logo

新卒就活サービス「就活会議」東宝映画『何者』と初のコラボレーションが決定

~就活生向けTwitter限定キャンペーンを実施~

株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、東証一部:6054)は、本日、新卒就活サービス「就活会議β版」と映画「何者」(公開日2016年10月15日)とのコラボレーションおよびTwitter限定キャンペーンの実施を決定しましたのでお知らせいたします。




新卒就活生10万人が会員登録し、企業で働く人の口コミや選考体験を閲覧できるサイト「就活会議」と、SNS世代の“就活”における自己分析や企業選択の苦悩をテーマにした映画「何者」とがコラボレーションすることにより、就活生のリアルについての認知向上、さらにミスマッチ就職解消の一助となることを目指します。リブセンスのサービスと映画とのコラボレーションは、創業来初めてとなります。

就活会議では、今後も就活生向け・採用企業向けのサービス拡充を図り、1人でも多くの学生が心から納得し、自身に合った就職先を見つけるサポートをすることで、新卒就職活動における課題解決に貢献してまいります。

<就活会議のポイント>
・ 新卒就活サービス「就活会議」は、情報量や活動の時期・量といった格差、ミスマッチによる入社後短期間で  の転職を解消・削減することを目的に、2015年4月β版としてスタート
・ 転職口コミサイト「転職会議」の掲載情報、学校別活動状況や企業別選考状況等が見える機能を提供
・ サービス開始より1年半で就活生の会員登録者数が10万人を突破

<映画「何者」について)> 公式サイト(リンク
・ 映画公開日:10月15日(土)
・ 出演者:佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之
・ 監 督:三浦大輔
・ 原 作:「何者」朝井リョウ著 新潮文庫刊
[画像1: リンク ]


・ 平成生まれの作家・朝井リョウが直木賞を受賞し、大きな話題を呼んだ『何者』が遂に映画化!
・ 朝井リョウが今回挑んだのは、就職活動を通して自分が「何者」かを模索する5人の大学生たち。
・ 人として誰が一番価値があるのか?そして自分はいったい「何者」なのか?


◆Twitterキャンペーン概要
・ 名  称 :映画「何者」 x 就活会議 「就活生応援 Twitter限定キャンペーン」
・ 内  容 :映画「何者」と就活会議がコラボ!就活生応援キャンペーンとして、抽選で映画関連グッズ・就活生 応援グッズをプレゼントします。
・ 募集期間 :2016年10月4日(火)10:00 ~2016年10月14日(金)24:00
・ 応募方法 :対象ページのTweetボタンからTweetするだけ
・ 当選商品 :映画「何者」オリジナルTシャツ(非売品)/6名様、映画「何者」前売り券/5名様、大手旅行会社旅行券3万円分/1名様、カフェ利用金券1万円分/3名様、就活メイクグッズ5千円相当/2名様
・応募方法 :上記のキャンペーン期間中に、サイト上のキャンペーンページからツイートしていただければ応募完了となります。
[画像2: リンク ]
株式会社リブセンスについて (URL : リンク
・所在地   東京都品川区上大崎2丁目25番2号 新目黒東急ビル5F
・設立    2006年2月8日
・資本金   232百万円(2016年6月30日現在)
・代表者    代表取締役社長 村上 太一
・従業員数   正社員 236名、アルバイト・派遣社員 181名 (2016年6月30日現在、リブセンス単体)
・事業内容
インターネットメディア運営事業「成功報酬型」ビジネスモデルの特長を活かし、求人情報メディア「ジョブセンス(リンク)」「ジョブセンスリンク(リンク)」「ジョブセンス派遣(リンク)」や不動産情報メディア「door賃貸(リンク)」等のインターネットメディアを運営。転職クチコミサイト「転職会議(リンク)」新卒就活サポートサイト「就活会議(リンク)」医療情報サイト「治療ノート(リンク)」不動産情報サービス「IESHIL(イエシル、リンク)」発注業者検索サービス「アイミツ(リンク)」(ユニラボ社と共同運営)なども展開。2015年4月には海外ファッションECサイト「waja(リンク)」などを運営するwaja社をグループ化。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事