logo

10月31日に近畿大学工学部が研究公開フォーラム2016を開催 -- 工学部研究者の研究シーズを大公開

近畿大学 2016年09月30日 08時05分
From Digital PR Platform


近畿大学工学部(広島県東広島市)は平成28年(2016年)10月31日(月)、ホテルメルパルク広島にて、工学部研究者の研究シーズを公開する「近畿大学工学部研究公開フォーラム2016」を開催する。


【本件のポイント】
●地元企業と産学官連携推進に貢献する恒例イベント
●工学部教員の研究シーズや今後の研究活動について紹介
●パネル展示やポスターセッションで、出展者と来場者に情報交換の場を提供

【本件の概要】
 東広島市に立地する近畿大学工学部では、地域産業のイノベーション創出に必要な産学官の顔の見える人的ネットワークをつくるため、工学部研究者の研究シーズを公開する「研究公開フォーラム」を開催している。今回で16回目となる研究公開フォーラムでは、工学部教員の研究シーズや今後の研究活動の紹介を主眼としており、昨年は約200人が参加した。産学官連携を促進するため、地域企業との連携組織である「近畿大学工学部産学官連携推進協力会(156会員、27関係支援機関)」の会員企業による技術発表や、特別講演、交流会などを行う。

■日  時: 平成28年(2016年)10月31日(月)13:00~17:20(交流会17:30~19:00)
■場  所: ホテルメルパルク広島 6階(広島市中区基町6-36)
■対  象: 一般の方入場可能(要申込み、入場無料、交流会は会費制)
■主  催: 近畿大学工学部、近畿大学次世代基盤技術研究所、 近畿大学大学院システム工学研究科、 近畿大学工学部産学官連携推進協力会
■申込方法:
 下記ホームページ内掲載の参加申込書にご記入の上、FAXまたはE-mailでお申し込みください。( リンク ) (10月24日(月)締切)
 FAX: (082)434-7020 
 E-mail: riit@hiro.kindai.ac.jp
■お問い合わせ:
 近畿大学工学部 
 TEL: (082)434-7000

【スケジュール】
13:00~13:20 主催者挨拶・来賓挨拶
13:20~14:20 
 特別講演 「スカイアクティブエンジンの開発とマツダの志」
 マツダ株式会社 常務執行役員 人見 光夫 氏
14:30~15:50 研究発表
(1)「ツールに着目した摩擦攪拌接合技術に関する研究」
 機械工学科 准教授 生田 明彦
(2)「真空包装技術のロボットへの適用」
 ロボティクス学科 講師 柴田 瑞穂
(3)「スマートグリッドコンピューティング」
 電子情報工学科 准教授 中田 俊司
(4)「タイの水上マーケットに見るツーリズムとサステナビリティー」
 建築学科 准教授 市川 尚紀
15:50~17:20 ポスターセッション(パネル展示14:30~17:20)60テーマ
 工学部教員の研究シーズ、共同研究、受託研究成果
 産学官連携推進協力会会員企業・協力機関の製品紹介、研究成果紹介
17:30~19:00 交流会(自由参加、会費制 会費2,000円)

【近畿大学次世代基盤技術研究所】
 広島キャンパスにある本研究所は、社会連携センターと6つの研究センターで構成されている。社会連携センターでは、産官学連携のワンストップ窓口として共同研究や技術相談の受付を行うとともに、工学部の研究機能の強化支援や知財の管理運営などを、研究センターでは、6つの異なる分野で次世代の基盤技術開発をリードする最先端の研究を行っている。
■6つの研究センター
「自動車技術研究センター」
 次世代モビリティに関する革新的技術を探求
「先端ロボット工学研究センター」
 安心・安全で快適な社会を構築するためのロボット先端技術の実用化を推進
「3D造形技術研究センター」
 金属積層造形技術でものづくりの革新と人材育成を推進
「建築環境研究センター」
 住宅の省エネ技術と耐震技術を中心に研究
「先端化学生命工学研究センター」
 生命や環境に配慮した先端材料と技術の創成
「サービス工学研究センター」
 科学的・工学的アプローチでサービス産業や製造業の生産性を向上

▼本件に関する問い合わせ先
 近畿大学 工学部
 TEL:(082)434-7000 
 FAX:(082)434-7531

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事