logo

楽天トラベル、「湯治体験が人気の温泉宿ランキング」を発表

湯治体験は前年比約1.5倍に伸張、1位は日本最古の木造湯宿建築の300年以上の歴史ある湯治宿に

旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( リンク )は、「湯治体験が人気の温泉宿ランキング」を発表しました。全国の温泉宿を対象に「湯治」のキーワードの入っている宿泊プランの宿泊人泊数(宿泊のべ人数)実績をもとに算出した結果、1位は群馬県の「四万温泉 積善館本館」、2位は青森県の「酸ヶ湯温泉旅館」、3位は秋田県の「日本の山岳温泉リゾート 新玉川温泉」がランクインしました。湯治体験の宿泊予約は全国で前年同期比+46.9%(約1.5倍)と増加傾向です。



[画像1: リンク ]


湯治体験が人気の温泉宿ランキング TOP10

[表: リンク ]



[画像2: リンク ]

 1位にランクインした群馬県の「四万温泉 積善館本館」は元禄4年の開業から300年以上の歴史のある湯治宿で、建物は日本最古の木造湯宿建築として伝えられ、玄関は群馬県の指定文化財にも登録されています。源泉かけ流しの温泉はナトリウム・カルシウム-塩化物硫酸温泉で、入ることでリウマチ、運動器障害、創傷に効くとされ、飲むことで消化器疾患、便秘、じんましん、肥満症に効くとされています。宿泊者からは「歴史のある本館は訪れるだけでも価値があり、四万温泉まで足を延ばしたのは正解でした。お目当てのお風呂は熱すぎず、ゆったりと浸かる事ができました。特に元禄の湯は評判のとおり素晴らしい造りで、まさに湯治に相応しいお風呂でした」との感想が寄せられました。

[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]

 2位の青森県の「酸ヶ湯温泉旅館」は約300年前に開かれた歴史ある温泉宿で、総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」は160畳の広さの混浴風呂で、熱熱湯、冷の湯、四分六分の湯、湯滝の4つの異なる源泉の浴槽があります。泉質はすべて酸性・含硫黄泉で、血行を促し体温を上げるとともに、免疫力を高め細胞を活性化させるとされています。宿泊者からは「はじめて湯治場というものを経験しましたが素晴らしいお湯と昭和の雰囲気にのまれました」との感想や、「湯治場の雰囲気で、素朴で温かみを感じるところです。温泉が大変素晴らしく、特にひばの千人風呂は湯、雰囲気とも素晴らしいものでした」との感想が寄せられました。

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

 3位にランクインした秋田県の「日本の山岳温泉リゾート 新玉川温泉」は6位にランクインした「効能溢れる癒しの湯治宿 玉川温泉」と同じ源泉から温泉を引いており、温泉の泉質は塩酸を主成分とした強酸性でラジウムを含み、自然治癒力を促進させ身体が元気になる効果が期待できます。また温泉に入るだけでなく、温泉水を飲むことで新陳代謝の活性化や胃腸の運動や分泌を高め、蒸気に含まれる微量の硫化水素ガスの吸入をすることで気管支炎や風邪、喘息などを鎮める効果が期待できるといわれています。館内には看護師が常駐する湯治相談室を設けており、無料で入浴指導や湯治相談を行っています。宿泊者からは「全国数多くの温泉を訪れましたが評判どおり温泉は最高!別格でした。これだけで宿泊した価値が十分ありました。ゆっくり湯治ができる温泉の温度もとても良かったです」との声があがりました。


「湯治体験が人気の温泉宿ランキング」に関する調査概要
調査日: 2016年9月1日(木)
調査対象: 温泉宿を対象に「湯治」のキーワードの入っている宿泊プランの宿泊人泊数(宿泊のべ人数)実績をもとに算出
対象期間: 2015年9月1日(火)から2016年8月31日(水)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。