logo

芝浦工業大学の学生が芝浦・港南地区の倉庫をリノベーション 「芝浦まちづくりセンター」オープン ~住民と企業、大学をつなぎ、街の未来を考える拠点に~

芝浦工業大学 2016年09月30日 08時05分
From Digital PR Platform


芝浦工業大学(東京都港区/学長:村上雅人)工学部建築工学科の西沢大良教授と学生チームがリノベーションを行った交流施設「芝浦まちづくりセンター」が10月1日にオープンする。改修したのは、芝浦キャンパスの近くにある、JR山手線新駅予定地付近の倉庫。地元企業である株式会社リソーコ(東京都港区/代表取締役 池田浩大)と株式会社イーソーコドットコム(東京都港区/代表取締役 早崎幸太郎)の協力を得て、活用されていなかった倉庫内スペースを大規模改修した。今後は住民と企業、大学との交流を生みだし、ともにまちづくりを考える拠点としての活用が期待されている。


■背景・経緯
 芝浦地域は近隣エリアを経済特区に指定され、高層マンションやオフィスの開発が急速に進められているが、新旧の住民間の交流が生まれにくいという現状がある。
 こうした中、西沢教授は2014年に当地域の地元企業数社から依頼を受け、芝浦・港南地区の地域連携についての予備調査と今後のまちづくりに対する提案を行った。
 これらを発展させ、企業と一緒に地域の問題の解決を目指す『地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)』のプロジェクトとして「芝浦まちづくりセンター」を開設することになり、学生たちが設計から施工補助までを企業と協働して手掛けた。

■今後の展開
 西沢研究室による芝浦地区のリサーチ資料や、縮尺1/600で再現したジオラマ都市模型の常設展示を行い、現在進行中の開発の様子も模型に反映していくほか、若手建築家のトークイベントや研究室の公開ゼミなどを月1回開催し、これからのまちづくりを考える場所としていく予定。
 今後はこの拠点から、地域の住民や企業との積極的なまちづくりの連携が広がっていくことが期待される。

◆「芝浦まちづくりセンター」概要
・所在地: 東京都港区港南3-4-27 第2東運ビル 1F
 ※2017年3月31日までの限定オープン、見学(無料)は事前予約制
・企画・設計: 芝浦工業大学 工学部建築工学科 西沢大良研究室、西沢大良建築設計事務所
・運営協力: 株式会社リソーコ、株式会社イーソーコドットコム
・特別協賛: 東京倉庫運輸株式会社
・ウェブサイト: リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 芝浦工業大学 経営企画部企画広報課 担当:土屋・似鳥
 TEL: 03-6722-2900
 E-mail: koho@ow.shibaura-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事