logo

地域・トピックでつながるコミュニティプラットフォーム、Meetup (ミートアップ) がアプリを全面リニューアル。日本語化対応から1年、登録利用者数は17万人以上に。

Meetup(ミートアップ) 2016年09月29日 10時31分
From PR TIMES

月間Meetupイベント参加申込数は前年比倍増の5万件。洗練されたデザインと機能向上で気になるMeetupグループやイベントがより見つけやすくなりました。

世界約180カ国で2,700万人以上が利用している世界最大級の地域コミュニティ交流プラットフォーム「Meetup(ミートアップ)」(共同創業者&CEO スコット・ハイファーマン)は、9月29日に、iOSと アンドロイドの両アプリの大幅全面リニューアルを致しました。洗練されたデザインと機能性向上で、気になるMeetupグループやイベントがより見つけやすくなり、Meetup主催者、参加者にとっても今まで以上に快適に使っていただけるようになりました。[国内登録利用者17万人以上、月間Meetupイベント申し込み件数5万件以上(前年比倍増)]



[画像1: リンク ]



近年様々な文脈でコミュニティの大切さが話題になることが増えてきていると思いませんか?地域活性化コミュニティ、ブランド・ユーザーコミュニティ、または余暇や趣味を楽しむためのコミュニティなど。ニューヨークで2002年に生まれたMeetupは、同サイト上で位置情報と興味・関心あるトピックを入力することで、自分と同じ興味を持つ仲間とオフラインでリアルに出会うことを容易にするプラットフォームサービスです。語学学習、国際交流、起業、テクノロジー、アウトドア、料理、育児、スポーツ、闘病などの支援グループなど、想像し得るあらゆるトピックに関するリアルなコミュニティが現在25万件以上存在し、2700万人以上のユーザーが、世界中のあらゆる場所で、毎日約2万件のリアルで定期的な交流を行うことを可能にしています。

▶Meetup (ミートアップ)日本語ページ: リンク
▶Meetup (ミートアップ)紹介動画: リンク

今回のリニューアルは2002年の創業後、2010年に初めてアプリをリリースして以来、最も大きな変化であり、より多くの人が今まで以上に豊かな地域のコミュニティ活動に参加できることを目指しています。

新しいアプリでは今まで以上に直感的に自分の興味に近いMeetupグループ、そして人気のある、自分の住んでいる地域近くのMeetupグループやイベントが見つけやすくなっています。また、新しいデザインを取り入れたカテゴリーごとの検索機能も向上しています。

[画像2: リンク ]



新しいロゴや全体のデザインは、ニューヨークを拠点に世界的活躍する著名なデザイン会社、サグマイスター&ウォルシュ社によるものです。ローリング・ストーンズやルー・リードのアルバムカバーデザインを担当したことでも知られているサグマイスター氏がデザインした新しいロゴデザインは、多くの点が1つになり、シンボルとしての”m”(Meetup)を形成する”人だかり”、”コミュニティ”を意味します。


[画像3: リンク ]



日本語版リリースから1年、日本におけるMeetup利活用の特徴

Meetupは昨年(2015年)10月に日本語対応して以来、国内ユーザーも急速に増加しており、現在登録利用者数は17万人以上、3,000以上の地域や趣味に関したオフラインで出会うコミュニティが存在しています。登録ユーザーは前年比80%のペースで増加を続け、成長率において世界で最も成長している国になります。月間Meetupイベントの申込件数は5万件以上、前年比倍増を記録しています。

日本語が導入される以前から、訪日・在日外国人の方や海外経験を有する、或いは語学学習・国際交流などに興味のある日本人利用者の多くの方に利用されていましたが(外国語学習・国際交流系グループが全体の3-4割)、日本語対応が行われたことで、テクノロジー(約7%)やビジネス・キャリアに関するもの(約7%)、地域街づくりや多様な趣味に関するものなど、日本人同士でも気軽に参加出来るコミュニティが増えつつあります。

以下はMeetupの新しいアプリの紹介動画になります。ぜひご覧ください。

[動画: リンク ]



【Meetup (ミートアップ)について】


Meetup (ミートアップ) は世界中で2,700万人以上が参加している、共通の地域や興味に関するコミュニティを簡単に始め、運営することを可能にするプラットフォームサービスです。インターネットを通じて地域の似たような興味を持っている方への告知を行うことで、まだ出会ってない、出会うべき友達とリアルに知り合う機会を得ることが出来ます。セミナー、イベントなどはもちろんのこと、自分の住む地域で時間と場所とテーマを決め、少人数から20~30人くらいの人数でカフェやコミュニティスペースで集う定期的な小規模ミーティング・交流会まで、あらゆる場面でコミュニテイ体験を豊かなものにします。

Meetupの利用はメンバーとしてグループに参加する際は無料です。ただし、オーガナイザー(運営者)としてグループを利用する際には有料となります。メンバー数などの制限のない[アンリミテッドプラン]の場合月額4.99ドルから(約600円:6ヶ月契約の場合)、また、メンバー数50人、オーガナイザー数4人までの制限のある[ベーシックプラン]の場合は6ヶ月契約の場合は月額2.99ドル(約360円) からの費用が発生します。

Meetupのプラットフォームを利用することで従来の自分の友だち・知人のネットワークを超えたところから生まれる、まだ出会ってない仲間・コミュニティとの交流をお楽しみいただけます。[*各国毎に価格は異なります。iOSアプリからの購入時はアンリミテッドプランのみ選択可能]


iOS版:リンク
アンドロイド版:リンク


[画像4: リンク ]


*アップルストアでは「ベスト・ニュー・アプリ」「素晴らしい無料アプリ」として、アンドロイドアプリでも「最高のアプリのひとつ」として紹介されています。(英語・日本語以外にフランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、イタリア語での利用が可能)

日本語のTwitter、Facebook Page および Medium(ブログ)アカウント
リンク
リンク
リンク

本リリースに関するお問い合わせ先
Meetup コミュニティマネージャー 市川裕康 ichi@meetup.com



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事