logo

黒ずみ・くすみ・ダメージ唇に塗って寝るだけ! 口紅いらずの“健康的な唇”へ ~『美唇姫(びじんひめ)』2016年10月13日(木)から新発売~

株式会社リベルタ 2016年10月04日 11時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リベルタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤透)は、唇の黒ずみやくすみの原因である“古い角質”と“乾燥”を寝ながらケアする商品『美唇姫(びじんひめ)』を、2016年10月13日(木)より、一部バラエティショップにて販売します。
■美唇姫ナイトパック ECサイト: リンク

 唇は皮膚が薄いため、外的刺激を受けやすく、黒ずみやくすみができやすいパーツです。黒ずみやくすみは、紫外線によるメラニンの生成、摩擦や乾燥などにより古い角質が溜まってしまうことが主な原因といわれています。口紅を塗ることで紫外線を吸収しやすくなったり、洗顔の際に起こるかすかな摩擦など、日々の生活の中で黒ずみやくすみの元は蓄積していきます。最近では若い女性でも黒ずみやくすみにより、「口紅が映えない」「唇により顔全体の血色が悪く見える」などの悩みを持つ方も。
 しかし、唇ケア商品は、“乾燥や荒れ対策”に特化したものや、“ぷっくりとした唇”になるものが多く、唇の発色に着目した商品がほとんどありませんでした。そこで当社では、ダメージを受けた唇を“健康的な色ツヤ”へと導く『美唇姫(びじんひめ)』を開発しました。

 『美唇姫(びじんひめ)』は、紫外線や乾燥、ターンオーバーの乱れ等でダメージを受けた唇を寝ながら集中ケアする商品です。美白成分や保湿成分として知られているプラセンタ(※1)を配合し、寝ている間に長時間密着させることで、古い角質にまでしっかり浸透。角質を柔らかくすることにより透明感のある唇へと導きます。また、はちみつやシア脂などの11種類の保湿成分(※2)を配合し、唇の表面もしっかり保湿することで乾燥を防ぎます。さらに、見えない膜で肌をラッピングする効果のあるリピジュア(R)(※3)が唇を密封することにより、水分と保湿成分を逃がさずに朝までうるおいをキープします。『美唇姫(びじんひめ)』でくすんだ唇をケアし続けることで、口紅いらずの“健康的な唇”へと導きます。

≪商品特徴≫
◆古い角質にしっかり浸透
美白化粧品にも配合されているプラセンタ(※1)が古い角質に浸透し、角質を柔らかくすることで、健康的でツヤのある唇へと導きます。

◆保湿成分で唇の表面をうるおす
はちみつやシアバターなどの保湿成分を11種類(※2)配合しており、唇の表面もしっかり保湿することで、乾燥から唇を守ります。

◆リピジュア(R)で唇をラッピング
リピジュア(R)は、皮膜力が高く、肌の水分を逃さないようにお肌をラッピングする効果を持っています。ラッピング効果により、プラセンタ(※1)や保湿成分を逃さず唇に密着させることで、朝まで潤いを保ちます。また、皮膜効果のあるリピジュア(R)(※3)は、外部の刺激からお肌を守る機能を持っているため、日中に、『美唇姫(びじんひめ)』を塗った後、口紅を塗ると、口紅の成分による刺激から唇を守ってくれます。

※1:プラセンタエキス(保湿成分)
※2:PG、アスコルビルグルコシド、ハチミツ、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウムー51、プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、シア脂、ホホバ種子脂、ローズヒップ油、アンズ核油
※3:リピジュア(R)とは、保湿性に優れた成分であり、コンタクトなどに使われている人の肌に近い成分

≪商品概要≫
商品名:美唇姫(びじんひめ)
発売日:2016年10月13日(木)
価格 :\1,400(税別) 
販売店舗:ロフト、ショップイン、MAKE UP SOLUTION、MS・Style、Urban Comfort ※一部取り扱っていない店舗がございます。
内容量:10g
使用方法:適量をチューブから出し、直接または手に取って、唇に塗りお休みください。
ECサイト: リンク
成分:水添ポリイソブテン、リンゴ酸ジイソステアリル、トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2、ミネラルオイル、パルミチン酸デキストリン、PG、水、アスコルビルグルコシド、ハチミツ、ヒアルロン酸Na、ポリクオタニウム-51、プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K、シア脂、ホホバ種子油、ローズヒップ油、アンズ核油、ジメチルシリル化シリカ、ジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、香料、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事