logo

外国為替保証金取引(FX)の新サービス「積立FX」開始のお知らせ~低レバレッジでコツコツ外貨の積立が可能に~

株式会社SBI証券 2016年09月30日 15時00分
From PR TIMES



 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村 正人、以下「当社」という。)は、2016年10月15日(土)〔予定〕より、外国為替保証金取引(FX)の仕組みを活用して外貨への定時定額での少額投資を可能とする新サービス「積立FX」の提供を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

 「積立FX」は、FXの特徴であるレバレッジ効果により、外貨預金と比較して少額での投資が可能となっております。また、高金利の外国通貨と円貨の金利差に相当するスワップポイントを得ることができます。お客さまの任意のタイミングでいつでも売却可能となっており、また急激な為替変動リスクを軽減する低レバレッジとするなど、FXの仕組みを活用して、高い利便性を実現しました。
 「高いレバレッジをかけてFX取引をするのは不安だが、高金利通貨の金利を享受したい。円の下落リスクに備えたい」といった投資ニーズに応えて、外国通貨への中長期での投資を実現する商品設計となっております。

 「積立FX」の主な特徴は以下の4点です。

<特徴1>定期的な外貨購入(毎日、毎週、毎月)が可能

お客さまが指定する通貨※1、数量、頻度(毎日・毎週・毎月)で定期的に外貨を購入し、買値を平均化することで、比較的安定的な運用が可能となります。また、外貨の購入は、外貨の数量指定または円貨(必要保証金)指定が選択できますので、定時定額購入による「ドルコスト平均法」の効果が期待できます。
(※1: サービス開始当初の取扱通貨は、米ドル、英ポンド、豪ドル、NZドル、人民元、南アフリカランドの6通貨)


<特徴2> リスクを抑えた低レバレッジ運用が可能

当社のSBI FXαは、法令により定められたレバレッジ上限25倍(個人のお客さま)での取引を提供しておりますが、積立FXは、レバレッジの上限を3倍(一部通貨の上限は2倍)とすることで、急激な為替変動によるロスカットリスクをできるだけ軽減し、中長期での運用を行いやすい設計としています。


<特徴3> 1通貨単位から少額投資が可能

積立FXで米ドルをお取引する場合、1通貨(1ドル)以上0.01通貨(1セント)単位となります※2。低レバレッジで少額保証金での取引が可能です。
(※2: SBI FXαの最低取引単位は1,000通貨(ミニ通貨ペアの場合))


<特徴4> スワップポイント(金利相当額)の受け取りが可能

積立FXの新規ポジションは、「外貨の買付(購入)」のみ可能です。高金利通貨の買付により、日々、日本円との金利差に相当するスワップポイントを受け取ることが可能です※3。
(※3: スワップポイントは、金利市場の動向等により変動し、支払となる場合があります)


 このたびの「積立FX」の提供開始により、これまで以上に多くの個人投資家の皆さまに、資産運用の選択肢の一つとして、当社のFXサービスをご検討いただけるものと期待しております。当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を実現するべく、商品・サービスの拡充に努めてまいります。

<「積立FX」 サービス概要>

[画像1: リンク ]

<「積立FX」 取引画面イメージ>

[画像2: リンク ]


<金融商品取引法に係る表示>
商号等  株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事