logo

VOYAGE GROUP、中小企業・個人向けのオンライン融資サービスを開発するクレジットエンジン社に出資

FinTech Lab設立や日本ブロックチェーン協会への参画、出資など、FinTech領域への取り組みを強化

プレスリリース
2016年9月30日
株式会社VOYAGE GROUP
-----------------------------------
VOYAGE GROUP、中小企業・個人向けのオンライン融資サービスを開発するクレジットエンジン社に出資
~FinTech Lab設立や日本ブロックチェーン協会への参画、出資など、FinTech領域への取り組みを強化~
リンク
-----------------------------------

株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典、以下「VOYAGE GROUP」)は、2016年9月30日、中小企業や個人事業主向けのオンライン融資サービスを開発する株式会社クレジットエンジン(東京都板橋区、代表取締役:内山 誓一郎)に出資いたしました。

クレジットエンジン社は、2016年7月に設立し、現在、中小企業や個人事業主向けのオンライン融資サービスを開発しており、2017年1月のサービス開始を予定しています。同サービスは、面倒な事業計画書の提出や書類記入が不要で、迅速に借り入れ可能な貸出枠を提供することができます。AI(人工知能)技術を活用して、売上データや銀行データなどの外部オンラインデータから、リアルタイムかつ自動的に融資審査を行います。リアルタイムデータを持続的に取得することで信用評価も継続し、リスクの低減も実現します。

2016年3月の矢野経済研究所の調査によると、2015年度の国内FinTech市場規模は33億円を超え、特に「クラウド型会計ソフト」と「ソーシャルレンディング(融資)」が市場を牽引しました。2017 年度以降は、ブロックチェーン領域の成長が市場を強力に牽引すると予想されています。今後は、領域を超えたベンチャー企業同士の連携や支援体制の充実、銀行法の改正に伴うFinTech ベンチャーへの更なる投資の拡大や活発な協業、政府による施策などが整っていくと考えられ、2020年度の国内FinTech市場規模は、約567億に急拡大すると予測されています。

VOYAGE GROUPではこれまでも、ポイントサイト「ECナビ」( リンク )をはじめ、連結子会社である株式会社VOYAGE MARKETING(東京都渋谷区、代表取締役:戸崎 康之)を通じて、ポイント交換サイト「PeX」( リンク )やデジタルギフトサービス「ギフピー」( リンク )など、ポイントを活用したマーケティングソリューション事業を展開し、FinTech領域に取り組んでまいりました。ポイント交換サイト「PeX」においては、bitFlyer社と提携し、PeXポイントからビットコインへの交換も行っております。そして、2016年1月には、FinTech領域の研究開発を行う「FinTech Lab」を新設し、FinTechベンチャーへの投資も強化してまいりました。さらに、2016年7月、ブロックチェーンの政策提言を行う「一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)」の設立にも参画しております。

■クレジットエンジン社について
会社名:株式会社クレジットエンジン
URL:リンク 
所在地:東京都板橋区
代表取締役:内山 誓一郎
設立:2016年7月11日
事業内容:オンライン融資プラットフォームの企画・開発・運営



【株式会社VOYAGE GROUP】 リンク 
代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典
取締役CFO:永岡 英則
取締役CCO:青柳 智士
取締役:古谷 和幸/戸崎 康之
監査役:野口 誉成
設立:1999年10月8日
資本金:9億9,415万円
所在地:東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8階
事業内容:アドテクノロジー事業/メディア事業


-----------------------------------
【報道関係者お問い合せ先】
株式会社VOYAGE GROUP 広報・IR室 広報担当
TEL:03-5459-1044  FAX:03-5459-4223  
お問い合わせフォーム: リンク 

【株主・投資家お問い合わせ】
株式会社VOYAGE GROUP 広報・IR室 IR担当
TEL:03-5459-4226
お問い合わせフォーム: リンク
-----------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。