logo

シンポジウム開催のご案内

公益財団法人新聞通信調査会 2016年10月03日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年10月3日

公益財団法人 新聞通信調査会

『プライバシー保護とメディアの在り方』
シンポジウム開催
11月16日(水)13:30~17:00 
イイノホール&カンファレンスにて

公益財団法人新聞通信調査会は、11月16日(水)にイイノホール&カンファレンスにて別紙のとおり「プライバシー保護とメディアの在り方」と題し、シンポジウムを開催する運びとなりました。

改正個人情報保護法と改正マイナンバー法が成立したこともあり、個人情報やプライバシーの保護に対する関心が高まっています。企業からの個人情報の漏洩発覚が後を絶たず、インターネット上では個人のプライバシーを侵害するケースも少なくありません。さらにITやAIの進歩で、ビッグデータの解析で個人情報の入手が可能です。改正法が施行されれば、こうした課題は全て解決できるのか。プライバシー権を守るために必要なことは何か。メディアはこうした現状を正しく把握し、対応できているのかをあらためて検証したいと考えます。

シンポジウムの一般聴講をご希望の場合は新聞通信調査会ホームページ(リンク)からお申し込みください。応募者多数の際は先着順となります。よろしくお願い申し上げます。

【 シンポジウム概要 】

●日 時: 11月16日(水)13時30分~17時(開場13時)
●場 所: イイノホール&カンファレンス(東京都千代田区内幸町2丁目1-1)
●対 象: 200名 参加無料
●主 催: 公益財団法人 新聞通信調査会
●プログラム:
(1)基調講演:
津田大介氏(メディア・アクティビスト)
(2)パネルディスカッション
パネリスト:
鈴木 正朝氏 新潟大学 法学部教授
神田 知宏氏 弁護士
山口 真一氏 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター講師
杉田 弘毅氏 共同通信社 論説委員長 
コーディネーター:
松本 真由美氏(東京大学教養学部客員准教授)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。