logo

【DAC】「合併等による実質的存続性の喪失」に係る猶予期間入りが見込まれる銘柄からの解除に関するお知らせ

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社および株式会社アイレップは、平成28年5月11日付「デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と株式会社アイレップとの共同持株会社設立(株式移転)による経営統合に関するお知らせ」でお知らせしました株式移転(以下「本株式移転」といいます。)の効力発生日である平成28年10月3日をもって、D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社(以下「共同持株会社」といいます。)の完全子会社となります。
 また、平成28年9月1日付「「D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社」の新規上場承認について」のとおり、共同持株会社は、東京証券取引所市場第二部への新規上場が承認されております。

 本株式移転を受けて、平成28年5月11日付で株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)より、当該株式上場は、有価証券上場規程第314条第4項に定める「上場会社が実質的な存続会社でないと取引所が認める場合」に該当するため、平成28年10月3日に予定している共同持株会社について「上場市場の変更に係る猶予期間入りの見込み」が公表されました。

 以降、審査対象であるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社は、東京証券取引所が定める新規上場審査基準に準じた基準に適合すると認められるための審査を受けてまいりましたが、本日付で当該基準に適合すると認められたため、猶予期間に入ることなく共同持株会社株式が東京証券取引所市場第二部へ上場されることとなりました。

 今後も引き続き企業価値の向上に努力してまいりますので、株主ならびに関係者の皆様におかれましては、一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。


当社コーポレートサイト掲載先
リンク

関連リリース
◆デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社と株式会社アイレップとの
 共同持株会社設立(株式移転)による経営統合に関するお知らせ
 リンク
◆「D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社」の新規上場承認について
 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。