logo

Mastercard、グローバル取締役会における社外取締役として松本大氏を選任

Mastercard 2016年09月30日 16時30分
From PR TIMES

Mastercard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー、以下Mastercard)は、Mastercard社外取締役として松本大氏が2016年6月28日付けで就任したことを発表いたしました。同氏は、Mastercardグローバル取締役会役員候補として本年4月に指名を受け、2016年6月28日開催の株主総会においてグローバル取締役会の社外取締役に選任されました。任期は1年間となります。

Mastercard日本地区社長ナンダン・マーは次のように述べています。「この度、松本氏をMastercardのグローバル取締役会に迎えられたことを、大変嬉しく思います。世界的視野と起業家精神、革新的なオンライン金融サービスにおける深い知見を持つ松本氏の助言は、取締役会、そして今後のMastercardのビジネスにとって非常に有益なものとなると確信しています。社会生活およびビジネスにおけるデジタル化が更に進む中、Mastercardはより便利で安全な決済システムをお客様に提供するという目標を、今後も推し進めてまいります。」

日本有数のオンライン投資銀行・資産運用会社であるマネックスグループ株式会社代表取締役会長CEOを務める松本氏は、1987年にソロモン・ブラザーズ・アジア証券会社に入社、その後1990年にゴールドマン・サックス証券会社に移ると、1994年に当時最年少でゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任しました。同社にて東京支社の為替・債券部門の共同責任者を務めた後退職し、1999年、株式会社マネックス(旧マネックス証券株式会社)を設立しました。現在は、マネックスグループ株式会社代表取締役会長CEOを務めるとともに、株式会社カカクコムおよび株式会社ジェイアイエヌ取締役を兼任し、過去には内閣府経済財政諮問会議による金融・資本市場ワーキンググループ委員、株式会社東京証券取引所社外取締役を務めた経験があります。

Mastercardについて
Mastercard(NYSE:MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界 210 を越える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋いでいます。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しております。詳細はwww.mastercard.co.jp をご覧ください。MastercardのニュースはTwitterで@MastercardAP(英語)または@MastercardNews(英語)をフォローいただくか、公式ブログBeyond the Transaction Blog(英語)をご覧ください。また、MastercardのニュースルームEngagement Bureau(日本語)でEメールアラートにご登録いただくと、最新ニュースをメールにてお知らせいたします。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事