logo

セキュリティ人材を管轄する最高情報セキュリティ責任者(CISO)未設置の企業は半数以上

企業における情報セキュリティ実態調査 2015

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小田島 潤、以下「NRIセキュア」)は、東証一部・二部上場企業を中心とする3000社の情報システム・情報セキュリティ担当者を対象とした情報セキュリティに関するアンケート調査をおこない、調査結果を集計・分析してまとめた「企業における情報セキュリティ実態調査 2015」を本日発表しました。本調査は2002年度から毎年実施しており、今回で14回目となります。

2015年度のアンケートデータを分析した結果、以下の4点に注目しました。
•最高情報セキュリティ責任者(CISO)を未設置の企業は半数以上
•セキュリティ人材は3年連続して8割の企業で不足
•重視するセキュリティ対策は「従業員のセキュリティ教育」や「標的型攻撃への対策」
•2割近くの企業がサイバー保険に加入済みまたは加入意向あり

■最高情報セキュリティ責任者(CISO)を未設置の企業は半数以上
増加傾向にあるサイバー攻撃は、巧妙化・多様化の一途をたどり、攻撃を受けることは企業活動への影響も大きく、経営に直結する問題と言えます。一方、情報セキュリティ対策を経営目線で戦略的に考える役割であるCISOは、半数以上(53.4%)の企業で設置されておらず(図1)、横断的な戦略策定や有事の際の迅速な対応への懸念が残ります。CISOを設置することで、指揮命令系統が明確な組織の構築が期待できます。また、企業における情報セキュリティの課題を横断的に把握し、戦略的な対策の実装、実施のための管理体制の整備につながると考えます。

■セキュリティ人材は3年連続して8割の企業で不足
企業の情報セキュリティの管理や、社内システムのセキュリティ対策に従事する人材が不足していると考える企業は、全体の82.1%と、3年連続で8割を超えたままです(図2)。これは、昨今の情報セキュリティ分野の高度化に伴う人材のスキル強化と、事故対策などの業務量増加への人材の補てん、といった2つの側面から、人材不足と感じる企業が多いと推察されます。
また、足りない人材を自社で育成する方針の企業は、7割以上に上るものの(図3)、多くの企業が自社での育成に必要な制度・仕組み作りが整備されていないことを課題と考えています(図4)。

■重視するセキュリティ対策は「従業員のセキュリティ教育」や「標的型攻撃への対策」
本調査では、重視するセキュリティ対策として「従業員のセキュリティ教育」を選んだ企業が4割以上に上り、1位となりました(図5)。これは昨今のセキュリティ事故を教訓とし、 従業員のセキュリティ意識を向上させる必要性が企業の中で広く認識されてきた結果だと考えられます。また、2位に「標的型攻撃対策」(33.1%)が入ってきていることからも、社会的なセキュリティ事故事例は、企業におけるセキュリティ施策の検討に影響を与えることが伺えます。

■2割近くの企業がサイバー保険に加入済みまたは加入意向あり
サイバー攻撃の巧妙化や被害の深刻化に伴い、リスク移転*の方法として、新たにサイバー保険が登場しています。本調査では、2割近くの企業が「加入済み」または「加入意向がある」との結果が得られました(図6)。サイバー保険は、現時点では先進的な取り組みとして導入され、まだ広く認知されているとは言えませんが、今後加入を選択する企業が増加すると推察しています。

「企業における情報セキュリティ実態調査 2015」の詳細については、下記のウェブサイトを参照ください。
リンク

用語解説

リスク移転:
リスクを他社などに移すこと。例えば、企業がサイバー攻撃の被害にあった場合の損失費用を、サイバー保険料で補てんする

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。