logo

平成28年度 第16回 山崎貞一賞 2分野6名の受賞者を決定

一般財団法人 材料科学技術振興財団 2016年10月04日 13時17分
From Digital PR Platform


一般財団法人材料科学技術振興財団(所在:東京都世田谷区、理事長:新井 裕)では、山崎貞一賞 選考委員会(委員長:増本 健)を経て9月20日(火)に実施された理事会にて、今年度の受賞者を下記2分野6名に決定いたしました。11月25日(金)に東京・上野の日本学士院にて贈呈式を開催し、贈呈および受賞者講演を行います。
今年度は、材料分野に「新規ガーネット型シンチレータ結晶の開発と大学発ベンチャー企業による実用化」、半導体及び半導体装置分野に「通信波長帯量子ドットレーザの高性能化とその実用・量産化」の業績を選出いたしました。

■第16回 山崎貞一賞 受賞者 (敬称略)

【材料分野】
氏   名:吉川 彰(よしかわ あきら)
所   属:東北大学 金属材料研究所・未来科学技術共同研究センター 教授 
氏   名:鎌田 圭(かまだ けい)
所   属:東北大学未来科学技術共同研究センター 准教授
      株式会社C&A 代表取締役社長
氏   名:庄子 育宏(しょうじ やすひろ)
所   属:株式会社C&A 単結晶事業部 事業部長
受賞題目:「新規ガーネット型シンチレータ結晶の開発と大学発ベンチャー企業による実用化」

【半導体及び半導体装置分野】
氏   名:菅原 充(すがわら みつる)
所   属:株式会社QDレーザ 代表取締役社長
氏   名:武政 敬三(たけまさ けいぞう)
所   属:株式会社QDレーザ 執行役員 レーザデバイス事業部 事業部長
氏   名:西 研一(にし けんいち)
所   属:株式会社QDレーザ レーザデバイス事業部 担当部長     
受賞題目:「通信波長帯量子ドットレーザの高性能化とその実用・量産化」


■山崎貞一賞について
山崎貞一賞は、財団法人材料科学技術振興財団の初代理事長を務めた故山崎貞一氏の人材育成の功績を称えるとともに、わが国の科学技術の普及啓発と科学技術水準の向上に寄与することを目的として平成13年に創設されました。本賞の対象は、当財団の寄付行為第4条の事業内容に対応した「材料」「半導体及び半導体装置」「計測評価」「バイオサイエンス・バイオテクノロジー」の4分野からなり、論文の発表、特許の取得、方法・技術の開発等を通じて、実用化につながる優れた創造的業績をあげている人について表彰するものです。第16回山崎貞一賞では「材料」、「半導体及び半導体装置」の2分野に対し贈呈いたします。

■一般財団法人材料科学技術振興財団(MST)について
当財団は、昭和59年8月の設立以来、「先端的な科学技術分野における新材料に関する基礎的研究を行うとともに、新材料の解析・評価を実施すること等により材料科学技術の振興を図り、もって我が国の経済社会の発展と国民生活の向上に寄与すること」を目的として幅広い活動を展開しています。

・一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞事務局 TEL:03-3415-2200
・一般財団法人材料科学技術振興財団について リンク
・山崎貞一賞について リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。