logo

「Hop Fest Ale 2016」を新発売

キリンビール株式会社 2016年10月07日 21時30分
From Digital PR Platform


スプリングバレーブルワリー株式会社(社長 和田徹)では、今年収穫した摘みたての遠野産ホップ(毬花)を贅沢に使用した「Hop Fest Ale 2016」を、「フレッシュホップフェスト2016」が始まる10月8日(土)からスプリングバレーブルワリー東京(代官山)にて数量限定で提供を開始します。

「Hop Fest Ale 2016」は、今年収穫した国産ホップ(IBUKI)をそのまま凍結し、みずみずしい香りを閉じ込めた「凍結毬花ホップ」を使用してつくりました。摘みたて国産ホップの爽やかさとみずみずしい味わいが特長です。下面発酵のラガータイプである「Hop Fest 2016」に対し、上面発酵のエールタイプである「Hop Fest Ale 2016」は、口当たりが柔らかく華やかな味わいが特長です。

キリンビールでは、ビールの未来をお客様とともに創造する「SPRING VALLEY BREWERY」をはじめとして、ビールをより魅力的にしていくための様々な活動を展開していきます。キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

■商品概要

1.商品名
「Hop Fest Ale 2016」

2.提供場所
スプリングバレーブルワリー東京
【住所】東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内

3.原材料
麦芽(小麦麦芽、大麦麦芽)、ホップ

4.発売日
2016年10月8日(土)

5.アルコール分
5.5%



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。