logo

New Open!! クラブメッド ロンボク 高級感と静寂に満ち溢れる隠れた楽園

株式会社クラブメッド 2016年09月29日 12時30分
From PR TIMES

インドネシアの新設リゾート では 、自然に囲まれた真の解放的バカンスを堪能するための 豪華ラインナップ を提案 しています

2016 年 9 月 6 日― プレミアムなオールインクルーシブの旅というコンセプトの創始者であるクラブメッドが、クラブメッド バリとクラブメッド ビンタンアイランドに続く 3 番目のリゾート、「クラブメッド ロンボク」のオープンを発表いたしました。ロンボクの静かな海と豊かな自然に囲まれたこの新たなアイランドリゾートでは、家族、カップル、企業グループに向けて、奥深い真の発見に満ちたエキゾチックでイベント満載のレジャー体験をお届けいたします。

ロンボク島マンダリカに成長の機会を創出

クラブメッドでは、新規リゾートのオープンによって地域に絶大な経済効果を引き起こし、その効果を推進したいと考えています。クラブメッド CEO アンリ・ジスカーデスタンは、このように述べています。
「現在クラブメッドでは、世界 30 か国以上から年間で 8 万人のお客様をクラブメッド バリとクラブメッド ビンタンにお迎えしています」「クラブメッド ロンボクは、国外からの関心と顧客を大いに引きつけ、高級リゾート地としてのロンボクに世界的な関心を集められると予測しています。また、このリゾートのオープンによって、地域に 350 件の直接雇用が創出されるため、地元観光業の成長にも貢献できることでしょう」


インドネシア観光開発公社(ITDC)とのパートナーシップ提携

クラブメッドでは、インドネシアにより多くの旅行者を引き込む集中的努力の一環として、ITDC と連携して高級リゾートの管理運営に全力を注いでいます。幅広く独特な文化、類いまれな自然、人をもてなすことへの鋭敏な感性といったインドネシアの様々な特性を考慮すれば、インドネシアの観光産業は莫大な成長を遂げる可能性があることは明らかです。観光産業については 2010 年以降年間平均 7%の成長を達成し続けており、2016 年には旅行者数 1000 万人突破を目指しています。

クラブメッドはその歴史の中で、カンクンやドミニカ共和国プンタ・カナなど、「隠れた楽園」とされてきた地でのリゾート開発を積極的に進めてきました。インドネシアに最初の 2 つのリゾートをオープンして以来 30 年間インドネシア政府と提携してきたクラブメッドは、現地の各所に観光地としての将来性があると認めた初の国際的企業でした。

風光明媚なロンボク島は、観光開発計画「マンダリカ プロジェクト」の対象地域のひとつとなっています。マンダリカ プロジェクトはインドネシア政府と ITDC が主導する計画で、マンダリカ地区を整備開発することでエコツーリズムに則った世界クラスの新たな高級リゾートに発展させること
を目的としています。

ヌサドゥアという世界クラスの観光地の運営と開発に 40 年以上携わってきた経験を持つ ITDC では、すでに次の名誉ある開発計画をマンダリカ地区で進めています。その狙いは、あらゆる旅行者が絶え間なく訪れているバリ島ヌサドゥアと並ぶ世界規模での成功を再び収めることです。この新たな観光地では、世界のどの場所とも異なる独特の体験を提供いたします。ロンボク島南部に位置し、白い砂浜が 16 キロメートル以上も続くビーチを有するマンダリカ地区は、当初からエコツーリズムに則った観光地として開発設計されてきており、クリーンな太陽発電エネルギーや海水脱塩プラントを導入しているほか、リゾート全体の 51%以上を広々とした緑地のまま保存し
ています。これにより、マンダリカの自然美を維持し保護するだけでなく、地元民の生活と文化
を向上させることも可能となります。


自然との一体感を味わえる、活気に満ちた現代的リゾート

15 ヘクタールに渡る自然保護区と 650 メートルに及ぶ太古のままの青い海、流れるような白砂のビーチが広がるクラブメッド ロンボクでは、シュノーケリング、サーフィン*、ダイビング*など、遊びきれないほどの海のアクティビティをお客様に提供しています。

エコでシックなデザインの新たなリゾートでは、お客様に以下のサービスをご利用いただけます。


スーペリアルームからスイートルームまで、あらゆるタイプの旅行者様に向けて幅広い種類の 350 室をご用意
5 トライデント(Ψ)評価の洗練されたラグジュアリースペースには、スイートルームご利用のお客様向けに専属コンシェルジュを配置し、個別サービスを提供
最高のオーシャンビューに面した各レストランで、世界の料理やアラカルトメニューを満喫  バーでは、飲み放題のドリンクのほかアルコール飲料も提供
チャイルドケア施設では、2~12 歳のお子様に向けた専用サービスを提供  ビジネス旅行であるものの一味も二味も違う格別なバカンスを従業員に提供したいと考える企業様に対し、MICE 施設を紹介
ロンボク島の麗しい文化と自然を発見する機会になる 50 種類以上のアクティビティをリゾート内で開催
ロンボク国際空港が新たに建設され国内外からの直接乗り入れが可能となったため、アクセスも非常に良好です。空港からクラブメッド ロンボクまでは、車でほんの 30 分で到着します。




インドネシアの隠れた楽園、ロンボク

ロンボクはバリ島の東に位置し、手つかずの自然を多く残す島です。南部にはマンダリカ地区のような素晴らしい観光地があります。16 キロメートル以上に渡る見事な自然の景観とインドネシアの豊かな文化に恵まれており、都会の暮らしに疲れた人々や、都市生活の忙しない日常を忘れ世界へ旅立ちたい人々にとって理想的な静養地です。クラブメッド ロンボクにお越しのお客様は、静かな海岸で寛ぎの時間を過ごし、エキゾチックなインドネシアの伝統や慣習に浸る楽しさを満喫することができます。

ITDC 会社情報

現地語では「PT ペンゲンバンガン パリウィサタ インドネシア プルセロ」と呼ばれるインドネシア観光開発公社(ITDC)は、インドネシアに新たな観光地を設立することを主な事業目的とする国営企業で、40 年以上に渡りヌサドゥア地区をバリの観光地として開発し世界有数の一流リゾート地に育て上げた実績を持ちます。現在の所在地はヌサドゥアで、合計 5000 の客室を擁し、星評価を獲得した 19 件のホテル、ショッピングセンター、博物館、文化的施設、ゴルフコース、病院の経営に加えて、他の観光業も営んでいます。国際的な MICE 施設 2 件を有するヌサドゥアは、2007 年国連気候変動枠組条約締約国会議、2013 年 APEC 首脳会議、2013 年バリ民主主義フォーラムおよび同年ミス ワールド世界大会など、様々な国際的イベントの開催地に選ばれてきました。環境への配慮というコンセプトを一貫して守り続けるヌサドゥアは、インドネシア共和国政府のカルパタル賞やトリヒタカラナ バリ財団のトリヒタカラナ認定など、様々な賞を受賞しています。世界的な舞台では、2004 年に国連が支援する世界的機関グリーングローブ財団から「コミュニティ リゾート」部門でグリーングローブ 21 アジア太平洋の認定をヌサドゥアが世界で初めて受けています。

クラブメッドについて
クラブメッドは、「プレミアム オールインクルーシブ」というコンセプトのもとにハイエンドなバカンスをお届けする世界のリーダー企業です。お客様はお一人またはお連れ様とご一緒に、当社の提供する多様なサービスやアクティビティを自由にお楽しみいただけます。クラブメッドでの素晴らしい体験には、洗練された寛ぎの時間を提供する宿泊施設、グルメ料理、24 時間利用可能なバーとスナックサービス、幅広いラインナップのスポーツとレジャー、ナイトエンターテインメントやパーティーのほか、全年齢に対応したチャイルドケアサービスなどが含まれています。すべてが安全であり、あらゆる手配が行き届いた環境にいるという安心感に包まれて、大切な人たちとの質の高い時間をご堪能いただけます。世界 67 か所にリゾート施設を展開しています。


バカンスダイヤル (お客様専用問い合わせ先):0088-21-7006 (フリーコール)

株式会社クラブメッド
〒106-0047 東京都港区南麻布 3-20-1 麻布グリーンテラス 6F

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。