logo

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」10月上映期待度ランキング発表

株式会社つみき 2016年09月30日 10時23分
From PR TIMES

株式会社つみき(代表取締役社長:鈴木貴幸、本社:東京都目黒区)が運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2016年10月上映映画 期待度ランキング」を発表しました。



[画像1: リンク ]

この度、Filmarksでは10月劇場上映の映画作品を対象に、2016年9月26日時点でのFilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)を集計。Clip!数が多い作品20本を映画ファンからの期待度が高い「10月上映映画期待度」としてランキング化しました。

-------------------------------------
サービス名:Filmarks(フィルマークス)
WEB:リンク
iPhoneアプリ:リンク
Androidアプリ:リンク
-------------------------------------

【映画ファン注目!10月上映映画 期待度ランキング】

[画像2: リンク ]


■1位:『何者』の評価・レビュー
朝井リョウの小説「何者」の実写化作品が、20,000超えの圧倒的なClip!数を集めて堂々の1位。先行して鑑賞したユーザーからは「リアルすぎて心をえぐられた」「就活時期って一番自分を見直す時期。その頃の心境を想い出した」といったレビューが寄せられており、就職活動のリアルが描かれている内容に高い共感を呼んでいるようです。

■2位:『ジェイソン・ボーン』の評価・レビュー
人気シリーズ最新作が第2位にランクイン。主演のマット・デイモンはもちろん、2015年アカデミー賞助演女優賞を獲得した新星女優アリシア・ヴィキャンデルの出演も、多くのClip!を集める要因のひとつになっているようです。

■3位:『SCOOP!』の評価・レビュー
「最高にスキャンダラスな映画!」「グイグイ引き込まれる面白さ」といったレビューが集まっており、早くも★4.2(5点満点)の高評価。Filmarks人気No.1の国内女優・二階堂ふみは、『何者』と並んで出演2作品がランクインするという結果になりました。

■4位~20位ランクイン作品一覧
4位:『世界一キライなあなたに』
5位:『イエスタデイ』
6位:『デスノート Light up the NEW world』
7位:『永い言い訳』
8位:『PK』
9位:『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
10位:『インフェルノ』
11位:『少女』
12位:『スター・トレック BEYOND』
13位:『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』
14位:『湯を沸かすほどの熱い愛』
15位:『グッドモーニングショー』
16位:『手紙は憶えている』
17位:『金メダル男』
18位:『お父さんと伊藤さん』
19位:『バースデーカード』
20位:『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』


ベスト20作品ほか話題作のレビューが無料読み放題!
Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。期待度ランキングとあわせて、映画鑑賞に役立ててみてはいかがでしょうか。
※本ランキング及び記事内のClip!数、★評価、レビューは2016年9月26日時点のものです。

【Filmarks(フィルマークス)とは?】

[画像3: リンク ]

映画レビュー数2,000万件を集める国内最大級の映画レビューサービス。映画レビューを簡単にチェック・投稿できる機能をベースに「映画の鑑賞記録」や「観たい映画のメモ・備忘録」「映画トークを楽しむコミュニケーションツール」として、多くの映画ファンにご利用いただいています。

【サービス概要】


サービス名:Filmarks(フィルマークス)
価格:無料
対応端末:iOS 7.0以降のiPhone、iPod Touch、iPad/Android 2.3以上
WEB:リンク
iPhoneアプリ:リンク
Androidアプリ:リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。