):幅約25.6×奥行約49.5×高さ約63.5
重量:10.9kg
電源:AC100V 50/60Hz共用
消費電力:強:1200W、中:700W、弱:500W
ヒーター切替:3段階(弱・中・強)
適用床面積:13m2(8畳)
コードの長さ:約1.6m
付属品:キャスター組品(2個)、固定金具(2個)、蝶ナット(4個)
材質:スチール
URL:リンク



[画像14: リンク ]

[画像15: リンク ]

[画像16: リンク ]

[画像17: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事