logo

GMOグローバルサイン:モバイルデバイスの安全な業務利用実現に向けてMobileIronと協業

GMOインターネットグループ 2016年09月29日 15時00分
From PR TIMES

~ モバイルデバイス管理システムと連携し、クライアント証明書を効率よく提供 ~

2016年9月29日
報道関係各位

GMOグローバルサイン株式会社
=======================================================
モバイルデバイスの安全な業務利用実現に向けてMobileIronと協業
~ モバイルデバイス管理システムと連携し、
  クライアント証明書を効率よく提供 ~
=======================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子認
証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條
一郎 以下、GMOグローバルサイン社)は、モバイルデバイス管理(MDM*1)
サービスプロバイダーの米国MobileIron,Inc.,の日本支社(以下、
MobileIron社)と本日2016年9月29日(木)に協業し、クライアント証明書発
行・管理サービス「マネージドPKI Lite」と、同社の企業向けモバイルデバ
イス管理(EMM*2)クラウドサービス「MobileIron Cloud(モバイルアイアン
クラウド)」との連携を開始いたしました。
 「マネージドPKI Lite」と「MobileIron Cloud」が連携することにより、
企業が従業員(エンドユーザー)へ支給しているスマートフォン・タブレッ
トなどのモバイルデバイスから、従業員個人が所有する私用デバイスまで、
業務利用しているモバイルデバイスに対して自動的に電子証明書を配布する
ことが可能となりました。
 GMOグローバルサイン社とMobileIron社の両社のサービス連携は、モバイル
認証用の電子証明書をより効率的な管理システムで企業に提供することを目
指した取り組みとなります。

*1:Mobile Device Managementの略。
*2: Enterprise Mobility Managementの略。


---------------------------------------------------
【MobileIron社との協業の背景】
---------------------------------------------------
 一般消費者向けのIT製品やサービスの業務利用が浸透しつつある昨今、従
業員のモバイルデバイスを用いて企業内のネットワークにアクセスしたり、
会社の専用アプリケーションを使用したりと、ビジネスの場でのモバイルデ
バイス利用が進んでいます。その一方で、コスト負担の問題から全従業員へ
モバイルデバイスを支給できない企業では、使い慣れた私用デバイスを業務
に使用するBYOD*3実現の要望も増えたりしています。こうしたニーズに対応
するためには、企業の機密情報を守るためのセキュリティ要件を満たしなが
ら、従業員が必要な情報にアクセスできる環境を整備することが企業のIT管
理担当者に求められます。

 こうした中、GMOグローバルサイン社では、所有者個人や所属組織を証明す
るクラウド型のクライアント証明書発行・管理サービス「マネージドPKI
Lite」を提供しています。クライアント証明書は、Wi-FiやVPNを通じた企業
内ネットワークへのアクセス認証をはじめ、差出人を証明するメール署名や
暗号化などを行う、企業資産の保全に必要な電子証明書です。

 一方、MobileIron社では、会社貸与はもちろん従業員の私用デバイスでも、
業務利用される従業員のモバイルデバイスの管理を行えるEMMプラットフォー
ム「MobileIron Cloud」を提供しています。認証局と連携して証明書をデバ
イスに配布する機能や、モバイル管理、アプリケーション管理、コンテンツ
管理を行うことができます。

 この度GMOグローバルサイン社は、安全なモバイルデバイスの業務利用環境
を実現するべく、MobileIron社と協業し、「マネージドPKI Lite」と、同社
のクラウドサービス「MobileIron Cloud」との連携を開始いたしました。

*3:Bring Your Own Deviceの略で、従業員が個人所有のデバイスを業務利用
  することを指す。


-------------------------------------------------------------
【「MobileIron Cloud」と「マネージド PKI Lite」の連携について】
-------------------------------------------------------------
 今回の連携により、「MobileIron Cloud」の管理者向けポータル画面
(Admin Portal)から、従業員のモバイルデバイスへ、簡単にクライアント
証明書をインストールすることが可能になります。証明書の発行と管理は自
動化されており、新たに「MobileIron Cloud」に登録されたモバイルデバイ
スには、即座に電子証明書が発行されます。これにより企業のIT管理担当者
は、従業員一人ひとりのモバイルデバイスに手動でクライアント証明書をイ
ンストールする手間がかからず、証明書の発行・管理にかかる作業やコスト
の削減が見込めます。

<クライアント証明書の導入メリット>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業情報にアクセスする従業員を、クライアント証明書によって
 スムーズに認証するため、ユーザーエクスペリエンス(UX)*4が向上

■不正デバイスによるWi-Fi・VPNを通じた企業ネットワーク・
 リソースへのアクセスを防止

■BYODや会社貸与デバイスによる従業員の社内アプリケーション
 利用を安全に実現

■証明書を使った認証のため、パスワード認証で起こり得るような
 中間者攻撃のリスクを低減
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*4:ユーザーが製品やシステムを使った際に得られる満足などを指す。


※「MobileIron Cloud」はiOS/AndroidとWindows Phone/Windows 10に対応し
 ており、GMOグローバルサイン社との連携においてもこれらの主要なモバイ
 ルOSとの互換性が維持されます。
 詳細は以下のURLをご参照ください。
 URL:リンク


---------------------------------------------------
【MobileIron,Inc.,からのエンドースメント】
---------------------------------------------------
MobileIron,Inc., プロダクト&エコシステム事業部 VP John Morgan氏
『企業のIT管理担当者にとって、BYODを管理することはとても複雑な業務で
す。しかし、適切なモバイルデバイス管理プラットフォームを導入すれば、
従業員が会社の方針に違反することなく、生産的に仕事をすることのできる
環境を作ることができます。MobileIron,Inc.,とGMOグローバルサイン社の協
業により、企業のIT管理担当者は、企業データとモバイルデバイス上の従業
員の個人データの双方を保護しつつ、従業員がより効率的・合理的に働くこ
とのできる環境を整えることができます』


---------------------------------------------------
【MobileIron,Inc.,とは】
---------------------------------------------------
 全世界で6,000社以上のユーザーを抱える、モバイルデバイス管理(MDM:
Mobile Device Management)サービスプロバイダー。多くのモバイルITプロ
ジェクトに関わったノウハウ、BYOD関連のコンサルティングを行なってきた
実績があり、世界中の企業がモバイル志向の組織へと変革するためのセキュ
アな基盤を提供している。近年ではユーザーでのモバイル活用の進化ととも
に、アプリケーション管理(MAM:Mobile Application Management)やコン
テンツ管理(MCM:Mobile Contents Management)機能を統合した
EMM(Enterprise Mobile Management)へと進化している。2011年4月に日本
支社設立以来、大手企業を中心に現在までに約300社のモバイルプロジェクト
に貢献してきた、業界のリーディングカンパニー。
 詳細はこちら(URL:リンク )をご参照ください。


---------------------------------------------------
【「GlobalSign」とは】
---------------------------------------------------
 世に電子認証サービスが登場し始めた初期段階の1996年にベルギーでサー
ビスの提供を開始し、ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局です。
ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID*5 (BELPIC)をはじめと
するベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認
証局への認証を行っています。2006年にGMOインターネットグループにジョイ
ンし、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売展
開しております。現在では、SSLサーバ証明書をはじめとした150万枚の電子
証明書発行実績と、政府関連機関や大手企業へ多数の納入実績があります。
 また、「CABF(CA/Browser Forum)」、「Anti-Phishing Working Group」に
参加し、電子証明書市場のリーディングカンパニーとして積極的な活動を行っ
ています。2014年にはヨーロッパを中心にIdentity and Access
Management(IAM)ソフトウェアを提供してきたフィンランドのUbisecure社
(現:GMO GlobalSign Oy)をグループ化し、IAM事業をサービス群に加えま
した。GMO GlobalSign OyのIAMソフトウェアは大手Slerを含む150社のパート
ナーを通じて多くの政府機関、金融機関、大企業で利用されています。

*4:eIDとは、ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民ID
  カードプロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入
  りのIDカードが配布される。

以上

---------------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOグローバルサイン株式会社 マーケティング部 伊藤
TEL:03-6370-6500 FAX:03-6370-6505
E-mail:support-jp@globalsign.com
---------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101
E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
---------------------------------------------------

【GMOグローバルサイン株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOグローバルサイン株式会社
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長 中條 一郎
事業内容 ■情報セキュリティ及び電子認証業務事業
資本金  3億5,664万円
法人番号 1011001040181
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOクラウド株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOクラウド株式会社 (東証第一部 証券コード:3788)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長 青山 満
事業内容 ■クラウド・ホスティング事業
     ■セキュリティ事業
     ■ソリューション事業
     ■IAM事業
資本金  9億1,690万円
法人番号 7011001037734
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
     ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット証券事業
     ■モバイルエンターテイメント事業
資本金  50億円
法人番号 6011001029526
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2016 GMO GlobalSign K.K. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。