logo

ストラーダ CN-F1Dは“ドヤ”れるカーナビである!?ストラーダ特設WEBサイト公開

パナソニック株式会社 オートモーティブ & インダストリアルシステムズ社 2016年10月06日 13時07分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月6日

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社

ストラーダ CN-F1Dは“ドヤ”れるカーナビである!?
“ドヤ家電”命名者、小口 覺氏が話題のグランピングを体験しながら
CN-F1Dの“ドヤ”なポイントを検証
ストラーダ特設WEBサイトで検証結果を公開!

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、“ドヤ家電”命名者小口 覺(おぐち さとる)氏が、話題のグランピングを体験しながら大画面カーナビCN-F1Dの“ドヤ”なポイントを検証する特設WEBサイト「ストラーダ CN-F1Dは“ドヤ”れるカーナビである!?」を2016年10月6日(木)より公開しました。

▼特設WEBサイト「ストラーダ CN-F1Dは“ドヤ”れるカーナビである!?」
リンク


「自慢したくなる家電」それが“ドヤ家電”。
2016年上半期の注目ワードに上げられるなど、高性能でおしゃれな家電に注目が集まっています。そんな“ドヤ家電”の命名者である、評論家の小口氏が、独自の観点から大画面カーナビ「ストラーダ CN-F1D」の“ドヤ”な特徴や魅力に迫ります!

CN-F1Dがいかに“ドヤ”なカーナビかを、新しいスタイルのキャンプとして話題の「グランピング」を体験しながら検証します。グランピングに向かうドライブでは、初めての道でもリラックスして運転できるナビ機能や、長時間のドライブを盛り上げるエンタメ機能など、思わず女性に“ドヤ”顔ができるポイントを紹介しています。
また、グランピングの魅力を体験する中で分かった、CN-F1Dとグランピングの意外な共通点など、小口氏が斬る独特の“ドヤ”な視点をぜひお楽しみください。



【“ドヤ”とは】
関西弁の「どや(どうだ)」が語源。「どうだ、すごいだろう」と自慢する様子、または自慢できるアイテムを表す。もともとは、自慢している人を揶揄して使われていたが、最近は「ドヤれるか」を基準に製品を選ぶ人も増え、ポジティブな意味で使われるようになっている。

【今、話題の“グランピング”】
グラマラス(魅力的な)とキャンピングを合わせた造語で、世界中で人気の新しいアウトドアスタイル。高級リゾートホテルのような豪華さや居心地が体験できる。



【関連情報】
▼9V型大画面「ストラーダ CN-F1D」スペシャルサイト
リンク

▼9V型大画面「ストラーダ CN-F1D」商品サイト
リンク

▼パナソニック カーナビ/カーAV
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事