logo

ルームエアコン『うるさら7(セブン)(Rシリーズ)』新発売

ダイキン工業株式会社 2016年10月04日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月4日

ダイキン工業株式会社

2つの気流のコンビネーションで、部屋全体の快適性がさらに向上
ルームエアコン『うるさら7(セブン)(Rシリーズ)』新発売

ダイキン工業株式会社は、従来の「サーキュレーション気流」に加え、暖房の機能だった当社独自の「垂直気流」を冷房にも採用し、部屋の隅々まで風を届けることで、部屋全体を素早く快適にする『うるさら7(Rシリーズ)』を2016年11月1日より発売します。
夏場、部屋の中は、壁、天井、窓、床からの熱の侵入により、温度ムラが発生しています。ソファやダイニングセットなどの置かれた場所によっては、温度ムラにより、暑さを感じることがありました。本商品は、天井に沿った気流で部屋の奥の壁まで風を届ける「サーキュレーション気流」と、壁に沿って気流を下向きに吹き出す「垂直気流」を組み合わせ、人に直接風を当てることなく部屋全体の温度ムラを素早く解消します。この気流コントロールと、快適性をさらに高める湿度コントロールで、包み込むような快適空間を実現します。
また、リモコンのボタンひとつで快適な温度と湿度にコントロールする「快適エコ自動」がさらに進化しました。部屋の断熱性や家庭の生活リズムに応じて、エアコン運転開始時の冷やし過ぎや暖め過ぎを防ぎ、さらなる快適性と省エネ性にも貢献します。

【商品の特長】
1.2つの気流のコンビネーションで、部屋の隅々まで温度ムラを素早く解消
・「サーキュレーション気流」と「垂直気流」のコンビネーションで、通常の冷房運転の約3倍の速さで部屋全体の温度ムラを解消。
・温度ムラの場所にあわせて、「サーキュレーション気流」と「垂直気流」を自動で切り替え。
2.従来の「快適エコ自動」を進化させ、住宅環境にあわせた運転で快適さと省エネ性を向上
・エアコンが設置された環境ごとに異なる設定温度までの到達時間を学習します。部屋の断熱性や生活リズムなどを反映させて、エアコン運転開始時の冷やし過ぎや暖め過ぎを抑制。
・エアコンの消費電力が最も大きい運転開始時の消費電力を、最大約20%削減。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事