logo

鈴与商事の電力小売事業の料金計算・顧客管理業務システム構築を、TISとKS-SOLが支援

TISインテックグループ 2016年09月29日 13時40分
From PR TIMES

~ 「NISHIKIクイックスタートパック」で4ヶ月の短期導入を実現し、スピーディな電力事業新規参入をサポート ~

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下 TIS)と、関電システムソリューションズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山元 康裕、以下 KS-SOL)は、鈴与商事株式会社(本社:静岡市清水区、代表取締役社長:脇本省吾、以下 鈴与商事)の一般家庭用の電力小売事業である「鈴与のでんき」の料金計算・顧客管理業務のシステム(CIS)の構築を支援したことを発表します。



 2016年4月よりスタートした電力小売市場の自由化において、鈴与商事は同年5月に「鈴与のでんき」のサービス提供を開始しました。
 サービス開始に際して必要であった「鈴与のでんき」のCISには、KS-SOLの電力小売事業者向けCISパッケージである「NISHIKI」をベースに、TISがオリジナルの導入テンプレート「NISHIKI クイックスタートパック」を活用して、約4ヶ月の短期間で構築しました。

<「鈴与のでんき」のCIS構成イメージ>
[画像: リンク ]


鈴与商事では、以下の点を評価してTISとKS-SOLの支援によるCIS構築を決定しました。

・「NISHIKI」の機能が自社のビジネスモデルに合致していた点
・最小のシステム構成でスモールスタートし、その後の効率化/事業拡大検討時に機能拡張できる柔軟性
・「NISHIKI クイックスタートパック」の活用で導入が短期間で可能な点
・予め設定された標準機能を採用することで、導入時の検討などの自社負担が少ない点

鈴与商事株式会社の事業開発部 桑原孝之氏は次のように述べています。
「電力小売事業の参入という期限が決まっている中、わずか4ヶ月という短期間で予定とおりスケジュールに沿ったCIS構築を実現して頂き、大変感謝しています。数多くあるCISパッケージの中でNISHIKIを選定したのは、標準機能が自社のビジネスモデルに合致し、スモールスタート後に事業展開規模に応じて機能拡張できる柔軟性を評価したためです。また、TISの導入テンプレートを活用することで、導入前に余計な検討をせずに済み、本来の業務に集中することができた点も大変満足しています」

■「NISHIKI」について
 「NISHIKI」はKS-SOLが関西電力の1300万件の顧客を支えるシステムを半世紀にわたって開発・運用してきたノウハウ・知見を集約してパッケージ化した電力小売事業者向けの顧客情報管理システム(CIS)です。主な機能として、スイッチング※の際に必要な電力広域的運営推進機関への手続き、電気料金計算等の処理を備えています。
 KS-SOLでは、今後もTISと協力し、電力~都市ガス自由化における小売事業参入支援のコンサルティングならびに「NISHIKI」の提供を行います。また、近日中に高圧向け電力小売事業をサポートする機能を追加することで、更に幅広い支援をご提供いたします。詳細は、次のURLをご参照ください。リンク
※需要家が別の電力小売事業者へ契約を切替えること

■「NISHIKIクイックスタートパック」について
 「NISHIKIクイックスタートパック」は、TISが「NISHIKI」の導入に携わってきた実績・知見を活かし開発したオリジナルのテンプレートです。電力小売事業に最低限必要な機能のみを標準メニューとして抽出し、ノンカスタマイズを前提とすることで、導入期間の大幅な短縮を実現します。今回の鈴与商事向け案件で更にブラッシュアップを行ったことで、最短3ヶ月での導入が可能になり、よりスピーディな電力事業新規参入をサポートするサービスとなりました。
「NISHIKIクイックスタートパック」の詳細は以下URLをご参照ください。
リンク

 TISは、「NISHIKIクイックスタートパック」をエネルギー業界向けソリューション「エネLink (エネリンク)」のメニューのひとつに加え、電力小売事業の新規小売電気事業者およびCISシステムの迅速なリプレイスを目指す既存小売電気事業者向けにさらに拡販していき、2017年度末までに周辺開発も含めて約50億円規模の事業とすることを目指します。

■エネルギー業界向けソリューション「エネLink (エネリンク)」について
 「エネLink」は、TISが電力・ガスなどのエネルギー業界向けに培ってきたシステム構築技術・ノウハウをもとに、料金計算・顧客管理から需給管理など電力業務で求められるあらゆるシステムをスピーディに提供するトータルソリューションです。料金計算・顧客管理業務のシステム構築を支援する「エネLink CIS+」、需給管理・同時同量管理業務のシステム構築を支援する「エネLink Balance+」、小売顧客向けおよび販売パートナー向けの高機能なポータルサイト構築を支援する「エネLink Portal+」などのメニューで構成されます。
「エネLink」シリーズのソリューション詳細は以下URLをご参照ください。
リンク


TIS株式会社について
 TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。リンク

関電システムソリューションズ株式会社について
 KS-SOLは、半世紀に亘り関西電力の情報システムを開発・運用を行ってきた実績・ノウハウを基に、一般企業、各種団体、地方自治体などの経営・業務改革を支える情報化戦略の立案・コンサルティング、開発、保守、運用管理など手掛けています。詳細は以下をご参照ください。リンク

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事