logo

ハンティントン・インガルス・インダストリーズが軍艦の複雑なエンジニアリングをサポートするPLMにAras Innovatorを選択

世界的な軍事造船企業が柔軟性や拡張性、アップグレードの容易性を重視した製品ライフサイクル管理プラットフォームを選択

エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、米国最大の軍用船舶メーカー、ハンティントン・インガルス・インダストリーズの一部門であるインガルス造船所が、米国海軍および米国沿岸警備隊が使用する技術的に高度な軍艦の開発における複雑なエンジニアリングプロセスをサポートするために、Aras Innovatorプラットフォームを選択したと発表しました。

インガルス造船所は、シングルプラットフォーム上でのプロセスを効率化および標準化し、多くのスタンドアロンのシステムやデータベースが原因で生じるボトルネックを取り除くために、Arasを選択しました。今後は、同製品を使ってモデル、図面、部品、技術仕様書、構成計画および計画データを管理することになります。インガルス造船所では、3,000人を超えるエンジニアがユーザーとなる見込みで、長期にわたりArasを使用していく予定です。

インガルス造船所は、以下にあげる重要分野の改善をAras Innovatorで実現します。
・コンカレントエンジニアリング:計画および構成管理のためのモデル構築中も、船舶設計のエンジニアリングを並行して進めることが可能
・構成管理:軍艦全体を網羅する構成管理および変更管理
・設計および計画に基づいたルール:エンジニアリング時点での設計バリデーションによって、ベストプラクティスの基準を確実に採用
・モデルリカバリー:CAD内で使用される”進行中”モデルを保存可能
・プロセス改善:モデルのリリースや変更、その他のエンジニアリングプロセスにおけるデータと製品情報のより良い管理

「これからの軍艦の設計および建造は、より優れたコラボレーションをもたらすエンジニアリングビジネスプロセスによって今日の難しい技術的課題を解決していく必要があります」と、Aras CEOのPeter Schroerは述べています。「ハンティントン・インガルス・インダストリーズの製品ポートフォリオが今後も進化を続けられるよう同社のBusiness of Engineering(ものづくり全体のビジネスを効率化)をサポートできることは、Arasにとっても大変光栄なことです。」

【ハンティントン・インガルス・インダストリーズについて】
ハンティントン・インガルス・インダストリーズ(HII)は、米国最大の軍用船舶メーカーであり、原子力エネルギー、石油およびガス市場に対するエンジニアリング、製造および管理サービスのプロバイダーです。バージニア州およびミシシッピ州にあるHIIのニューポート・ニューズおよびインガルスの造船部門は一世紀以上にわたり、他のどの造船会社よりも多くの、そして多岐にわたる米国海軍の艦艇を建造してきました。HIIはバージニア州ニューポート・ニューズに本社を置き、35,000人近くの社員が国内外で勤務しています。
・ウェブサイト リンク
・Facebook リンク
・Twitter リンク

【Arasについて】
Arasは、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業にベストなプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアを提供しています。高い拡張性、柔軟性、アップグレード性を備えたそのレジリエント(しなやか)なプラットフォーム技術は世界の大手企業に採用されており、Business of Engineering(ものづくりビジネス全体の効率化)を実現するための機能として必要なアプリケーションも完備しています。Airbus、GE、日立、ホンダ、川崎重工業、モトローラ、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関してはウェブサイト リンク、Facebook リンク、および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

※本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーで2016年9月26日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。
※※ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。