logo

Tokyo Otaku Mode、北米向けに日本のお菓子の販売/定期購入サービスを開始

Tokyo Otaku Mode Inc. 日本支店 2016年10月03日 11時24分
From PR TIMES

日本のお菓子定期購入サイト Skoshboxのサービスを統合

Tokyo Otaku Mode Inc.(以下TOM)は、2016年10月1日(米国時間)より北米向けに日本製菓子の販売及び定期購入サービスを開始いたしました。



[画像: リンク ]


Tokyo Otaku Mode Inc.(米国デラウェア州 代表 亀井智英、CEO 小高奈皇光、以下TOM)は、2016年10月1日(米国時間)より北米向けに日本製菓子の販売および定期購入サービス(リンク)を開始しました。定期購入サービスは月額制で、日本でおなじみのお菓子を毎月一度、ご自宅などにお届けします。3つのプランを用意しており、月額$12~$35、お菓子の種類は4種類~12種類です。訪日外国人にも大人気の抹茶味のポッキーなど日本のお菓子を、北米にお住まいの方もお楽しみいただけます。

TOMは、運営する海外向けEコマースサイト「Tokyo Otaku Mode Premium Shop」を通じ、日本のアニメや漫画などに関連するグッズを正規流通で、海外に向けて販売しており、すでに世界120カ国以上のお客様に商品を届けています。日本のお菓子は海外から高い人気がありますが、入手が難しく、お客さまから販売の要望を多くいただいていました。お客さまからの声に応え、今回北米向けに日本のお菓子の販売・定期購入サービスを開始いたします。

本年4月、TOMはお菓子の定期購入サービスの開始に先立ち、北米向けに日本のお菓子の定期購入サービスを展開し、およそ7万個の配送実績*があるSkoshbox,Inc.(米国 President & CEO Yusuke Ishikawa 以下、Skoshbox)を100%子会社化しました。SkoshboxとTOMは、これまでも広告出稿などの業務提携を行なってきましたが、子会社化により、Skoshboxが持つ定期購入サービスのノウハウを取り込み、北米のオペレーション及びサービスを統合しました。市場規模12兆4000億円と言われる北米のお菓子市場に対しユニークでバラエティ豊かな日本のお菓子を広く認知いただけるよう普及に努めて参ります。今後、TOMは、倉庫及び物流網の共通化による効率化や共同マーケティングなどを推し進め、定期販売型のサービスを拡大していきます。
* 2015年2月から2016年2月までの期間

お菓子定期購入サービスメニュー

[表: リンク ]



Tokyo Otaku Mode Inc.について:
Tokyo Otaku Modeは、2011年3月24日に世界最大級のSNS Facebook上で、日本のアニメや漫画などの最新ニュースやイベントレポート、関連グッズなど、日本のポップカルチャーコンテンツを紹介するFacebookページ(リンク)を開設。ページ開設からわずか22カ月でLike!数(ファン数)が1,000万を突破しました。2016年10月現在1,900万Like!を得ており、Facebookページのブランド別のカテゴリでは、世界有数のブランドがひしめく中でベスト50内の位置につけています※。2013年には、海外向けEコマースサイト「Tokyo Otaku Mode Premium Shop」をオープンしました。TOMがセレクトする日本のアニメや漫画などに関連するグッズを正規メーカーから直接仕入れ、海外に向けて販売しています。また、TOMに参加する国内外のクリエイターの協力のもとに商品化したTOMオリジナルグッズも販売しており、すでに世界120カ国以上のお客様に商品をお届けしています。2014年9月には株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)から投資を受けました。「オタク文化で世界をハッピーに」をビジョンに掲げ、世界中の日本のポップカルチャーファンの皆さんの生活をより充実したものとすべく、世界のエンタテインメント市場に新しい価値を提供していきます。
* Social Bakers (リンク)調べ

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事