logo

アライドテレシス、ジュピターテクノロジーが取り扱う「Windows用Syslogサーバー」と「Secure Enterprise SDN(SES) 」を連携


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)と、ジュピターテクノロジー株式会社(東京都府中市、代表取締役 石川幸洋、以下ジュピターテクノロジー)は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、ジュピターテクノロジーが輸入代理販売を行っている「WindowsベースSyslogサーバー」とを連携し、脅威検知システムからの SNMPトラップ やSyslog を 1:N分配リレーする他、転送フィルタによるトラフィック負荷の軽減、SNMPトラップ/Syslog変換配信、日本語文字コード変換等を行い、脅威検知システムとSecure Enterprise SDN(SES)間で互いが抱える課題を解消し、容易にSDN連携が実現できる環境を整え、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションの提供に協業することに合意しましたので発表いたします。

ジュピターテクノロジーが提供するKiwi Syslog Server*1およびWinSyslog*2は、Windows用Syslogサーバーとして、信頼性、安定性、使い易さでネットワークやシステム専門家から高評価を得ている製品です。両製品はログサーバーとしての標準機能に加え、連携に有効な以下の特長を有しております。

1) 受信したSNMPトラップを無変換で複数の宛先へリレー転送(Kiwi Syslog Server)
2) 受信したSNMPトラップをSyslogに変換し複数のSyslogサーバーへ配信
3) 各デバイスのMIB定義ファイルを指定フォルダ下に置くだけで、OIDを文字列に変換し出力(WinSyslog)
4) 受信したSyslogメッセージに送信元アドレス情報を付加し複数の宛先へ転送
5) 多種類のフィルタを複数設定した複雑な条件で受信ログを抽出し必要なログのみを転送し、受信システムに掛かる負荷を軽減
6) リアルタイムに受信ログを分析し、条件に合致するログを検知した際に管理者へアラート通知
7) 日本語GUIと日本語フィルタが使用でき、転送先に応じて文字エンコードを変換(WinSyslog)

*1: Kiwi Syslog ServerはSolarWinds社で開発しているWindows用のSyslogサーバーです。
標準的な仕様のサーバー機で200-600件/秒のログ処理が可能です。日本国内で最も多く採用されているSyslogサーバーの代表的な製品であり、国内で約5,000ユーザーが使用しています。

*2: WinSyslogは、rsyslogで著名なAdiscon社が1996年にリリースした世界初のWindows用Syslogサーバーです。日本語GUIを持ち日本語メッセージ処理にも対応しています。マルチスレッドサポートにより、ログのリアルタイム高速処理が可能です。標準的なサーバー機で1000件/秒以上のログ処理が可能です。また、ログ解析レポートツール「Sawmill」と連携することで、ログから何が起こっているかを視覚的に理解し易いレポートとして作成することが出来ます。
国内では、約800ユーザーが使用しています。

アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN / OpenFlow技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数・コストの削減、およびセキュリティの強化を実現します。SESはすでに幾つかの企業向け標的型サイバー攻撃脅威検知システムと連携していますが、この度のジュピターテクノロジーが提供するSyslogサーバーとの連携により、標的型サイバー攻撃脅威検知システムメーカー各社との連携を更に容易に実現できる環境を整えてまいります。



【ジュピターテクノロジー株式会社について】
ジュピターテクノロジー株式会社は、2001年の創業以来、海外のログ管理、ネットワーク管理、ネットワークセキュリティ製品の輸入・販売、及びシステム構築に特化した事業を展開しております。
それら製品のローカライズやマニュアルの日本語化も数多く手がけ、優れた海外製品を多くの国内のお客様にご提供しています。

【アライドテレシス株式会社について】
アライドテレシス株式会社は、ネットワーク専業メーカーとして、企業、医療、自治体・文教などあらゆる分野において、先進のテクノロジーによる高信頼なネットワーク製品、ソリューション、ITサービスをご提供しています。




【本リリースに関するお問い合わせ先】
アライドテレシス株式会社 
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-21-11 第2TOCビル
TEL:03-5437-6042  FAX:03-5437-6044  
担当:マーケティングコミュニケーション部 田中利道
E-Mail:totanaka@allied-telesis.co.jp

ジュピターテクノロジー株式会社
〒183-0023
東京都府中市宮町2-15-13 第15三ツ木ビル8階
TEL:. 042-358-1250
FAX:042-360-6221
担当:プロダクト2部 担当課長 大野清
E-Mail:ohno@jtc-i.co.jp
URL:リンク

・プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
・プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。そ
の後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実に
より、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。



---------------------------------------------------------------------

TEL:info@allied-telesis.co.jp
リンク
---------------------------------------------------------------------




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。