logo

SSP「fluct」、広告識別子を利用したアプリ向けターゲティング広告の配信を開始

プレスリリース
株式会社fluct
2016年10月4日
----------------------------------------------------------------------
SSP「fluct」、広告識別子を利用したアプリ向けターゲティング広告の配信を開始
~大手アドネットワーク3社と連携!アプリの広告収益化支援を強化~
リンク
----------------------------------------------------------------------

株式会社VOYAGE GROUP(東京渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)の連結子会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:古谷 和幸)は、提供する SSP(※1)「fluct」 ( リンク )において、スマートフォンアプリにおける広告収益化支援を強化するため、「ADPRESSO」「nend」「Zucks」の大手アドネットワーク(※2)と連携し、iOSとAndroidの広告識別子(※3)を利用したアプリ向けターゲティング広告の配信を開始しました。これにより、SSP「fluct」の SDK を導入しているアプリは、ユーザーの趣味趣向に合った広告配信を行うことができるようになり、広告収益の拡大を図ることができます。連携するアドネットワークは、順次拡充してまいります。

【連携する大手アドネットワーク】※アルファベット順
■ADPRESSO(アドプレッソ):リンク
提供:バリューコマース株式会社
(東京都港区、代表取締役社長:香川 仁、証券コード:2491)

■nend(ネンド):リンク
提供:株式会社ファンコミュニケーションズ
(東京都渋谷区、代表取締役社長: 柳澤 安慶、証券コード:2461)

■Zucks(ザックス):リンク
提供:株式会社Zucks
(東京都渋谷区、代表取締役:西園 正志)


fluctは、2008年からメディアの収益化に取り組み、SSP「fluct」( リンク )のほか、「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」として、サイト運営者向けに「Google Adsense」・プレミアムなサイト運営者向けに「Double Click Ad Exchange」( リンク )なども活用し、10,000以上のメディアの広告収益最大化を行っております。





※1) SSP:Supply Side Platformの略で、メディアの広告収益を最大化させる仕組み。
※2)アドネットワーク:一事業者のアドサーバーから、複数事業者のメディアサイトにまたがって広告を配信するサービス。
※3)広告識別子:ユーザーの趣味、趣向に合わせた広告表示を可能とする識別子のこと。iOSではIdentification For Advertisers(IDFA)、AndroidではAdvertising ID(AdID)と呼ぶ(個人を特定するものではございません)。


■株式会社fluct ( リンク )
代表取締役兼CEO:古谷 和幸
所在地:東京都渋谷区神泉町8-16渋谷ファーストプレイス8階
TEL:03-5459-1182
設立:2008年6月2日
資本金:5,000万円(準備金含む)
株主構成及び所有比率:株式会社VOYAGE GROUP 100%
事業内容:SSPの企画、開発、運営



------------------------------------------------------------------------------
【報道関係者お問い合せ先】
株式会社VOYAGE GROUP 広報・IR室 広報担当
 TEL:03-5459-1044 FAX:03-5459-4223 
 お問い合わせフォーム: リンク 

【株主・投資家お問い合わせ】
株式会社VOYAGE GROUP 広報・IR室 IR担当
 TEL:03-5459-4226 
 お問い合わせフォーム: リンク 
------------------------------------------------------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。