logo

「BRAND SCREEN」の広告商品「逆エキスパンド」が2016年度グッドデザイン賞受賞

普段あまり疑問を持たないバナー媒体のあり方を、スマートフォンならではの表示方法としてアップデートしている試みを評価

スマートデバイス向けブランド広告配信サービス「BRAND SCREEN」の広告商品「逆エキスパンド」が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2016年度グッドデザイン賞」を受賞いたしました。

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:尾下 順治 証券コード:3624 以下、アクセルマーク)が運営するスマートデバイス向けブランド広告配信サービス「BRAND SCREEN」においてリッチラボ株式会社(本社:東京都千代田区 代表者:鈴木 辰顕 以下、リッチラボ)と協力して開発した広告商品「逆エキスパンド」が、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2016年度グッドデザイン賞」を受賞いたしましたのでお知らせいたします。
※「逆エキスパンド」はリッチラボが開発したスマートフォン向け広告フォーマットで、「BRAND SCREEN」で提供されています。


■「逆エキスパンド」について
グッドデザイン賞受賞ページ:
リンク

<概要>
「逆エキスパンド」はスマートフォン向けの広告商品です。タップ後にコンテンツ領域が縮小され、サイト全体をジャックする広告フォーマットです。
別ページに遷移するのではなく、同一ページ内でシームレスな広告体験が提供でき、スマートフォンのような狭い画面でも印象に残るブランディング広告が展開できます。

<審査委員のコメント>
普段あまり疑問を持たないバナー媒体のあり方を、スマートフォンならではの表示方法としてアップデートしている試みを評価した。


今後もアクセルマークの配信技術と顧客リレーションとリッチラボのクリエーティブや技術力を活かし、広告出稿企業、メディア、ユーザーの全てにとって価値あるスマートデバイス時代の新しいブランディング広告が配信出来るよう取り組んで参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。