logo

2016年上半期、製薬・医療機器業界は苦戦

Evaluate 2016年09月29日 15時00分
From JCN Newswire


TOKYO, Sept 29, 2016 - ( JCN Newswire ) - ライフサイエンス分野におけるマーケット情報を提供するエバリュエートの編集チーム「EP Vantage(イー・ピー・バンテージ)」が、2016年上半期レビューをリリースしたことをお知らせします。

同レポートでは、株式市場の下落、政治的不確実性や不振が続く世界経済の影響により、今年上半期の製薬・医療機器業界の業況はまだら模様であったとみています。M&Aと新薬承認の動向は活発である一方、上半期の株式市場の下落は、製薬業界のIPO(新規公開株)とベンチャー資金調達に顕著に影響を及ぼしました。医療機器業界においては、ベンチャー企業の経営危機が深刻化し、IPOの動きはほとんどなかったことから、2016年上半期は終わりの見えない不安な動きを示しています。また、下半期に行われるアメリカ大統領選挙では、いずれの候補者もヘルスケア分野への注力を公約として掲げていることから、同レポートでは、大統領選挙を控えて緊迫した動きが強まり、さらなる混迷が予想されるとみています。

製薬・バイオテクノロジー業界2016年上半期のハイライト

●ベンチャー資金調達はピークを過ぎ下降傾向: 今年のベンチャー資金調達額のピークはすでに過ぎたと考えられ、資金調達額は2014年の水準まで落ち込むと予想される。
●株式市場は不穏な動き: ナスダックバイオテクノロジー株価指数は、今年上半期に21%低下。
●IPOは停滞: 2016年第1四半期の上場件数は大きく落ち込み、新規上場は8社にとどまった。また上半期は、上場の成功に向けて公募価格を大幅に下げる必要に迫られた。

製薬レポートの執筆者Amy Brownは次のように述べています。「投資家は、薬価引き下げ圧力および、欧米の遅々とした景気回復と中国の景気減速について依然として懸念を抱えています。現況を改善するための明確なきっかけはなく、今後下半期に向けて、状況はさらに深刻化する可能性があります。ただし、多くの企業は十分な資本力があるため、この先の見通しが暗いというわけではありません。前回の不況時のような深刻な状況に陥るまでには、製薬業界はまだ十分な余力があるといえるでしょう。」

「Pharma & Biotech Half-Year Review 2016」レポートの全文は、
リンク よりダウンロード可能です。

医療機器業界2016年上半期のハイライト

●M&A金額減少: 2016年にまとまったM&Aの中で、10億米ドル以上のものは5件しかなく、100億米ドルを超えたM&Aは1件もなかった。これに対し、2015年は上位10件が全て10億米ドル超、4件が100億米ドル超であった。
●ベンチャー資金調達とIPOに暗雲: 医療機器メーカーの第2四半期のVC(ベンチャーキャピタル)調達額は6億7千万米ドルで、四半期としては2009年第1四半期以来の最低となった。第2四半期は調達件数も27件に落ち込んだ。
●FDA承認件数が減少、審査期間は短縮: FDAは医療機器38品目に対して市販前承認または人道機器適用免除(HDE[1])を認めた。これは2015年比27%の減少であるが、FDAの審査は迅速化されており、平均審査期間は2015年の17.3ヵ月、2014年の16.7ヵ月に対して、2016年上半期では16.2ヵ月となっている。

メドテック(医療機器)レポート執筆者のMadeleine Armstrongは次のように述べています。「2016年上半期、医療機器業界にはいくつか不安な動きが示されましたが、大規模M&Aから中規模M&Aへの回帰は、小規模企業にとっては好ましい展開であったといえます。根本的な問題は、新興企業の資金不足に伴い、新製品が生まれず、買収により大企業が得られるイノベーションの質が低下していることです。2016年後半も不安定な状況が続くと推測しますが、患者にはイノベーションを、投資家にはリターンを提供することが、この業界を健全に維持していく鍵となるでしょう。」

「Medtech Half-Year Review 2016」レポート全文は、 www.evaluategroup.com/MedtechHalfYear2016 よりダウンロード可能です。

Evaluate(エバリュエート)について

Evaluate(エバリュエート)は、ライフサイエンス分野における信頼性の高いマーケット情報および分析を2022年までの独自のコンセンサス予測とともに提供しています。エバリュエートでは、EvaluatePharma(R)(製薬)、EvaluateClinical Trials(R)(臨床試験)、およびEvaluateMedTech(R)(医療機器)の3つのWebベースのビジネス分析に加え、お客様の個別の情報分析のご要望には、カスタムサービスとしてお応えしています。さらに、受賞歴を誇るエバリュエートの編集チーム「EP Vantage (イー・ピー・バンテージ) 」は、独自の視点による解説記事や分析記事を日々提供しています。
エバリュエートは、ライフサイエンス業界におけるビジネス機会において、その価値を最大化し適切な意思決定をするために不可欠な情報を提供します。詳しくは以下をご覧ください。

- Evaluateホームページ(英語) リンク
- Twitter(日本語版)Evaluate Japan @evaluatejp リンク
- Twitter(英語版)EvaluatePharma @evaluatepharma リンク
EvaluateMedTech @evaluatemedtech リンク
EPClinicalTrials @epclinicaltrial リンク
EP Vantage @epvantage リンク

[1] HDE: Humanitarian Device Exemption

※本リリースは2016年8月17日に発表されたリリースの抄訳版です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
Evaluate (エバリュエート)
広報代理
エデルマン・ジャパン株式会社
山田、正木
TEL: 03-4360-9000
Email: EvaluateJapanPR@edelman.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事