logo

株式会社スパイスボックス、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社、医療用医薬品メーカー特化型LINE ビジネスコネクト活用サービスを提供開始。

~LINEで“医師がMRとチャット” “患者が服薬管理”できる機能などを盛り込む~

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長COO 島田 雅也、以下 DAC)は、医療用医薬品メーカー向けに特化したLINE ビジネスコネクト(※1)活用サービスの「DialogOneメディカルパッケージ」を本日より提供開始しますので、お知らせいたします。これにより、医療用医薬品メーカーは、LINE公式アカウントを通して、医師や患者とOne to Oneコミュニケーションがとれるほか、「DialogOneメディカルパッケージ」に装備された医療関連に特化したさまざまなコミュニケーション機能を利用して、医療情報を効果的に医師や患者に届けることができるようになります。



■医療用医薬品メーカー特化型LINE ビジネスコネクト活用サービス、
「DialogOneメディカルパッケージ」とは

本サービスは、スパイスボックスのメディカルマーケティング事業部が、LINE ビジネスコネクト開発パートナーであるDACの「DialogOne」(※2)に医療用医薬品メーカー向けの専用機能を追加し、共同開発したものです。

これまで、「DialogOne」を利用することで、企業は、自社の持つ顧客や商品データベースをLINE公式アカウント上で管理する情報と連携させたり、アンケートで取得した属性情報やユーザーのログ情報の解析から、属性ごとに特定メッセージを個別配信することが可能でした。このたびの「DialogOneメディカルパッケージ」では、上記に加え、医療用医薬品メーカーが同社の顧客へのサービスとして利用できるよう、以下の医師、患者向けコミュニケーション機能を追加いたしました。

「DialogOneメディカルパッケージ」の導入イメージ

[画像1: リンク ]


今回開発した医療用医薬品メーカー特化型の「DialogOneメディカルパッケージ」は、「DialogOne」の基本機能(図:赤色)に加え、医師や患者に特化した機能(図:青色)を備えており、企業は自社のニーズに合わせて各機能を選択やオプション機能などでカスタマイズ(図:黒)して利用することができます。

●「DialogOneメディカルパッケージ」標準装備機能について

1. 医師向け機能
・医師への個別情報配信…医薬品メーカーが持つログイン付きの医師向けオウンドメディアのログデータをLINEと連携させ、オウンドメディアへのアクセス状況に合わせて各医師へLINE上で個別情報配信を行うことができる。
・MRチャット…LINEを通して、医師と担当MRが直接コミュニケーションを取ることができる。
[画像2: リンク ]


2. 患者、一般利用者向け機能

・服薬管理…LINEを通してユーザーに服薬時間の通知を配信することができる。
・服薬管理日誌…LINE上で服薬の記録を付けることができる。

その他、オプション機能の利用例
・病院検索…地図データベース連携により、現在地に近い病院などを検索することができる。
・Dr.相談…LINEを通して医療従事者に体調の相談をすることができる。
・Q&A…ユーザーの質問に対して、選択肢で回答を提示することができる。その際、人工知能によるログ解析によって、ユーザーごとにニーズの高い情報を優先的に表示させる。※人工知能には、世界的なコンペティションで優勝経験もある、株式会社Studio Ousiaのシステム(※3)を採用。

[画像3: リンク ]


上記のように、医療用医薬品メーカーは、「DialogOneメディカルパッケージ」を利用することで、LINEプラットフォーム上で医師向けに医療関連基礎情報、製品情報、患者指導用ツール情報、医療関連文献紹介を行うことやMRチャット機能によって自社MRと医師との密なコミュニケーションを醸成することが可能となります。また、患者、一般利用者向けには、疾患や治療に関する情報提供や、医療機関検索での受診サポート、コンプライアンス・アドヒアランス向上のための服薬管理サポートなどを行うことができます。

スパイスボックスでは、このたびの「DialogOneメディカルパッケージ」の提供にあたっては、デジタルエージェンシーとして培ってきた医療系にとどまらない広告コミュニケーションノウハウをもとに、LINEアカウントへのユーザー誘導から、医療用医薬品メーカーと医師、または患者のコミュニケーション内容の企画まで、パッケージサービスに関わるすべてのデジタルコミュニケーション設計全体を的確にサポートいたします。

今後とも、スパイスボックスでは、医療業界向けマーケティングサービスの開発に注力してまいります。


(※1)「LINE ビジネスコネクト」は、LINE株式会社がアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能になります。(LINEでは、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。)

(※2)DACが提供する「DialogOne」はLINE ビジネスコネクトに対応しており、広告主が保有する顧客情報とLINEのアカウント情報などを掛け合わせ、LINE公式アカウントをより高度に活用することができるメッセージングサービス管理ソリューションです。これにより、ユーザーひとりひとりに適したメッセージを配信し、One to Oneコミュニケーションを実現します。リンク

(※3)株式会社Studio Ousia(スタジオウーシア)は、2007年に設立された人工知能を用いて世界レベルの精度を持つ自然言語プラットフォームを開発する技術集団です。2015年には自然言語処理の根幹というべき技術、Entity Linkingにおいて、WWW及びACL(著名な国際学術会議)が主宰するコンペティションで連続優勝。2016年6月8日には、自然言語処理技術の集大成であるOpen Question Answering(質問応答)システムを使い、NAACL(ACLの分科会)でのクイズコンペで、回答精度において2位以下のシステムに大きな差をつけ優勝を果たしています。このコンペは該当分野で世界的に著名な米コロラド大学ボルダー校の研究チームが開催しています。2位のシステムは主催者であるコロラド大学によるもので、昨年末にIBMの開発した質問応答システムWatsonと対戦し大差で勝利しています。リンク





■株式会社スパイスボックスについて
デジタル領域のフルサービスを提供するデジタルエージェンシーとして2003年に設立。クライアント企業のマーケティング課題に常にベストなプランニングとエグゼキューションを提供し、顧客創造から顧客価値の最大化までをワンストップで支援します。

【会社概要】
社名 : 株式会社スパイスボックス
設立 : 2003年12月15日
資本金 : 2億7143万円
出資者 : 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27  国際新赤坂ビル 東館15F
代表者 : 田村 栄治
事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL : リンク



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事