logo

沖電線、USB3 Vision規格に準拠した「ライトアングルコネクター付きケーブル」を販売開始

OKI 2016年09月29日 11時00分
From PR TIMES

マシンビジョンシステムにおけるインターフェースケーブル配線の自由度を高め、省スペース化に貢献



[画像1: リンク ]

沖電線株式会社(社長:来住 晶介、本社:神奈川県川崎市、以下沖電線)は、画像検査装置などのマシンビジョン(注1)システムで使われるUSB3 Vision(注2)ケーブル・シリーズのラインアップに、カメラ接続部の省スペース化が可能な「ライトアングルコネクター(注3)付きケーブル」を追加し、2016年10月1日より販売を開始します。

カメラへのケーブル接続は、カメラ背面部へストレートに接続する形が一般的です。この場合、ケーブルを任意の方向へ引き回すためには、ケーブルへダメージを与えないよう緩やかに曲げる必要があり、接続部の周辺には、十分なスペースを確保する必要がありました。

沖電線では、カメラ背面などケーブル接続部の省スペース化や、シンプルで無理のないケーブル敷設を実現できる「ライトアングルコネクター付きケーブル」を開発しました。コネクターをL字に折り曲げた形状とすることで、端末部の低背化を図り実装時の省スペース化を実現しています。用途に合わせて、上下引出しタイプと左右引出しタイプの2種類を用意しました。

また、コネクターと組み合わせるケーブルについては、従来品の可動タイプ・高摺動タイプのほかに、低コストで伝送性能に優れた固定配線用の標準タイプと、当社比約15%の細径化を図った細径タイプも新たに加えました。

今回のこれらラインアップの追加により、ケーブルをカメラとの接続部から上下もしくは左右方向にケーブルを曲げることなく配線したい方向へ直接引き出せるため、カメラとの接続部周辺にスペースを取りにくい場合でも実装が容易となります。さらにカメラを搭載する画像検査装置などの小型化が可能になるほか、用途(固定・可動)と伝送距離に応じて配線や装置設計の自由度が大きく向上し、多様なユーザーニーズに対応することが可能となりました。

沖電線では、今後も多様化するニーズに対応したマシンビジョン用ケーブルの開発に積極的に取組んでまいります。

特長
・ケーブルの引き出し方向が、従来からのストレートに加えて「上・下・左・右」の4方向から選べます。
・スクリューロック付は振動が加わる環境でも確実な接続を保持します。
・左・右方向タイプはシングルスクリューロックとし、コンパクト・省スペース性に優れています。
・ケーブルは用途に応じた4タイプをご用意しています。

ライトアングルコネクター外観[画像2: リンク ]


コネクター部の形状・寸法
[画像3: リンク ]


注)コネクター寸法は、代表値です。ケーブルタイプにより部分的に寸法が異なる場合があります。

ケーブルタイプ

[画像4: リンク ]


販売計画
販売開始時期:2016年10月1日
販売目標金額:1億円以上(2018年度 シリーズ合計)

用語解説
注1:マシンビジョン
1台以上のカメラ、光源、画像取り込み装置、画像処理装置によって外観や印刷欠損などの判別を行うシステム。
主に基板実装装置や製品ラベル印刷装置などに使用される。

注2:USB3Vision
米国マシンビジョン業界団体であるAIA(Automated Imaging Association)がマシンビジョンシステム用にUSB3.0(注4)規格をベースに策定したインターフェース規格。コネクターはStandard-AとMicro-Bを使用。離脱防止のためスクリューネジ付のコネクターを使用する。

注3:ライトアングルコネクター
L字形状に曲がったコネクターの総称。

注4:USB3.0
USBはユニバーサル・シリアル・バス(Universal Serial Bus)の略称で、パソコンなどの機器に周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つ。USB3.0は従来のUSB2.0と物理的な後方互換性があるが、コネクターの端子数がUSB2.0の4本に対して、USB3.0は9本となっている。データ転送速度はUSB2.0の約10倍(USB2.0:最大480Mbps/USB3.0:最大5Gbps)。最大伝送距離はUSB2.0が5mに対し、USB3.0は3mまでとされている。


記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
沖電線株式会社 営業本部営業企画部
電話:044-754-4360

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
お客様相談窓口
電話:0120-087091(フリーダイヤル)
受付時間 8時30分~12時、13時~17時(当社営業日)
お問い合わせフォーム
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。