logo

Linux Foundation、MesosCon Asiaのセッションのラインアップを発表


SAN FRANCISCO, CA, Sept 30, 2016 - ( JCN Newswire ) - オープンソースによる大規模イノベーションを実現する非営利団体のLinux Foundationは本日、中国杭州で11月18~19日に開催されるMesosCon Asiaのスケジュールを発表しました。

これまでMesosConは北米やヨーロッパで年に1回開催されていましたが、2016年は初めてアジアでの実施となります。年次コンファレンスはApache Mesosコミュニティにより運営され、ユーザーや開発者が一堂に会して、そのプロジェクトや成長中のエコシステムについて情報共有や学習を行います。コンファレンスでは、Apache Mesosコア、プロジェクトに伴い開発されたエコシステム、関連技術などについて詳しく学べる2日間のセッションを実施します。プログラムには、Apache Mesos入門ワークショップ、業界リーダーの基調スピーチ、アダプターとコントリビューターがリードするセッションなどが含まれます。

基調講師は次のとおりです。

- XiangDong Geng (中国聯合通信社情報および電子取引VP)
- Aysylu Greenberg (Google社ソフトウェアエンジニア)
- Benjamin Hindman (Mesosphere社創設者、チーフアーキテクト)

セッションのハイライトは次のとおりです。

- 複数のフレームワークを持つ大規模スケールクラスタのためのMesos拡張 - Zhitao Li (Uber)
- ドッカーボリュームアイソレータを使用したMesosの外部ボリュームサポート - Guangya Liu (IBM)
- コンテナ障害で何が起きるか - Alois Mayr (Dynatrace)
- AdobeにおけるマルチクラウドMesos - Frans van Rooyen (Adobe)

主なハイライトは次のとおりです。

- セキュリティ、外部ストレージ、先進パフォーマンス機能など40以上のセッション
- Mesosを展開する企業による講演 -- Adobe、アップル、Apple、コモンウェルス銀行、ファーウェイ、Uber
- 会場での晩さん会やスポンサーの技術展示などの交流会を通じた多くの学習やコラボレーションの機会

現在のセッションスケジュールは リンク をご覧ください。

MesosConはダイアモンドスポンサーのIBMおよびMesosphere、ゴールドスポンサーのファーウェイ、シルバースポンサーのRancherの支援の下で実現します。

10月15日までの登録料はわずか$199です。登録は
リンク をご覧ください。

追加資料
YouTube:Linux Foundationイベントエクスペリエンス( リンク )

Linux Foundationについて

Linux Foundationは、世界一流の開発者や企業が、オープン技術開発や商業的普及の短期化のためのエコシステムの構築に選ぶ団体です。市場最多の共同技術投資を創出して、世界のオープンソースコミュニティとともに、困難な技術的問題の解決を行っています。2000年に設立されたLinux Foundationは現在、オープンソースプロジェクトの規模を拡大するため、ツール、研修、イベントなどを提供しています。これらは、ひとつの企業だけでは成し遂げられないほどの経済的な影響を与えています。詳しい情報は www.linuxfoundation.org をご覧ください。

Linux Foundationには、登録商標と商標があります。Linux Foundationの商標リストは、商標使用ガイドラインのページをご覧ください。 リンク LinuxはLinus Torvalds の登録商標です。

"Apache"は、米国および他の国で、Apache Software Foundationの登録商標または商標です。

メディアお問い合わせ先:
Dan Brown
The Linux Foundation
+1-415-420-7880
dbrown@linuxfoundation.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。