logo

「絵×声優×音楽」の豪華コラボレーションが実現! WEBムービー「スーパー桃太郎」を公開

NEXUS株式会社 2016年10月03日 15時00分
From PR TIMES

<コラボ1:絵>水木プロが新作を描き起こし <コラボ2:声優>人気声優(若本規夫さん、緑川光さん、小野大輔さん)が10役を担当 <コラボ3:音楽>40mP(ボカロP)が「ももたろう冒険記」を作詞作曲

関東エリアを中心に、さまざまなエンターテインメント事業を展開するNEXUS株式会社は、「エンターテインメントをスーパー面白く!」をテーマに、日本の伝統的なエンターテイメントである“紙芝居”を、これまで誰も見たことのないエンターテインメントに進化させる、“スーパー歌舞伎”ならぬ“スーパー紙芝居”プロジェクトを10月3日(月)に立ち上げます。

本プロジェクトの第一弾として、日本の昔話の代表格である「桃太郎」の紙芝居をアレンジしたWEB限定ムービー「スーパー桃太郎」を、10月3日(月)より、NEXUSのホームページおよび公式YouTubeチャンネルで公開します。



[動画: リンク ]



[画像1: リンク ]


日本で、最高のエンターテインメントを提供する企業を目指す中で、誰もが知っている「桃太郎」と日本の伝統的なエンターテインメント「紙芝居」を、最高の絵とキャスト、そして最高の音楽がコラボレーションすることで、どれだけ最高のエンターテイメントになるか、という挑戦もかねて制作しました。

絵は「ゲゲゲの鬼太郎」などで知られる水木プロダクションが完全書き下ろし。声優は、主人公の桃太郎の声をタレントの南明奈さんが務め、おじいさんおばあさんや、家来、鬼などを、3名の人気声優(若本規夫さん、緑川光さん、小野大輔さん)が演じています。さらに、音楽はボカロPとして人気の40mPが、今回のためにテーマソングとして「ももたろう冒険記」を作詞・作曲しています。

このムービーは、絵・声優・音楽のすべてにおいて、「エンターテインメントを面白く!」に徹底的にこだわって制作し、豪華コラボレーションが実現した、唯一無二の“スーパー紙芝居”ムービーです。ぜひご覧ください。

<豪華コラボ(1)>絵
[画像2: リンク ]


<豪華コラボ(2)>声優
[画像3: リンク ]


<豪華コラボ(3)>音楽

[画像4: リンク ]

<WEBムービー 概要>
■動画タイトル:「スーパー桃太郎」
■公開日:2016年10月3日(月)
■動画URL:リンク


日本の昔話の代表格でもある「桃太郎」の紙芝居を現代風にアレンジした、WEBムービ「スーパー桃太郎」。紙芝居の肝となる絵、個性豊かな登場人物の声、そして物語を盛り上げる音楽に至るまで、「エンターテインメントを面白く!」に徹底的にこだわりぬいた結果、絵×声優×音楽という豪華なコラボレーションが実現し、これまでにない“スーパー紙芝居”「スーパー桃太郎」が完成しました。

おじいさんとおばあさんの元にやってきた桃太郎が、犬や猿、雉と共に鬼ヶ島へ鬼を退治に出かける…という本筋はそのままに、“イケメンボイス”を“イケボ”と略すなど、現代語を話す桃太郎、そんな桃太郎と軽妙なやりとりを交わす動物たち、イケイケ口調なおじいさんとおばあさん、コントのようなやりとりを繰り広げる鬼たちなど、会話劇にご期待ください。
=============
<豪華コラボ(1)>絵
=============
◇ 「ゲゲゲの鬼太郎」などの水木プロダクションが完全書き下ろし!
[画像5: リンク ]

今回の絵は、本ムービーのために「水木プロダクション」に依頼し、完全書き下ろしいただきました。妖怪漫画家の第一人者である水木しげる先生は、もともと紙芝居作家としてキャリアをスタートされ、「空手鬼太郎」「河童の三平」などの作品を発表したのち、漫画家としての活動をはじめられました。
また、今回のWEBムービーの制作は、「水木プロダクション」にとって、昨年11月に水木先生が亡くなって以来、初の新作です。水木先生の原点である“紙芝居”がテーマであり、水木先生も「桃太郎」が好きだったということから、制作を快諾いただきました。今回制作を担当した作画スタッフは、水木先生のアシスタントを20年以上務め、水木先生の画については誰よりも熟知している方です。

◇担当者コメント(水木プロダクション・原口智裕さんコメント)
『今回は新作描き起こしですが、昨年、水木が亡くなってから初めての描き起こしとなります。絵が得意だった水木が、戦後始めたのが紙芝居作家でした。この企画も紙芝居ということで、ご縁を感じて、お受けいたしました。これをきっかけに、新しい水木プロダクションとしてスタートできればと思っています。新しいものをつくるのと同時に、今まで水木が作ってきたものを広めるのも、水木プロダクションの役目だと思っています。本ムービーを通じて、水木マンガを思い出してもらうきっかけになればと思います』

●「水木プロダクション」プロフィール
1966年に水木しげるが設立した日本を代表する漫画プロダクション。銅版画を思わせる「絵画的な背景」の前に簡素な線で描かれた「漫画的なキャラクター」が配されるという独特な作風は、水木しげるのオリジナルである。日本一の妖怪漫画家であり、代表作には「ゲゲゲの鬼太郎」・「悪魔くん」などが挙げられる水木しげるは、紙芝居作家からキャリアをスタートさせており、最後の大物紙芝居作家であった。

=============
<豪華コラボ(2)>声優
=============
◇人気アニメで活躍する、3名の声優によるコラボ!
紙芝居は絵だけでなく、「声」も欠かせません。主人公の桃太郎の声を担当する、タレントの南明奈さんに加え、3名の著名声優、人気ナレーターを起用しました。本ムービーで、物語のナレーション(語り)、おばあさん、キジ、赤鬼の声を、「サザエさん」のアナゴさん役や、「嵐にしやがれ」など人気番組の渋いナレーションで人気の若本規夫さんが担当。そして、流れてくる桃、猿、緑鬼役は、「スラムダンク」流川楓役などで知られる緑川光さん。おじいさん、犬、青鬼の声を務めるのは、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズなどで活躍する小野大輔さんが担当しています。



●若本規夫さん
[画像6: リンク ]

本ムービーでは、「ナレーション(語り)」、「おばあさん」、「キジ」、「赤鬼」役を担当。

●プロフィール
アニメ「サザエさん」のアナゴさん役をはじめとする声優活動のほか、現在では「嵐にしやがれ」や「人志松本のすべらない話」、「有吉弘行のダレトク!?」等で活躍中。
<代表作>
・「有吉弘行のダレトク!?」(ナレーション)
・「人志松本のすべらない話」(ナレーション)
・「サザエさん」(アナゴさん 役)
・「ドラゴンボールZ」(セル 役)など


●緑川光さん
[画像7: リンク ]

本ムービーでは、「流れてくる桃」、「猿」、「緑鬼」役を担当。

●プロフィール
1988年、「キテレツ大百科」で声優デビュー。1993年「蒼き伝説 シュート!」の田仲俊彦役でテレビアニメの初主演を果たす。
<代表作>
・「坂本ですが?」(坂本 役)
・「スラムダンク」(流川楓 役)
・「ガンダムW」(ヒイロ・ユイ 役)など


●小野大輔さん
[画像8: リンク ]

本ムービーでは、「おじいさん」、「犬」、「青鬼」役を担当。

●プロフィール
声優活動のほか、2007年には、音楽活動を開始し、ミニアルバム「ひねもす」をリリース。2011年に「アニメージュ 第33回、アニメグランプリ 声優部門」でグランプリ、2011年に「第9回声優アワード」で、主演男優賞とパーソナリティー賞を受賞。
<代表作>
・「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ(空条承太郎 役)
・「宇宙戦艦ヤマト2199」(古代進 役)
・「おそ松さん」(松野十四松 役)など


=============
<豪華コラボ(3)>音楽
=============
◇数々のヒットメーカー・40mPさん(ボカロP)が「ももたろう冒険記」を制作
音声合成技術VOCALOIDを使った「初音ミク」、「Megpoid」といったソフトウェアをボーカルに用いた楽曲を発表し、話題を集め、人気のボカロP・40mPさんが、本ムービーのテーマソング「ももたろう大冒険」を制作。紙芝居や「桃太郎」という“昔”と、ボーカロイドという“現代”ならではのテクノロジーという、時代をまたぐコラボレーションが実現いたしました。今回の物語上で登場する犬、猿、雉のユニークな必殺技を歌詞に盛り込むなど、キャッチーで親しみやすい、まったく新しい「桃太郎」の楽曲に仕上げていただきました。

◇ 40mPさん コメント
『桃太郎のお話、水木プロダクションのイラスト、そして声優の皆さまのお声…。幼い頃から本やテレビで親しんできた存在と自分の音楽がご一緒させていただける、というこの上なく貴重な機会をいただき大変光栄に感じております。楽曲は、桃太郎のお話をシュールにパロディされた今回の「スーパー桃太郎」のストーリーを歌詞にしつつ、冒険に出かるようなワクワクを感じられるアレンジを目指しました。新しい桃太郎の一面をお届けする一助になれたなら幸いです』

●40mPさん プロフィール
[画像9: リンク ]

音声合成技術VOCALOID初音ミクを使用した「Melody in the sky」がニコニコ動画で人気を集め、人気ボカロPに。2010年5月にEXIT TUNESより、ニコニコ動画で発表した曲をまとめたアルバム『LIFE SIZE NOTE -40mP-』を発売しメジャーデビュー。2013年には、NHK「みんなのうた」にVOCALOIDのMegpoidを使用した楽曲「少年と魔法のロボット」が起用され、「みんなのうた」史上初となる、人間以外の歌唱による楽曲となる。映画『ぼんとリンちゃん』の主題歌「迷子のリボン」を担当したり、テレビアニメ「FAIRY TAIL」のオープニングテーマ曲「Evidence」の作詞・作曲、「スタミュ」月皇海斗(CV:ランズベリー・アーサー)のキャラクターソング、「Limited sky」を提供するなど、今、最も活躍しているボカロPの一人である彼が、童謡「桃太郎」をVOCALOIDを使用して大胆にアレンジし、40mP版「桃太郎」を作り上げます。

==================
【2回目は字幕機能で楽しめる!】
本ムービーは、YouTubeの字幕機能をONにしていただくと、そのセリフを話している声優名とセリフが表示される仕組みとなっています。一度目は、字幕機能OFFの状態で“紙芝居”そのものを楽しんでいただき、その後、字幕機能をONにしていただくことで、また違った“紙芝居”を楽しんでいただくことができます。ぜひお試しください。
==================

◇会社概要
NEXUSは関東エリアを中心に、フードやカフェ、カラオケ、アミューズメント、温泉施設などを展開するエンターテインメント事業会社です。「感動を体験できる最高の憩いの場所」をモットーに、人や地域との「NEXUS」=“絆”を一番に考え、地域社会に溶け込んだアミューズメント施設の創造に努めています。

■社名:NEXUS株式会社
■代表者:取締役 社長執行役員 齊藤 人志
■本社:群馬県高崎市島野町212-1
■東京支社:東京都台東区東上野4-1-9 ヤワタ上野ビル2F
■ホームページ:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事