logo

サンブリッジが獲得した名刺を効率的にマーケティングオートメーションに活かすソリューション「Viscarte(ビズカルテ)」を10月1日より提供開始 最短2週間で導入可能に

2016年9月30日 東京発
Salesforceおよびマーケティングオートメーションの導入支援、定着化、最適化を支援するクラウドプロフェッショナルサービス企業である株式会社サンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小野 裕之 以下、サンブリッジ)は、Salesforceと一体型クラウド名刺管理サービス「SmartVisca」と株式会社セールスフォース・ドットコム(以下セールスフォース・ドットコム)のマーケティングオートメーション製品「Salesforce Pardot」を連携することにより、名刺情報をダイレクトにマーケティングに活用できるソリューション「Viscarte(ビズカルテ)」の提供を10月1日より開始します。最短2週間、たった2回のヒヤリングで名刺獲得~マーケティングオートメーション~営業支援までを連携させることで、営業活動をより効率的に行えるようになります。



Viscarteで名刺情報を最大限に活用しSalesforce Pardotを運用
取り込んだ名刺情報はViscarteでダイレクトにPardotに取込めます。取り込みは一括・個別を選択可能で、いずれの場合もPardotに引継ぐ際の設定値をカスタマイズできます。さらに取り込んだ見込み客に対する育成プログラム1.名刺交換フォローアップ 2.ステップメール 3.セミナー集客・フォローアップの3つをPardotに設定致します。 Viscarteは、中小企業でも導入しやすい価格設定を意識し、127万円(コンサルティング、実装込)からの提供*となります。

背景(市場ニーズ) 「Web集客とオフライン集客の統合」
名刺からの営業展開の現状として、企業が獲得した名刺のうちデータ化により管理されるのはわずか10%という調査結果が**が出ています。サンブリッジでは名刺のデジタル化の推進と企業が獲得した名刺情報を余すところなくPardotで確度の高い顧客に育て、商談化につなげるニーズがあると判断し、ソリューションを開発するに至りました。

名刺情報をMAシステムPardotにスムーズに連携できるサンブリッジオリジナルのインターフェイスを提供

今回サンブリッジでは、商流の起点に最も正確で潜在ボリュームのある名刺情報を当社開発のSalesforceと一体型名刺管理ツール「SmartVisca」によりデータ化。Viscarteの画面上で営業担当との紐づけや顧客接点に応じた重みづけ変更などのカスタマイズ後、Pardotに投入。Pardotではサンブリッジコンサルタントによる3つのプログラム実装により、営業フォローやセミナーフォローが行えます。これらをコンサルティングと実装実績が2,000案件以上ある1社がトータルで請け負う安心感も特徴となります。

Pardotを活用したソリューションViscarteの提供開始にあたり、株式会社セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 アライアンス本部 本部長 手島 主税 氏は次のように述べています。「マーケティングオートメーションで育成する見込み客情報の元となる名刺情報のデジタル化とPardotを組み合わせたソリューションを容易に導入することが可能となることで、Salesforceプラットフォームを活用したマーケティングから営業活動までの一連の業務がより効率的かつ効果的になることを期待しています。」

サンブリッジは、10月1日にセールスフォース・ドットコムとのPardot再販契約を締結、名刺をダイレクトにマーケティングに活用する販売・導入・アフターケアなど様々な場面に対する各種サービスを幅広く展開していきます。向こう1年でPardot及びソリューション関連売上として8,000万円、3年で3億3千万円のビジネス規模を目指します。

*上記費用はSmartViscaの導入・設定、Viscarteの導入・設定1.~3.の導入コンサル・Pardot設定、レクチャー等を含んだViscarte標準金額
**【調査レポート】名刺の個人情報管理の実態調査実施(n=2万人)調査時期2016年3月
リンク


[画像1: リンク ]


[画像2: リンク ]


[画像3: リンク ]



■Viscarte関連セミナーのご紹介
【2016年10月28日(金)開催】マーケティングオートメーション・事例と実践セミナー
本セミナーでは、Web上での行動履歴はもとより、新たに名刺情報もPardotの見込み客(リード)に加え育成~商談化~顧客へとつなげていく、マーケティングオートメーションの更なる活用方法をご紹介いたします。今回は、特別講演として、販促業務クラウドサービスのリーディングカンパニーSPinno様にPardot活用事例を講演頂く、極めて実践的な内容になっております。セミナーの詳細は以下をご覧ください。
リンク

■サンブリッジの「SmartVisca」
名刺情報の管理機能を備えるSaaS。Salesforceの機能拡張として稼働し、名刺データを直接Salesforce内で一元管理する。名刺情報の入力の省力化を図れる。名刺をスキャンまたはカメラで撮影した画像を登録すると、OCRでテキストデータに変換後、人力による名刺情報の校正を経てSalesforceに自動登録する仕組み。
リンク

■サービス名称「Viscarte(ビズカルテ)」について
サービス名称は「名刺」を意味するラトビア語 vizītkarte と SmartVisca の Visca を組み合わせた造語になります。ラトビア語で「販売」を意味する Pardot との密接な連携をするソリューションとして名づけられました。

■サンブリッジについて
サンブリッジは高度化・多様化が進む顧客のビジネス課題に対するソリューションを提供するプロフェッショナルサービス企業であり、トップクラスのグローバルエンタープライズソフトウェア製品の付加価値リセラーです。また、Salesforce に代表されるクラウドサービスをはじめ、近年注目されている IT 技術をいち早く日本に紹介しています。日本における株式会社セールスフォース・ドットコム設立時からのコンサルティングパートナーとして、500社2,000プロジェクトのSalesforce導入・定着化支援を行う一方、幅広いシステム開発およびマーケティングコンサルティングサービスを提供しています。

ホールディングスカンパニーであるサンブリッジ コーポレーションはこれまでに株式会社セールスフォース・ドットコム、デマンドウェア株式会社などのクラウド企業の日本での合弁企業設立の実績があります。サンブリッジは東京、大阪およびシリコンバレーにオフィスを構えています。サンブリッジの詳細については以下のウェブサイト リンク(日本語)をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。