logo

マピオン「ケータイ国盗り合戦」 墨田区・江東区の商店街を巡るスタンプラリー&お買い物イベント開催 位置情報ゲーム活用で商店街を活性化

2016年11月1日(火)~11月30日(水)

株式会社マピオン(東京都港区、代表取締役社長 中尾 光宏)が運営するモバイル位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」は、東京都の墨田区商店街振興組合連合会および江東区商店街連合会の協力のもと、11月1日(火)~11月30日(水)に両区商店街で、モバイルスタンプラリー&お買い物イベント『怪盗Gからの挑戦状』を開催します。



本イベントは商店街の活性化を目的に、墨田区と江東区の商店街に設置した25スポットを周遊するモバイルスタンプラリーと、両商店街の対象店舗(約200店舗)で500円(税込)以上のお買い物をするとゲーム特典付カード"くにふだ"が獲得できる、2つのゲームを楽しめるキャンペーンです。

昨今、位置情報ゲームを活用し、人を楽しませながら動かす仕組みが出てきています。マピオンでは2008年より「ケータイ国盗り合戦」を活用し、地方創生に取り組んできました。行動力・購買力のある国盗りユーザが日本全国を巡り歩くことで、各地に経済効果をもたらしています。その中で、観光地以外への集客、認知、周遊、消費行動の促進を図るため、商店街活性化のためのモバイルスタンプラリー&買い物イベントを例年実施しています。昨年、墨田と浅草で実施した商店街イベントでは、期間中約3,000人が参加し、商店街の来客数や売上の増加などに貢献しました。

[画像1: リンク ]

4回目となる今回は、墨田区商店街に加え、未来的な高層ビルが立ち並ぶ一方、歴史的な建物が垣間見える江東区商店街でのイベントを実施します。
今秋、墨田区では区ゆかりの芸術家・葛飾北斎の美術館が開館するうえ、江東区には松尾芭蕉の記念館もあることから、北斎の浮世絵や芭蕉の俳句をモチーフとした「芸術の秋」にぴったりな"くにふだ"が獲得できます。店舗の場所により"くにふだ"の絵柄が異なることから、全種類を集めるためにユーザは各商店街を周遊します。
また、イベント期間中の11月5日(土)には江東区にてリアルイベントを実施します。特設ブースを出店し、ゲーム内特典がもらえる二次元バーコード設置や、くじ引きイベントも実施します。

今後も「ココロも、カラダも、動かすマピオン」では、「ケータイ国盗り合戦」を地方創生に活用してもらうべく、様々な取り組みを行ってまいります。


【墨田区商店街振興組合連合会 理事長・江東区商店街連合会 会長からのコメント】
◆墨田区商店街振興組合連合会 理事長 山田 昇様からのコメント
墨田区は4回目の開催になりますが、毎回、開催においては多数の会員様にご参加いただき大変嬉しく思っております。今回はお隣でもある江東区商店街連合会様との開催になります。
墨田区では本イベント期間中でもある11月22日に葛飾北斎美術館が開館いたします。ぜひ、美術館のほうにも足を運んでください。
また、昨年同様、両地区において、地域イベントも開催しますので、そのような地域イベントにも是非お立ち寄りいただければと考えております。

◆江東区商店街連合会 会長 石島 龍治様からのコメント
江東区は、墨田川と荒川に挟まれ、東京湾に面する水辺と近い街です。江戸からの文化も感じられる一方、臨海部の発展から近年人口が増加し、昨年50万人都市となりました。
墨田区商店街振興組合連合会様と連携した本イベントは、地元はもちろん広く近県からのお客様もお越しいただけるとのことで、下町の商店街ならではの魅力を存分に発信していきたいと考えております。地元の商品の良さや下町の手作りのあたたかさ、人との触れ合いを再発見していただけたら幸いです。是非ともいらっしゃってください。

【実施概要】
◆キャンペーン名称:ケータイ国盗り合戦 『怪盗Gからの挑戦状』
◆開催期間:2016年11月1日(火)15:00~2016年11月30日(水)15:00まで(予定)
※くにふだの配布は11月30日(水)まで くにふだ二次元バーコード読み込みは12月7日(水)15:00まで
◆キャンペーン内容:
◎墨田・江東25スポットを巡るモバイルスタンプラリー

[画像2: リンク ]

京都墨田区および江東区の商店街25スポット(墨田13カ所、江東12カ所)にあるキャンペーンポスターの二次元バーコードを読み取り、位置情報を送信することでゲームを攻略できます。
東京都墨田および江東の商店街にある対象店舗(約200店)にて期間中、商品を500円(税込)以上お買い上げごとに"くにふだ"を1枚配布。"くにふだ"は墨田、江東それぞれ4種類、全8種類あります。カード裏面にある二次元バーコードを読み取ることでゲームを攻略することができます。
※詳しい店舗詳細は、「ケータイ国盗り合戦」サイト内にてご案内します。
※店舗数は予告なく変更になる場合があります。
※"くにふだ"の在庫がなくなった店舗は、その時点で開催終了となります。

◎1日限定!リアルイベントの開催
11月5日(土)に行われる『江東・墨田おかずグランプリ』(※1)に合わせてリアルイベントを実施します。深川公園(東京都江東区富岡1丁目14)にて「ケータイ国盗り合戦」特設ブースを出店。ブースでは来場者限定のアバターなどがもらえる二次元バーコードを設置するほか、商店街の買い物で獲得できる"くにふだ"の枚数に応じてくじが引けるくじ引きイベントも実施します。
※1:自分だけのお弁当を作り、最もご飯に合うおかずを投票で選ぶイベント。ご飯とおかず交換チケット付きで500円(税込)で参加できます。(国盗りブースでは「おかず」の販売および「くにふだ」の配布は行いません。)
<イベント日程>
日時:11月5日(土) 10:00~14:00(予定)
場所:深川公園

【ゲーム内容】
かの有名な怪盗Gによって、貴重な美術品が商店街に隠された!美術品を探し出すため、墨田区・江東区の商店街へ出陣!スポット攻略や"くにふだ"を獲得し、隠された絵画や銅像などの美術品を取り戻そう!
◎ユーザ同士で情報交換しよう!現地レポート
墨田区・江東区のスタンプラリースポット25カ所ごとに現地のグルメ情報や観光情報などを写真とコメントを投稿し、ユーザ同士で情報交換ができます。他ユーザから「いってみたい」がつくとコバン(ゲーム内通貨)がもらえます。
◎自分の俳句がアバターになる!俳句コンテスト
墨田区・江東区のスタンプラリースポット25カ所ごとにオリジナル俳句の投稿ができます。松尾芭蕉のように、現地の情報を織り交ぜた俳句を投稿してください。ユーザ人気投票上位やスタッフのお気に入りに選ばれた入賞者には、俳句をアバターにしてプレゼントします。

【参考】
■戦国スタンプラリー「ケータイ国盗り合戦」
モバイル端末の位置情報機能を利用して【日本全国を制覇】するゲーム「ケータイ国盗り合戦」。戦国時代を舞台に、日本全国を600国に分割した各エリアをユーザが実際に訪れることで攻略するスタンプラリーや育成ゲーム『城下町』、6000エリアの上級者向けスタンプラリー『鷹狩り』などの各種サービスをご用意しています。多くのファンに支えられ、600国だけでなく6000エリアにも全達成者が誕生しています。正式サービス開始:2008年4月25日
登録会員数:110万人 ※退会者を含みません
利用料金:無料(一部アイテム課金制) ※パケット通信料はお客様のご負担となります。
公式サイト:リンク
対象端末:スマートフォン(Android、iPhone、iPad)およびdocomo/au/SoftBankの携帯電話
※スマートフォン端末は、「国盗り合戦」アプリ(ダウンロード無料)が必要です。
携帯電話:リンク
AppStore:リンク
Google Play:リンク

※記載されている社名サービス名等は各社の商標および登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。