logo

人気ギターアンプシリーズの新モデル Line 6 ギターアンプ『Spider Vシリーズ』『Spider Classic 15』 Line 6 ギターワイヤレストランスミッター『Relay G10T』

10月下旬より順次発売

株式会社ヤマハミュージックジャパン(注1)は、ヤマハ株式会社の100%子会社であるLine 6, Inc.(注2、以下、Line 6社)が開発したギターアンプの新製品として『Spider Vシリーズ』『Spider Classic 15』を、『Spider Vシリーズ』の関連オプションとしてギター・ワイヤレス・トランスミッター『Relay G10T』を、10月下旬より順次発売します。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


<価格と発売日>
品名:Line 6ギターアンプ
品番:Spider V 30/60/120/240、
   Spider Classic 15
価格:オープンプライス
発売日:
・Spider V 30/60/ 10月下旬
・Spider V 120/240 11月下旬
・Spider Classic 15 10月下旬

品名:Line 6ギター・ワイヤレス・トランスミッター
品番:Relay G10T
価格:オープンプライス
発売日:10月下旬


<製品の概要>
『Spider Vシリーズ』は、世界中の幅広いファンから好評を博しているギターアンプ「Spiderシリーズ」の最新モデルです。200種類以上のアンプ、キャビネット、エフェクトを搭載し、柔軟な音作りが可能です。またフルレンジスピーカーを搭載し、エレキギターとアコースティックギターのいずれにおいても高品位なサウンドを実現します。さらにワイヤレス・レシーバーを内蔵しており、別売りのギター・ワイヤレス・トランスミッター『Relay G10T』と組み合わせて使用できます(『Spider V 60/120/240』のみ)。
『Spider Classic 15』は、著名なギターアンプ・モデルと高品質なエフェクトを搭載したギターアンプです。あらゆるロックミュージックに不可欠なギタートーンを得られるほか、自由に設定を調整して自分だけの個性的なサウンドを作ることができます。
『Relay G10T』は、2015年6月に発売したギター・ワイヤレス・システム「Relay G10」のトランスミッターです。このたび『Spider Vシリーズ』のオプションとして、新たにトランスミッター単体での発売を開始します。『Relay G10T』は、シンプルな操作で簡単にワイヤレス環境を実現します。『Relay G10T』を「Relay G10」のレシーバーや対応ギターアンプ『Spider Vシリーズ』に挿すだけで充電でき、ギターに挿しこむだけで即座にワイヤレスでの演奏が可能です。

詳細は以下の通りです。


<『Spider Vシリーズ』主な特長>
1.200種類以上のアンプ、キャビネット、エフェクトのモデルを搭載し、独自の音作りが可能
200種類以上のアンプ、キャビネット、エフェクトを搭載。最大8種類のエフェクトを同時にかけることができ、豊富なサウンドを活用して独自の音作りが可能です。また、ノブを使った直感的なインターフェースや色分けされたわかりやすいコントロールパネルによって、高い操作性を実現しました。求めるサウンドをシンプルな操作で素早く作成できます。

2.即戦力となるプリセットを多数搭載
『Spider Vシリーズ』には、著名な楽曲やアルバムで使われたセットアップを基にしたサウンドや、世界のトップギタリストによって作成されたサウンドなど、即戦力となる100種類以上の専用サウンドサンプルがプリセットされています。憧れのトーンにすぐにアクセスできるほか、プリセットをカスタマイズすることで独自のサウンドを作成することもできます。

3.フルレンジ・スピーカー・システムによる高品位なサウンド
際立ったサウンドと高い汎用性を兼ね備えたフルレンジ・スピーカー・システムを搭載しています。モデリングされたアンプやエフェクトのトーンを明瞭に再現し、エレキギターとアコースティックギターのいずれで使用する場合においても高品位なサウンドを実現します。

4.ワイヤレス・レシーバーを内蔵し、ワイヤレスでの使用に対応(Spider V 60/120/240)
『Spider V 60/120/240』では、ギターアンプとして初めてワイヤレス・レシーバーを内蔵しています。Line 6ワイヤレストランスミッター『Relay G10T』(別売り)を繋ぐだけで、ワイヤレスシステムならではの自由なパフォーマンスを手軽に楽しむことができます。

※『Relay G10T』の他、「Relay G30/50/55/90」に同梱のトランスミッター(RF2モード)にも対応しています。

5.便利な機能を多数搭載、パソコンやアプリケーションとの連携も可能
練習に便利なチューナー、メトロノーム機能を内蔵しているほか、プロのドラマーによる演奏を録音したドラムループも多数内蔵し、ドラムループに合わせた練習やジャムセッションが可能です。
またUSBオーディオインターフェースに対応し、パソコンやスマートデバイスに接続できます。Steinberg社のソフトウェア「Cubase LE」*などのDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)ソフトウェアやレコーディング・ソフトウェアを活用すれば、ギタートラックの編集やミキシング、録音などの作業を完結できます。
さらに、iOSやAndroidに対応した無償アプリケーション「Spider Remote」により、クラウド上の1万以上のトーンにアクセス可能。世界中のギタリストが作成したオリジナルトーンをアプリ経由で共有することもできます。

*『Spider Vシリーズ』購入後に製品登録を行なうと、「Cubase LE」の無償ダウンロード用コードが提供されます。


<『Spider Classic 15』主な特長>
1.定番のギターアンプ・モデルを搭載
著名な定番ギターアンプのサウンドを搭載し、クラシックからモダンまであらゆるロックミュージックに不可欠なギタートーンを提供します。自由に組みあわせて設定を調整することで、自分だけの個性的なサウンドを作り出すことができます。

2.高品質なギターエフェクトで、独自の音作りが可能
リバーブ、テープ/スウィープ・エコー、トレモロなどをはじめとしたLine 6の定番エフェクトを搭載し、サウンドに彩りを与えます。エフェクトは最大2種類同時に使うことができ、エフェクトを組み合わせることで柔軟な音作りが可能です。アンプの前面に配置されているノブによって、指先で簡単にエフェクトを調整することができます。

3.フットコントローラーとの組み合わせにより、ハンズフリーでコントロール可能
『Spider Classic 15』は、Line 6フットコントローラー「FBV Express MKII」(オープンプライス)に対応しています。フットコントローラーを組み合わせることで、『Spider Classic 15』をハンズフリーでコントロールできます。フットコントローラーでプリセットの切り替えやテンポベース・エフェクトの調整ができるほか、ワウ/ボリュームペダルに使用可能です。

4.パソコン経由でトーンの編集、保存、共有が可能
フットコントローラー「FBV Express MKII」が接続されていれば、フットコントローラー経由でパソコンに接続して『Spider Classic 15』と連携させることができ、活用の幅が広がります。無償でダウンロードできるソフトウェア「Spider Edit」を使って、パソコン経由でプリセットの編集やバックアップの作成ができるほか、ギタートーンをメールで送ることも可能です。また、専用ウェブサイト「Spider Online」に用意されているギタータブ譜やレッスンコンテンツ、ギタートーンのコレクション、数百種類のリズムやドラムループなどの専用コンテンツを活用することもできます。

◎ウェブサイト「Spider Online」 リンク(英語)


<『Relay G10T』主な特長>
シンプルな操作で簡単にワイヤレス環境を実現するワイヤレス・トランスミッター
『Relay G10T』は、「Relay G10」のレシーバーのほかギターアンプ『Spider V 60/120/240』に内蔵されているレシーバーと互換性があり、これらの機器と一緒に使うことでワイヤレス環境でのパフォーマンスを簡単に実現します。面倒なセットアップは不要で、『Relay G10T』をアンプのインプットジャックに挿すだけで充電ができ、ギターに挿しこむだけで演奏を始めることができます。1回の充電で最長8時間の駆動が可能で、演奏していないときにはスリープモードになり最長200時間の待機時間を有します。


<関連リンク>
Line 6
リンク

ヤマハ ニュースリリース
リンク


※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事