logo

キヤノンが中国で「グリーンサプライチェーン五つ星企業」第1号に認定

キヤノン株式会社はこの度、中国の権威ある環境認証機関である中環連合認証センター(以下、CEC)(※1)より、企業初(※2)の「グリーンサプライチェーン五つ星企業」にグループとして認定されました。また、キヤノンのグループ会社であるキヤノン(中国)有限公司(以下、キヤノン中国)は、CECより2016年においては電機・電子業界の日系企業で唯一「中国環境ラベル優秀企業賞」を受賞しました。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

CECは、中国環境保護部が2016年に打ち出した「グリーン生産、グリーン調達、グリーン消費を中心とするグリーンサプライチェーンマネジメントを促進する」という方針に基づき、企業の取り組みを評価しました。その結果、キヤノンはグリーン調達をはじめとしたグリーンサプライチェーンマネジメントの推進体制が高く評価され、複写機・複合機・プリンター・ファクスにおいてグリーンサプライチェーン評価認定を受け、企業として初めて五つ星を獲得しました。また、キヤノンはサプライチェーンマネジメントについて透明性の高い情報公開を行い、それによりサプライヤーや市場との信頼関係を構築しており、事務機メーカーの模範となっていると評価されました。

同時に、キヤノン中国は、中国環境ラベル認証の規程作成への積極的な参画や、同認証の継続的な取得など、長年にわたる同認証に関わる活動への支持・協力が評価され、CECより2016年においては電機・電子業界の日系企業で唯一「中国環境ラベル優秀企業賞」を受賞しました。

キヤノンは1997年に「キヤノングリーン調達基準書」を発行し、サプライヤーとの調達基本契約の中でこの基準書に従うことを定めた条項を設けています。また、この基準書に基づいて、製品および包装材の調達時に材料・部品に含まれる化学物質の状況、サプライヤーの環境管理システムとその実行状況、環境関連規制の遵法状況など、環境保全に関わる項目を厳しくチェックしてきました。さらに、一度グリーン調達基準書の基準を満たしたサプライヤーに対しても年に1回全面的に調査し直すことで、環境問題の抑止に努めています。

キヤノンは、キヤノングループの環境ビジョンである「Action for Green」のもと、技術革新と経営効率の向上により、豊かな生活と地球環境が両立する社会の実現を目指し、「つくる」「つかう」「いかす」という製品ライフサイクル全体で、環境負荷の削減に今後も取り組んでいきます。

※1 China Environmental United Certification Centerの略。中国環境保護部の許可を得て、国家を代表し製品環境ラベルの認証ができる唯一の機関。また、グリーンサプライチェーン評価認定を行う中国初の第三者認証機関。

※2 過去にグリーンサプライチェーン三つ星または四つ星認定を受けた企業はありますが、五つ星はキヤノンが初めて。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。