logo

「キリン 午後の紅茶 エスプレッソ ティーラテ」10月25日(火)新発売

キリン株式会社 2016年09月29日 14時00分
From Digital PR Platform


キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、紅茶飲料のNo.1ブランド※1「キリン 午後の紅茶」の発売30周年を記念した「キリン 午後の紅茶 エスプレッソ ティーラテ」を、10月25日(火)より全国で発売します。
※1 株式会社食品マーケティング研究所調べ(2015年実績)

今回の商品には、「午後の紅茶」が30年間培ってきた紅茶の知識や技術が結集されています。
紅茶の新たな飲用シーンとしてオンタイム(仕事中)の休憩時などを想定して、これまでの「すっきりしていて甘い」という紅茶のイメージを一新し、「嗜好性と飲みごたえ」を追求しました。コーヒーのエスプレッソのように高温・高圧で抽出した紅茶をブレンドし、さらに紅茶葉を細かく粉砕した「濃密マイクロ茶葉」を使用することで、凝縮された紅茶の香りと飲みごたえのある味わいを実現しています。また、その特長を楽しめるよう、容器は一定量を少しずつ飲むことができる、リキャップ可能な広口のボトル缶を採用しています。

「午後の紅茶」はこれからも“日本の日常茶へ”をブランドテーマに、新たな魅力やおいしさ、飲用シーンを提案することで、シーンや場所を選ばず飲める、お客様の生活に欠かせない飲料となることを目指します。

●中味について
・エスプレッソ抽出※2した紅茶をブレンドし、さらに濃密マイクロ茶葉※3を使用して引き出した紅茶葉が持つ香りと飲みごたえを楽しむため、
バランスの良いミルク感とすっきりとした甘さに仕上げました。甘いだけではない、紅茶の味を楽しむ大人向けのティーラテです。

※2 エスプレッソ抽出:紅茶をコーヒーのエスプレッソのように高温・高圧で抽出することで、凝縮された紅茶の香りと味わいを引き出します。
※3 濃密マイクロ茶葉:抹茶のように細かく紅茶葉を粉砕することで、紅茶葉の深いコクを引き出すことに成功しました。これにより、これまでにない飲みごたえと、紅茶葉の余韻を楽しめます。

●パッケージについて
・「午後の紅茶」の象徴であるベッドフォード公爵夫人、アンナ・マリアを大きく配置したインパクトのあるデザインにしました。また、30周年記念商品として、キャップの天面に30周年のロゴを配置しています。


キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

                       記

1.商品名             「キリン 午後の紅茶 エスプレッソ ティーラテ」
2.発売地域             全国
3.発売日             2016年10月25日(火)
4.容量・容器            250g・ボトル缶
5.価格(消費税抜き希望小売価格) 138円 
                              
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事