logo

eBookJapan限定『イムリ』『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』が最新刊まで全巻50円!2.5万冊以上が半額になる「ニコニコカドカワ祭り2016」を絶賛開催中!



マンガNo.1(※1)の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、現在実施中の「ニコニコカドカワ祭り2016」において、10月8日(土)より、eBookJapan限定で『イムリ』、『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』の2作品を最新刊まで全巻50円(税別)で販売いたします。


◆「ニコニコカドカワ祭り2016」特集ページ(10月14日まで)
リンク
[画像1: リンク ]



◆『イムリ』 『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』が最新刊まで全巻50円!(10月8日から14日まで)
今年の「ニコニコカドカワ祭り」は、昨年を約3,000冊上回る約25,000冊もの書籍を通常価格の半額にてご提供いたします。さらには、eBookJapan限定のキャンペーンとして、KADOKAWAの人気コミックレーベルである『ビームコミックス』が誇る注目作『イムリ』と『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』の2作品を最新刊まで全巻50円(税別)という驚異の割引価格でお届けいたします。


[画像2: リンク ]

『イムリ』(三宅乱丈)(1)~(19)まで発売中!
【通常価格】429円(税別)⇒50円(税別)

文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞!ダ・ヴィンチ「絶対はずさない!プラチナ本」選出!「謎が謎を呼ぶ構成と緊迫感に満ちた展開」(朝日新聞)「期待は高まるばかり」(読売新聞)など、各メディアで絶賛の嵐を呼ぶ、現代漫画の最高峰!『ぶっせん』『ペット』など、圧倒的個性で漫画ファンの熱い注目を浴び続ける鬼才・三宅乱丈が、その才能のすべてを解放して挑む、壮大で精緻なSFファンタジー・ロマン!


[画像3: リンク ]

『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』(おおひなたごう)(1)~(7)まで発売中!
【通常価格】429円(税別)⇒50円(税別)

夜の町に灯る家々の光、そのひとつひとつに、それぞれの人生が、暮らしが、目玉焼きがあることを、きみは知っているか…。“あたりまえ”だと思っていたその食べ方は、“あたりまえ”ではないかも知れない。ギャグ界の暴走天使おおひなたごうが全日本人に問う、衝撃のフード・ソウル・ロマン!


「ニコニコカドカワ祭り」 対象ブランド(※2):
KADOKAWA(主なブランド:アスキー・メディアワークス/エンターブレイン/角川学芸出版/角川書店/角川マガジンズ/中経出版/富士見書房/メディアファクトリー)
グループ会社:KADOKAWA・DWANGO(カドカワ株式会社)/ブックウォーカー/角川アスキー総合研究所


また、2016年のKADOKAWA作品のeBookJapan売上ランキングをジャンル別にご紹介いたします。
(価格はすべて1巻のものです。本キャンペーンの対象作のみで集計しております)


◆青年・少年コミック 売上ランキング(2016年1月~8月)

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



◆少女・女性コミック 売上ランキング(2016年1月~8月)

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]



◆BLコミック 売上ランキング(2016年1月~8月)

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]



◆文芸 売上ランキング(2016年1月~8月)

[画像10: リンク ]

[画像11: リンク ]



◆ライトノベル 売上ランキング(2016年1月~8月)

[画像12: リンク ]

[画像13: リンク ]



eBookJapanは今後もマンガ好きのみなさまに楽しんでいただけるような企画を用意してまいります。


■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、48万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、My本棚は“背表紙表示”も可能
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。


■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)2016年9月より、Yahoo! JAPANグループの一員となりました。

コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)


※1 有料電子コミック利用者の「電子コミックの購入先」(複数回答)において最も利用者の多い電子書店となりました。
出典:インプレスR&D インターネットメディア総合研究所「電子コミックビジネス調査報告書2012」3.5.2 電子コミックの購入先(P.76)

※2 割引対象作品は対象ブランド内の全ての作品ではございません。ご購入の際にはご注意ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事