logo

同窓会で再会した「クラスのアイドル」たちに異変アリ!? 可愛かったはずの同級生、<見た目印象>は平均「4割」ダウン! シミ、くすみ…再会した女性の肌を見て「昔とのギャップを感じた」が約8割も!

カバーマーク株式会社 2016年10月03日 16時00分
From PR TIMES

あの美しかったシンデレラも20年後は激変!?桜沢エリカが描くWEB限定マンガ「油断したシンデレラ」10月3日公開

カバーマーク株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:阪本和政)が展開する化粧品ブランド「カバーマーク」は、2016年10月3日(月)より、人気漫画家・桜沢エリカさん描き下ろしのWEB限定マンガ「油断したシンデレラ」をオープンいたします。WEB限定マンガの公開に合わせ、35歳~49歳の男女500名を対象にした意識・実態調査をおこないました。
油断したシンデレラ WEB限定マンガURL:リンク



■学生時代に「可愛い」と思っていたあの子、現在はどうなっている?

 WEB限定マンガ「油断したシンデレラ」は、シンデレラの20年後の姿を描いたもの。美しかったはずのシンデレラが、油断によって「激変」してしまった、という設定で物語がスタートします。
 現実の世界でも、久しぶりに再会した友人や同級生が、昔と比べて「激変」していたという経験を持つ方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、学生時代とのギャップを感じやすい「同窓会での再会」をテーマに調査を実施。過去5年以内に参加した同窓会で“学生時代に可愛いと思っていた女性”と再会したことのある男女500名を対象に、クラスのアイドルや学生時代の憧れだった女性たちの“その後”を調べました。


■可愛かった同級生が “激変”していた…半数以上が経験アリ!

 まず、同窓会で“学生時代に可愛いと思っていた女性”に再会した時の印象を聞いたところ、65%が「見た目のレベルが下がったと感じた」と回答。 また、誰だかわからないほど「激変したと感じた」と答えた人も、52%と半数を超えています。
 さらに、その女性を見たときの感想について質問すると、「生活感が出た」と感じた人が85%、「老けてしまったと思った」と回答した人が83%となりました。また女性のみに絞ると、「自分の見た目のほうが上だと思った」と答えた人も、46%にのぼっています。


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


 それでは、可愛かった同級生たちの<見た目印象>はどの程度変化したのでしょうか。学生時代と比べた<見た目印象>の低下の割合について聞いてみると、平均は「4割減」という結果になりました。
中でも「肌」に変化を感じた人が多いようで、学生時代に可愛いと思っていた女性の肌を見て「昔とのギャップを感じた」という人は実に76%。さらに、「肌は、<見た目印象>を大きく左右すると思う」と答えた人は89%と、9割近くにのぼりました。
 具体的な声としては、
●「色鮮やかで透明感のある肌の印象だったが、弛みとシミが目に付き老けた印象になっていた」(41歳・男性)
●「肌のシミやホウレイ線が目立っていたので、老けたなと思った」(43歳・女性)
●「学生時代ははりがあり、きめ細かかったが、たるみがあり、くすんで乾燥して、毛穴が開いていた」(46歳・女性)
など、特に「シミ」が増えたことに関するコメントが多くあがっています。

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



■●●な女性ほど自己評価が高い? 約6割が自分の見た目印象に自信あり!?

 さらに今回は、回答者自身の<見た目印象>についても調査を実施。調査対象者のうち女性の方のみに絞り、ご自身の<見た目印象>の変化について聞いたところ、45%が「上がった」、55%が「下がった」と答えました。 中でも、前出の質問において、“学生時代に可愛いと思っていた女性”と再会した際に「自分の見た目のほうが上だと思った」と答えた女性に絞ると、59%と約6割が「上がった」と回答。また、「<見た目印象>を維持・アップさせるためにしていることがある」と答えた人も81%となり、女性全体の平均である66%を大きく上回る結果となりました。きちんと対策をすることで<見た目印象>はアップさせることができると言えそうです。
 なお、<見た目印象>を「維持したい」女性は92%、「もっとアップさせたい」という女性も90%という結果に。大半の女性が年齢を重ねても、魅力的な見た目でいたいと感じているようです。

[画像5: リンク ]



■桜沢エリカが描くWEB限定マンガ公開! シンデレラの20年後とは


[画像6: リンク ]

「カバーマーク」は、カバー力が12時間持続するファンデーション「モイスチュア ヴェール」の企画として、人気漫画家の桜沢エリカさんがシンデレラの20年後を描いたWEB限定マンガ「油断したシンデレラ」の前編を10月3日(月)より公開します。

<あらすじ>
王子様と結ばれ、幸せな結婚をしたはずのシンデレラ。しかし、結婚して20年経った現在のシンデレラは、毎日寝巻着のままお菓子を食べてばかりの自堕落な生活を送っていた。油断しきったシンデレラの顔には、うっすらとシミも…。夫となった元王子様も、そんなシンデレラの様子に頭をかかえている。そして、ある晩ついに…!?

▼油断したシンデレラ WEB限定マンガURL
リンク


[画像7: リンク ]

<プロフィール>
桜沢エリカ(さくらざわえりか)
10代でデビューして以来、コミック誌やファッション誌など多方面で活躍中。女性の心情をリアルに描写した漫画やイラストを多く手掛けるほか、そのファッションセンスも注目を集める。粋なストーリーマンガを描く一方で『シッポがともだち』のようなエッセイ漫画にも定評がある。


【「カバーマーク」について】
「カバーマーク」は、さまざまな肌への悪影響にさらされる現代人の肌環境を考え、より負担のない使用感や、美しい仕上がりを持続させる品質を追求した、ファンデーションのエキスパート ブランドです。シミ・くすみ・シワ等、女性の肌を悩ませるトラブルに的確に対応できるアイテムを取り揃えています。

【調査概要】
 調査名:「同窓会での再会」に関する意識・実態調査
 調査期間:2016年9月23日(金)~9月26日(月)
 調査対象:35歳~49歳 男女500名(性別・年代別均等割付)
  ※過去5年以内に出席した同窓会で、「学生時代に可愛いと思っていた女性」に再会した経験のある方
 調査方法:インターネット調査

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。