logo

2016年 10月 相場予測:鶴のヒトコエ

FXトレード・フィナンシャル【FXTF】 2016年10月03日 09時29分
From PR TIMES

東京・ロンドン・ニューヨーク世界3大市場でチーフディーラーを務めた鶴の視点



FXTF(株式会社FXトレード・フィナンシャル 本社:東京都港区、代表取締役社長:鶴 泰治)は、元来外国為替ディーラーとして長らく市場と対峙してきた経験(1988~2008年)を基に、毎月相場予測をさせて頂いております。皆様の資産 運用の一助となれば幸甚です。

詳細についてはこちら:
リンク


[画像: リンク ]



三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入行後、本店資金為替部にてディーリングの世界に入り、1990年、為替グループドル円チーフディーラーを経てLA 支店ディーリングルーム・チーフディーラー、NY支店ディーリングルーム・シニアマネージャー、ロンドン・ディーリングルームディレクターを歴任。20年 以上一貫して外国為替を中心とした外貨ディーリング業務に従事。2008年より現職。

■10月以降の相場予測

【ドル円相場予測】
98~103円のコアレンジ。ドルの下振れリスクが高く、90円台定着も視野。

【ユーロ相場予測】
ユーロは動意薄、ユーロ円で戻り売り。英ポンドは下値トライ、年初来安値更新も視野。。

■マーケットはどう動く!?トレーダーの視点

君嶋 慶彦 株式会社FXトレード・フィナンシャル 総合企画室 市場リスク管理マネージャー
2009年、株式会社FXトレード・フィナンシャル入社。現職にて、市場モニタリング・市場調査に関する業務を担当。国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe(R))

【ドル円は下抜けで100円割れ定着を予想】

9月のドル円相場は、日銀の追加緩和期待や米利上げ期待から103.41円で始まったものの、日銀政策決定会合はポジティブサプライズなし、米金利も据え置きとなったことで、現在は101円前半での推移となっています。

今後のドル円相場ですが、日米の金融政策決定会合が終わったことで、これからは金利よりも米大統領選の行方次第で動いていくことになりそうです。米大統領選の主な日程ですが、10月4日副大統領候補討論会、10月9日第2回大統領候補討論会、10月19日第3回大統領候補討論会、11月8日投票日となっています。

ヒラリー氏、トランプ氏の両候補ともドル高よりもドル安を望んでいることから、どちらの候補が勝利しても中長期的には円高となる可能性が高そうです。ただし短期的に見た場合は別で、第1回大統領候補討論会でヒラリー氏優勢を受けドル円が上昇したように、目先はヒラリー氏が優勢になれば円安、トランプ氏が優勢になれば円高で反応していくでしょう。ただどちらが勝つにせよ中長期的には円高が予想されることから、討論会の結果や世論調査結果で上下しながらも、だんだんと相場は将来の円高を織り込んでいくのではないでしょうか。これまでドル円は100円を割れるとすぐに反発してきましたが、そろそろ100円割れが定着していくことになると思います。

9月のユーロドルは、1.1120ドル~1.1280ドルの狭いレンジでの推移となりました。ドイツ銀行の破たん懸念にも反応は限定的で、底固い動きが続いています。しかし、英EU離脱時には1.09ドル台前半まで下げていることから、このままドイツ銀行の株価が下げ止まらなければ、近いうちに1.09ドル台前半を目指して下げていく展開になると考えています。

■FXトレード・フィナンシャル 最新ニュース

○きりのいい価格表示ツール&通貨の強弱表示ツールをFXTF MT4に導入
○FXTF MT4リアルFXトレードバトル 入賞者のコメントを掲載しました(8月開催分)
○MT4の注文・取引履歴のCSVダウンロード機能をFXTF Liveに追加しました。
○ボリ平氏によるバイトレ用MT4インジケーター「バイトレ・ナビ」解説動画を公開しました。

■□■会社概要■□■
株式会社FXトレード・フィナンシャル
(FXTrade Financial Co., Ltd.)
〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
資本金:3億5千万円 (2015年3月末現在)
代表電話番号: 03-4577-6777
FAX: 03-5765-6415
リンク

■□■FXTFのソーシャルメディア
FXTF公式ブログ: リンク
バイナリーオプション、MT4、ミラートレーダーの便利な使い方などの情報が満載。
FXTF公式Twitter(PR用):リンク
FXTF公式Facebook:リンク
FXTF YouTube公式チャンネル:リンク

■□■リスク警告 / 免責事項
・投資判断にあたり参考となる情報の提供を目的としており、金融商品の売買を勧めるものではありません。投資の最終的な判断はお客様ご自身の責任でされるようお願いいたします。
・当社が信頼できると判断した情報を掲載しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。ご提供する情報を利用につき生じた何らかのトラブルや損失・損害等につきましては、当社及びブログ執筆者は一切責任を負うものではありません。
・ご提供する情報の著作権は、当社又はブログ執筆者で帰属します。許諾なく、コンテンツを翻案、公衆送信等いかなる目的、態様においても利用することはできません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。